VIO脱毛後に実際に毛が抜けるのには時間がかかる!?【リアルな効果と期間を知る】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • VIO脱毛後に実際に毛が抜けるのには時間がかかる!?【リアルな効果と期間を知る】

VIO脱毛後に実際に毛が抜けるのには時間がかかる!?【リアルな効果と期間を知る】

VIO脱毛に興味がある方の中には、効果が表れるまでの期間を知りたい!と思われている方も多いのではないでしょうか。


それもそのはず、水着を着る夏までにキレイになっていたい!

など、具体的な完了時期を決めている方は、脱毛効果を十分に得ることができるよう、逆算して施術を開始しなければなりません。


ここでは、VIO脱毛の効果があらわれるまで(毛が抜けるまで)の期間や、経過をご紹介します。

 

脱毛後抜ける時期を知る

女性は、

「夏までにキレイになるために」

「彼氏ができるまでに」

などある一定の目標を定めて何かを始めるのは脱毛に限ったことではなく、ダイエットやエステなども同様です。


はじめるにあたり、知っておきたいことといえば、効果があらわれるまでの期間、脱毛で言うと毛が抜ける時期や経過ではないでしょうか。


では、毛が抜ける時期や施術後の状態をみてみましょう。

 

だいたいいつ頃から抜けるの?

毛の生え変わる時期を毛周期といいますが、この毛周期には個人差があり「〇週間で必ず生え変わる」と断言することはできません。


脱毛自体、毛周期をもとに施術を行うため脱毛効果が表れるまでの期間もまた個人差があることを知る必要があります。


そしてこの毛周期は生える部位によって違いがあり、VIOに関していえば他の部位よりも長く1年~2年だと言われています。


そのため、毛周期が短い手足などと比較すると施術サイクルが異なります。


VIO脱毛は個人差があるものの、施術から平均して2~3週間経つと、毛が抜けていることを実感できるようになります。

施術後の毛の変化をみてみましょう。

 

1週間後の状態

VIOでも、部位によって効果を感じるまでの期間は異なります。

中でもVラインは効果を感じやすい部位と言われていることもあり、 1週間程度で軽く引っ張ると抜ける程度に。

I・Oラインはまだ変化がない状態です。

 

2週間後の状態

効果が出ていたVラインは、照射した部分はほとんど毛が抜けた状態に。

Oラインもまた、1週間の間に抜けているのに対し、Iラインは少しずつ効果を感じるかな?という程度です。

Iラインは毛自体が太いことから、同じ1回の照射でも効果が出るまでに時間がかかることがわかります。

 

1か月後の状態

Vライン・Oラインは、一度生えていた全ての毛が抜け、新たに眠っていた毛が生え始めます。

ただ、施術前に生えていた毛の違いは毛質。

ゴワゴワだった施術前に比べ、新しく生えてきた毛は柔らかくふわふわした印象に。

Iラインは、元々全ての毛が抜けたわけではないので、前から抜けずに生えていた毛と新しく生えた毛が混じっている状態です。

そのため、あとの2か所の毛と比較すると、全体的に柔らかいわけではなく、触ると違いがわかります。

 

毛質の変化

脱毛施術では単に毛が抜ける・生えてこなくなるという成長の変化だけではありません。

毛の質である毛質にも大きな変化があります。

アンダーヘアというと、他の部位の毛と比較すると1本1本が太く濃いことが特徴としてあります。


さらに、日本人の特徴として触るとゴワゴワとしている点も難点とされています。


脱毛することによって、新たに生える毛の毛質をゴワゴワからふわふわに変えることができるのです。


これは、照射することにより、毛の1本1本が細くなる効果が関係しており、毛質が変化しただけでも見た目が大きく異なるとVIO脱毛をした方からの評価が高い理由でもあります。

 

