VIO脱毛後の残り毛が気になって仕方ない 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • VIO脱毛後の残り毛が気になって仕方ない

VIO脱毛後の残り毛が気になって仕方ない

VIO脱毛をした時の残り毛の原因は?

残り毛の多くの理由は「照射漏れ」です。


まず、VIO脱毛の仕組みを紹介していきます。

お店で脱毛してもらう場合は、機械を使って脱毛をしていきます。

その機械から出る熱や光を肌に当てることで脱毛をしていきます。


機械から出る熱や光を肌に当てて毛根組織を刺激することで、毛が抜けていく仕組みです。

自己処理するときのようにただ毛を切るとは違って、毛根組織へ刺激を当てていき、毛を生えないように根本を弱らせていくってことです。


そのため、大事なことは毛根組織へ機械から出る熱や光を当てることということです。

このあたりでちょっとお気づきの人もいると思いますが、照射漏れというのは、まさに機械から出る熱や光が当たらなかったということです。


照射漏れ=機械が当たっていない=残り毛が出てしまう


こういった流れになってきます。

これは脱毛のお店であってはならないことですが、実際にありえてしまうのです。

受けている本人はどこに当たっているとか、そのあたりは分からないので、どうしようもないですよね。


本来であれば、脱毛をしてまた毛が生えてきてしばらくしたら抜け落ちていきます。
これが脱毛の仕組みです。


脱毛をしたことによって、毛根のパワーが無くなり、生えようとしている毛が弱っていき、次に生えてきた時には、弱っていて抜けていきます。


でも照射漏れがあると、その部分の毛根は弱まっていないため、他の部分の毛は抜け落ちていくのに、照射漏れがある部分だけ毛の残ってしまうという状況になります。


これがVIO脱毛をしたのに残り毛があるといった理由です。

照射漏れを防ぐには


脱毛をする時は、施術のスタッフが肌状態を見ながら、機械を当てていきます。

そのため、スタッフのスキルに少なからず左右されるということです。


ですので、もし照射漏れを防ぎたいのであれば、安全安心な脱毛が出来るお店を選ぶことです。

1つはスタッフへの教育が行き届いているかどうか。 
実際のところ、新人のスタッフの照射漏れは多いとききます。

スタッフの育成がちゃんとしているお店、もしくはベテランスタッフがちゃんといる店を選びましょう。


お店によっては、照射漏れがあった場合は、無料で追加の施術があるお店もまるのですが、そういったサービスはないところもあるので、そのあたりについても詳しく聞きましょう。


では、どうやってスタッフのスキルが高いかどうかを見極めるのか、お店のカウンセリングに行った時に質問をしてみるのもオススメです。

VIO脱毛をしても残りやすい毛もある

VIO脱毛をしたのに毛が残ってしまう理由というのは照射漏れが大きな理由なのですが、ちゃんと当たっているのに、残りやすい毛というのもあります。

毛が生えていく仕組みというのは、毛根が正常に働いている時ですよね。


正常に働いている毛根に対して、機械の熱や光を当てていき、パワーを弱まらせていきます。

ですが、全ての毛が正常に動いているとは限りません。


VIO部分の場合は、外からの刺激はないですが、中からの刺激によって、毛根の組織に変化が出てきます。

それはホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスの乱れによって、毛根に変化が出てしまいます。


アンダーヘアの量は多いのでそこまで気づかないですが、中には生えてはすぐ抜けてしまう毛と、伸び伸びとしている毛があります。


実はこの2つの状態によって、VIO脱毛をしたのに残り毛があると勘違いしてしまうこともあります。

抜けやすい毛と残りやすい毛との違い

抜けやすい毛と残りやすい毛の違いは、もともと毛が弱っていたかどうかでも変わってきます。


ちゃんと全ての部分に照射されているのに、残ってしまう毛があるという意見もあります。

それは実は、通常に抜けるはずの毛が早めに抜けてしまっているので、毛が残っていると勘違いしてしまうのです。


分かりやすくいうと、残っている毛があるのではなく、早く抜けている毛があると思ってください。


正常の期間で抜け落ちるのは回数によっても違うのでお店で詳しく聞いてほしいですが、残り毛というのは2種類あって、照射漏れで抜ける速度が遅くなっている毛というのと、抜ける速度が早くて、通常の毛が残っていると思われてしまう毛のことです。


このようにVIO脱毛をした後の残り毛というのは、本当の意味での残り毛と、勘違いでの残り毛があるので理解しておいてくださいね。

脱毛の種類によって残りやすいというのがあるのか

ここからは照射漏れという部分について、残りやすい毛があるのかというのを紹介していきたいと思います。

クリニックの医療レーザー脱毛の場合

ずばりクリニックの医療レーザー脱毛の方が毛は抜けやすく、残り毛は少ないと言えます。

理由は、医療レーザー脱毛の方が脱毛パワーが強いからです。

医療レーザー脱毛の場合は、機械から熱を出して毛根組織へ刺激を当てていきます。


毛根組織へ刺激を当てていき、少しずつ毛根を弱まらせていき、最終的には毛根を破壊することが出来ます。


毛根を破壊するほどのパワーが医療レーザー脱毛にはあります。

扱っている機械もレーザー脱毛機といったパワーの強いものを使っています。


そのため、先ほど伝えたように毛の生える力が強い毛根であっても、パワーが強いのでしっかりと施術できることになります。

そうすることで残り毛がある可能性というのは少なくなってきます。


こういった強いパワーの機械を扱うことが出来るのもクリニックの特徴だといえます。

施術をするスタッフもドクターやナースになっているので、安全性が保たれているってことになります。


肌状態をしっかりと確かめならが出来るスタッフだから、このような機械を使うことが出来るってことです。


それが最終的にはVIO脱毛をした後の残り毛が少なくなっています。

脱毛サロンの光脱毛の場合

脱毛サロンの光脱毛も、クリニックの医療レーザー脱毛と同じように、機械を使って肌に当てていくということに変わりはありませんが、熱ではなく「光」を当てていきます。

少なからず機械から出る熱や光を当てることで、肌はダメージを受けて痛みも出る可能性があります。

痛みが出る可能性があるってことで、脱毛サロンの光脱毛は、肌に優しく痛みが少ない脱毛となります。


ただその変面、機械から出るパワーが弱いとも言われています。

機械から出るパワーが弱いということは、脱毛のパワーも少なくなってしまいます。


結果的には、パワーが弱いことで、毛根までしっかり当たらずに残り毛が出てしまう可能性もあります。


こういったことが光脱毛には考えられるので、医療レーザー脱毛と比較した時には、光脱毛のほうが脱毛方法としてはVIO脱毛後の残り毛が出てしまう可能性は高いってことになります。

まとめ:VIO脱毛後の残り毛は照射漏れの可能性がある

大きくはVIO脱毛後の残り毛について紹介してきました。
多くの方が脱毛をして毛を処理したいと思っているのに、毛が残っていることに不満や疑問を持っています。

毛が残っている理由というのは大きくは照射漏れです。
この照射漏れがなく、スタッフスキルが高いお店を選ぶことです。
そのためには、安すぎるお店というのは避けたほうがいいですよ。

スタッフにもスキルに合った給料を払っているくらいのお店がいいと思います。
そのあたりはカウンセリングの時にスタッフのことやアレコレ聞いてみてくださいね。