VIO脱毛やりすぎで後悔?!【体験談・口コミで実態を知ろう】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • VIO脱毛やりすぎで後悔?!【体験談・口コミで実態を知ろう】

VIO脱毛やりすぎで後悔?!【体験談・口コミで実態を知ろう】

VIO脱毛を挑戦した人の中で、やりすぎてしまったという声も多いです。

どうしてこういった声があるかというとVIO脱毛の場合は、どこまで脱毛したらいいかというのが難しいところです。

VIO脱毛の処理をしたい人の中で、全ての毛を処理したい、いわゆる全剃りしたいって人は少ないく、部分的に処理したいと思っている人が大多数です。


だからこそ、どういったVIO脱毛をしたらいいのか迷ってしまう人もいます。



VIO脱毛をしたいと思っている理由の人はこういった理由が多いです。

・下着からはみ出ている毛をどうにか処理したい
・毛の量が多いのを何とか処理したい

 

やりすぎとはどういう状態のこと?

下着からはみ出ている毛があれば、恥ずかしいので処理したいですよね。


下着からはみ出ている毛を処理したとしても、下着を脱いだ時に全体的な形が変になっていたら恥ずかしいですよね。

毛の量が多くて薄くしたいという人も「やりすぎた」と思うこともあります。

もともと毛の量が多い人の悩みというのは、量が多くて蒸れるから脱毛したいという理由も多いです。


これは毛の量が多い人にしか分からない悩みなのですが、これがけっこう蒸れるのでそれが嫌でVIO脱毛してすっきりしたい気持ちが高まってきます。


こういった場合のやりすぎは何となく分かりますよね。

毛の量が減っていくことで蒸れもなくなってスッキリしてくるので、もっとしたいと思ってついついVIOの脱毛をしていく。


これが大きな落とし穴です。

スッキリするということと、見た目が美しいということは同じことではありません。


もちろんそれが合致することもありますが、毛が減りすぎることで、見た目としてはあまりよくなりません。

後先考えずに脱毛することで、見た目が変になってしまうってこともあります。


毛の量を減らそうという場合には、やりすぎによって、全体のバランスがおかしくなってしまいますからね。

 

やりすぎで後悔している人の口コミを紹介


ではここからは、やりすぎで後悔している人の口コミを紹介していきますね。

私もこういった口コミは参考にさせてもらいました。

どういったことが体験した人は後悔となっているのか、やりすぎと思っているのか、自分もVIO脱毛を始める前の参考にしようと思いました。

先に脱毛している人の声っていうのは参考にしたほうがいいですよ。

VIO脱毛って普段は見えてはいないけれど、いざっていう時には見られる可能性も高いですし、見られた時には恥ずかしくないようにしておかないといけないですからね。

もちろん先ほど紹介したみたいな理由もあれば、そうでない理由もあるので、参考にしてみてください。

Aさん:やりすぎて肌がツルツルになりすぎた
「私は脇の脱毛もしたことがあって、そのときはキレイな肌になったことが嬉しくて、同じようにVIO部分も回数をしてもらいました。 VIO脱毛って抜けていく量がハンパなく多いですね。 これはもともと生えている毛が多いのかもしれませんが、スタッフの方からいうと、VIO部分は成長している毛が多いので、効果がその分でやすいと思っていました。 私の性格上の問題ですが、購入した回数をこなさないと思ってやりすぎました。 回数をこなした時にはあ、必要のない部分まで肌がツルツルになってしまいました。 肌がツルツルになりすぎて、毛が少ししか残っていないので、何か変な感じです。」
Bさん:形がうまく決まらなくて小さくなりすぎた 
「最初にどういう形にしたいっていうのがなかったので、とりあえずはみ出ているムダ毛を処理してもらおうとVIO脱毛を開始しました。 でも施術をしてもらっていくと、なんか左右対称になっていない、バランスが悪いなと思ってきて、 右をやっては左をやってという感じになってしまって、どんどんアンダーヘアの形が小さくなっていきました。 脱毛の回数を終えた時にはやりすぎたと思ってしまいました。 スタッフさんは可愛いといっていましたが、自分としては小さくなりすぎて嫌だなと思いました。 最初から形をちゃんと決めて始めればよかったです。」
Cさん:毛の量が多く見えてしまった
「とりあえずアンダーヘアの形が変だなと思って、形を整えることをするために脱毛をしてもらいました。 でもそれがいけなかったのかなと思います。 ただムダ毛を処理しただけになってしまって、全体的なバランスとしては 、余計に残っている毛が濃く見えるようになってしまいました。 もっと全体的なことを考えて、薄くすればよかったと思いました。 まあ追加で料金はかかりますが、変な感じなので、 全体的に薄くなるように再度VIO脱毛しようと思います。」