施術後、期間ごとの違い

施術後の期間ごとの違いに関しては多少の個人差はあるものの、おおよそこういった流れになります。

その後は、経過するごとに再度施術を受けて繰り返すことになりますが、施術回数を重ねるたびに生え変わる毛自体が減っていきます。


自己処理の手間も徐々になくなり、どんなに剛毛かつ毛が多いことで悩んでいた人でも、VIO脱毛の効果を実感することができます。

 

医療レーザーと光脱毛の違い

脱毛にはクリニックで行う医療レーザー脱毛と脱毛サロンで行う光脱毛(フラッシュ脱毛)の大きく分けて種類があります。

どこで施術を受けるかを決める際、このうちのどちらで施術を受けるのかで効果が表れるまでや脱毛完了までに要する期間が異なります。

では、医療レーザー脱毛と光脱毛の違いとはなんでしょうか?

 

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い

医療レーザー脱毛と光脱毛の違い、それは照射時の力の差です。

特殊な光やレーザーをあてることで毛根を破壊し、毛の生え変わりにくくするという大まかな仕組み自体は同じですが、施術時に照射する力は、医療レーザーの方が圧倒的に強く、光脱毛の1.5~2倍ともいわれています。


それだけの強い力を用いて脱毛施術を行うことができるのは、医療機関であるクリニックならではの特権であり、「医療レーザー脱毛は短時間での脱毛が可能」と言われるのはそのためです。

 

医療レーザー脱毛の効果が表れるまでの期間

施術後に毛が抜け始める時期は2~3週間で個人差があるものの、1回の施術で抜ける量が多いことや次に生え変わる毛の量がサロンよりも少ないことを考えると、やはり脱毛効果が高いことがわかります。

1回あたりの脱毛効果が高いことが、短期間での脱毛が可能と言われる理由です。

 

光脱毛の効果が表れるまでの期間

毛が抜け始める時期は医療レーザー脱毛と同様、2~3週間です。


ただ、照射時のパワーが弱い分、1回あたりの施術において全体の毛の15~30%ほどにしか反応しないと言われています。


医療レーザー脱毛よりも回数が多く必要と言われるのはそのためです。


ただ、デメリットだけでなく、照射パワーが低い分刺激が少なく痛みを感じにくいというメリットもあります。

 

脱毛完了までに知っておくべきこと

話題のVIO脱毛ですが、人に聞きづらいからこそ施術を始める前にしっかりと情報を入手しておくことが必要です。


では、「え、そうなの!?」という口コミも多い、意外と知られていないVIO情報をご紹介します。

 

毛周期に合わせたペースを守る

VIOに限らず、効果的に脱毛するために必要なことといえば、毛周期に合わせたペースでの施術です。

※毛周期とは、毛が生えてから抜けるまでの生まれ代わり変わるサイクルのことを指します。


毛周期は個人差があるばかりか同じムダ毛のように思えますが、部位によって毛周期には違いがあります。

たとえば、手足が6か月~1年半であるのに対し、Vラインは1年から2年、さらに同じくVIOに分類されるIライン・Oラインに至っては1年~3年と周期が長く、その分生え変わるまでに時間がかかります。


そのため、VIOと他の部位の施術を同時に始めたとしても、部位によって施術期間にズレが生じることもあり得ます。


他の部位の脱毛経験がある人は、「こんなに期間をあけなければいけないの?」と思うこともあるかもしれません。


VIOに関していえば、一般的には3~4か月ごとの施術が行われていますが、期間についてはそれぞれのサロンやクリニックによって考え方が異なります。


ただたくさん照射すればよいのではなく、毛周期を見極め、部位に応じた間隔をあけた施術は脱毛効果を最大限に発揮するために重要です。


気になる方は一度毛周期について問い合わせてみましょう。

 

永久脱毛はない?