Dさん:全剃りしたみたいになってしまった
「私がうまくスタッフさんに伝えたいなかったからかもしれませんが、 脱毛の回数をやりすぎてしまったと思います。 回数をこなしていくごとにアンダーヘアがスッキリするのが嬉しくて、 それをいつもスタッフさんに伝えていました。 アンダーヘアがなくなるとスッキリするからかなり満足していると。 そうすると残りの回数をこなしてくうちにどんどん毛が抜けていって、 スッキリするという気持ちは嬉しかったのですが、全体的な毛の量は少なくなってしまって、 周りから見たら毛がない状態に見えるので少しやりすぎたかなと思っています。」



このようにやりすぎたなと後悔している人の中には、やりすぎということが自分がどのような形にしようか決まっていない人もいたり、それをちゃんとスタッフに伝えられていないっていうのもありましたね。

ここで紹介したような後悔は誰でもあり得ることなので、そうならないように今からVIO脱毛を始める人は、参考にしておいてくださいね。

 

VIO脱毛のやりすぎっていうのはどういう状態のこと

ここからはVIO脱毛のやりすぎというのがどういう状態のことをいうのか紹介していきますね。

さっきの口コミの意見からも参考にさせてもらうことが多いですね。


VIO脱毛のやりすぎの大きな理由は2つあります。

1つは回数をやりすぎて後悔しているという理由。

そしてもう1つは部分的に脱毛をしすぎて後悔しているという理由です。


この2つの理由についてどういったことなのか詳しく紹介していきますね。

 

やりすぎとは回数をしすぎってこと?

1つめのやりすぎは回数です。

回数をしすぎて毛の量が減っていってしまったというやりすぎです。

中には、アンダーヘアの毛の量が少なくて嬉しいと思う男性もいますが、ほとんどの男性は、自然なアンダーヘアを求めています。

VIO脱毛の回数をこなしていくと、自然と量が減っていき、全体的なアンダーヘアの量が少なくなって見えてしまいますよね。


回数なんて途中で辞めたらいいのにと思っているのですが、それがまたそうはいかないようになってしまうのです。

これは料金の仕組みにあるかもしれませんね。

多くの脱毛のお店は月額制と回数制というのがあるのですが、回数制のほうが料金がお得になっています。

回数制というのは、回数券みたいなのを先に購入して消化していくタイプになります。

もちろん回数が多ければ1回あたりというのも割安になってきます。


だから最初は言われた推奨回数を購入してしまいます。

それは回数が少ないものより割安だから購入してしまいます。


そして回数をこなしていった時に、残り2回くらいが残っているとしましょう。

今の状態でもいい感じなのですが、回数も残っているし、もうちょっとしてみようと思ってする人がいるのです。

アンダーヘアの量が少なくなってくるとスッキリするので、もっとしたいという理由もあるのですが、残っている回数がもったいないからするっていう人もいます。

もちろん回数を返金してもらうことも出来るのですが、手数料を引かれてしまいます。

せっかく割安で購入したのにもったいないという意見もあるってことです。


こういったことを考えると、誘惑を防ぐためにも、最初から月額制で契約するほうがいいかもしれませんね。

ちょっと回数制に比べると割高かもしれませんが、自分がいいなと思った時に解約することが出来るので、それのがやりすぎといったことは防ぐことが出来ますよ。


出来る限り回数のやりすぎを防ぐ方法を考えていかないといけませんからね。


あとは、ちゃんと自分のしたいアンダーヘアの形を決めておくことです。

アンダーヘアの形を決めておかないと、いい形が見つからずにどんどんアンダーヘアが小さくなってしまうかもしれません。


小さい形が好きっていう人はいいでしょうが、そうでない人は、もう脱毛してしまっているので取り返しがつかないこともありますからね。


始める前にどんな形にしたいかスタッフとちゃんと話し合うことが大事です。

 

「やりすぎ」とは部分を剃りすぎってこと?

もう1つの理由であるやりすぎというのが、一部分だけ脱毛をしすぎたことによる後悔です。

でもこの場合は、そうなったとしても、まだ次の脱毛をすれば、何とかなります。


この部分のやりすぎというのは、気になった部分だけVIO脱毛をしてしまい、全体のバランスが悪くなってしまうやりすぎです。


その時はその一部分のことが気になって、そこだけを脱毛したのですが、終わってみると、全体的におかしいってことになります。


多いのは一部分を処理したことによって、逆に残っている毛が濃くみえてしまうといった後悔です。

ムダ毛ではあったけれど、アンダーヘアの一部として自然に馴染んでいたものを剃ったことで、他が濃く見えてしまったということです。


これがまたVIO脱毛の効果が出ると思っている以上に毛がスッキリして肌がツルツルになります。

そういった状態になると、そこだけがキレイになるので他が目立ってしまうってことです。


このあたりはやってみないと全体のバランスは分からないかもしれませんが、スタッフの人に一度聞いてみるといいですね。

 

VIO脱毛のやりすぎはvラインの脱毛のことだった

VIO脱毛のやりすぎの意見でよく「vライン」のやりすぎということを聞きます。

これは1番vラインの脱毛をする人が多いからでしょう。

vラインの脱毛をする人の多くは、最初のVIO脱毛をしている理由のところでも紹介したような、下着からはみ出ているムダ毛を処理したい人です。

そりゃ下着からはみ出ている毛があるってなれば、身だしなみのためにも処理しなくてはいけないですよね。


このはみ出ている部分というのがvラインの脱毛部分になります。


このvラインというのが、アンダーヘアの形を決めているといってもいいです。

vラインの脱毛のやりすぎというのは、vラインをただはみ出ている範囲ではなく、さらに深く脱毛をしていくことです。


vラインを脱毛の範囲を広げていくと、全体的なアンダーヘアの形が小さくなります。

アンダーヘアの形が小さくなることで、やりすぎたと思ってしまう人がいるってことです。


それとvラインだけキレイになることで、さっき伝えたような他の部分の残っている毛が濃くみえてしまうことになります。


そのためvラインというのは、やりすぎることでいろんな後悔が出てくる可能性があるということです。

 

 

VIO脱毛をやりすぎて毛が生えてこないって本当?

VIO脱毛をした時に、ここまで紹介してきたような理由によってやりすぎて後悔しているという人も多いです。

そしてそんなやりすぎた人の中で、一定期間後悔する人と、一生後悔してしまう人もいます。

それはどういった人の違いなのかというと、やりすぎた部分の毛が今後生えてくるか生えてこないかの違いです。


これは脱毛方法によって変わってきます。

脱毛をした方法によっては、今後毛が生えてくることはないってこともあり得ます。


そうすると、本当にやりすぎた部分を後悔してくことになるから気をつけないといけないですよね。

 

まとめ:VIO脱毛のやりすぎにならないように対策をしよう

VIO脱毛のやりすぎで後悔している人のこと、その理由やポイントを紹介させてもらいました。

大事なことは、VIO脱毛を始める前にいろいろなことを決めておくことです。

回数はこのくらいでいいのか、形はこんな感じでいいのか、カウンセリングの時にちゃんとスタッフさんと話し合っておきましょう。


始まってしまってからでは、なかなか変更は難しくなってしまうし、逆に変な感じになってしまう可能性もあるので、最初が肝心ってことになりますね。


とにかくVIO脱毛のやりすぎで後悔しないように事前に出来る対策はしておきましょう。