医療レーザー脱毛の場合ほぼ永久脱毛というと、一生毛が生えてこない「永久脱毛」をイメージしがちですが、実はこの永久脱毛は、一生毛が生えてこないという意味ではありません。


永久脱毛の定義とは、「脱毛が終了して1か月後の時点で毛の再生率が20%以下」であることを示していて、脱毛が完了したとしても、年月が経過する中で毛が生える可能性はあるということになります。

 

ただ、脱毛の中でも照射パワーの強い医療レーザー脱毛であれば、ほぼ永久脱毛に近い状態にすることは可能です。


脱毛サロンの光脱毛(フラッシュ脱毛)でも、複数回照射することで医療レーザー脱毛と大差ない脱毛効果を得ることができます。

脱毛は、1本もないキレイな状態にすることが目的なのではなく、自己処理の手間を軽減させることはもちろんのこと、VIOで言うとほとんど毛がないことで清潔感を保つことができるという意味では、十分効果的な方法と言えるでしょう。

 

脱毛後の毛について

脱毛後の毛がどうなるのかについても気になるところですよね。

では、脱毛後の毛についてご紹介します。

 

脱毛後の毛はもう生えない?

脱毛というと、何となく永久的に効果は持続すると思われがちですが、実は永久的に持続するわけではありません。



医療レーザー脱毛は、照射力が強い分半永久的に効果が持続するものの、全く生えてこないのではなく、施術後数年経過するとたまに少し毛が生える…程度であれば十分考えられます。

ただ、医療レーザー・光脱毛どちらにおいても、施術した部位が元通りの毛量になることはなく、基本的には半永久的効果があると考えてよいでしょう。
(途中で施術をやめず、言って期間継続して受けた場合)


他の部位とは違い、毛を残す唯一の部位だからこそ、施術前の形や状態についてしっかり考え伝えることが重要で、施術を受けてから「もっとこうしたかった」「ツルツルにしたけど、毛を残せばよかった」と言っても後の祭りとなってしまいます。

 

引っ張ると抜けるって本当?


※引っ張るのはNG

脱毛後の毛は、少し触れたり引っ張っただけでも簡単に抜けてしまうもの。

この簡単に抜ける感覚が快感だったりしますが、実は施術後の毛を引っ張るこの行為、NGです!

脱毛後に、毛を引っ張ってはいけない理由は「毛穴を痛めるから」です。

そもそも、脱毛施術を受けることは肌や毛穴にとって少なからず負担となります。

そのため少しの衝撃でも刺激を感じやすく、毛を引っ張ることで毛穴を痛めると、炎症が起きたり、埋没毛になることも考えられます。

せっかくキレイな肌を手に入れるための脱毛が、かえって黒ずみや炎症など肌トラブルを起こしてしまったのでは意味がありません。

施術後の肌は十分にいたわり、気になるのもわかりますが、自然と毛が抜けるのを待ちましょう。

 

脱毛後に避けるべきこと


脱毛後の肌は敏感です。そのため、避けるべきことをいくつかみてみましょう。

・患部を温めない
温めると肌に負担がかかり、炎症に繋がる場合も。

特に施術を受けた当日は入浴を控えることをおすすめします。


・患部を乾燥させない
脱毛後は、患部が一時的に温められて乾燥しやすくなっています。

乾燥状態の肌は傷つきやすいため保湿クリームや乳液で潤いを与えましょう。

保湿された状態は、肌を守ることにも繋がります。


施術後であっても、自分で感じる変化はあまりないのでいつも通り過ごしてしまいがちですが、肌が受けたストレスや刺激を考え、いつも以上に手を加えることが施術後のトラブル等を避けるためには必要です。

 

具体的効果を知って、自信を持てる自分に!

具体的にいつまでに毛がなくなる、キレイになるという目安を知っておけば、あとは逆算して脱毛を開始するだけ!


VIO脱毛をすることで、細部までキレイで自信を持てる自分になることができますよ。


もちろん、見た目だけでなくムレやすい夏に向けて、デリケートゾーンを不快なムレやニオイから守るという意味でもVIO脱毛はおすすめです!


整ったアンダーヘアで、季節を問わない快適を手に入れましょう。