シースリーを解約する前に読んでほしい~解約方法・返金・違約金・クーリングオフ 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • シースリーを解約する前に読んでほしい~解約方法・返金・違約金・クーリングオフ

シースリーを解約する前に読んでほしい~解約方法・返金・違約金・クーリングオフ

 

シースリー全身脱毛専門サロンで、永久メンテナンス保証があることや、脱毛料金が安いのにサロンに高級感があることなどで人気ですよね。

 

ただ、シースリーの口コミや評判を検索してみると、

 

「全然予約が取れない」
「なかなか脱毛できないから解約したい」
「解約する時に違約金がかかる」

 

 

など、少し不安になる情報を目にすることも・・・。

 

予約の取りにくさや解約にまつわる問題点は本当にあるのでしょうか?

 

シースリーで解約を考えている人やこれから契約しようと思っている人は、まずこちらの記事を読んでじっくり検討してみてください!

 

 

シースリーは予約が取りにくくて施術にも時間がかかるって本当?

シースリーは、施術できる回数や期間に制限のない通い放題プランが大きな強みの全身脱毛サロン。でも、いくら通い放題でも予約が取れなくて通えないままでは、脱毛完了まで時間がかかってしまいます。

 

 

ネットでシースリーの口コミを探してみると、「とにかく予約が取れない!」という意見を目にすることがあります。

 

確かに、シースリーは店舗数やベッド数が少なく、全身の施術を数回に分けて行っていたため、数年前までは予約が取りにくかったのは事実なんです・・・。

 

予約の取りやすさや施術時間を大幅に改善!

ただ、そういった意見の多くは2015年以前のものがほとんどで、最近では企業努力によってさまざまなマイナス面が改善され、予約も取りやすく通いやすくなっているんです!

 

 

どういう点が改善されたのか、簡単にご紹介していきます。

 

日本全国の店舗数が増えて通いやすくなった

※画像はシースリー公式サイトより引用

 

シースリーは日本全国に店舗を拡大していて、2019年4月現在では北海道から沖縄まで合計56店舗!大規模なサロンにはかないませんが、ほかの脱毛サロンと比べても遜色ない店舗数です。

 

 

ただ、これは最新の店舗数なので数年前はもっと少なく、実は2016年から2019年までで22店舗も新たにオープンしているんです。

 

 

近くに店舗がないからと通うのをあきらめていた方も、もしかすると近くに新しい店舗がオープンしているかもしれないので、ぜひシースリーのお店を探してみてください。

 

 

最新の脱毛機器導入で全身脱毛が最短45分

※画像はシースリー公式サイトより引用

 

全身脱毛の施術内容は、脱毛部位に光を当てる脱毛方法なので、施術する範囲が広いとどうしても時間がかかります。

 

1回に数時間かかったり、全身を何回かに分けて施術するサロンも多かったのですが、今は脱毛機の進化も進んで、1回で全身施術できるところが増えてきました。

 

 

 

シースリーは特にその変化が顕著!以前は全身を4回に分けて施術していましたが、今は最新の超光速GTR脱毛器導入で、脱毛効果も高くなり従来と比べて脱毛スピードが400%もアップ!

 

 

平均3ヶ月もかかっていた全身脱毛が、なんと最短45分で完了するようになったのです。

 

 

施術時間が大幅に短縮されたので、1日に対応できる人数が増えて予約もたくさん入れられるようになりました。

 

 

24時間オンライン予約システム、キャンセル通知などのサービスあり

シースリーの予約システムは、スマホやパソコンで24時間予約が可能な「どこでも予約」。全国のどの店舗でも予約できるので、出先の店舗で施術を受けることもできます。

 

また、希望日に予約がいっぱいの場合でも、直近3日間でキャンセルが出た時にメールでお知らせしてもらえて空き枠がわかる「かよエール」で、予約を取りやすいよう工夫してくれているので、なかなか通えないという心配もありません。

 

 

シースリーを解約するとどうなる?返金や違約金は?

シースリーで契約したけれど、何らかの理由で解約したいと思っている人は、解約を申し込む前にこちらをご覧になって、注意点について把握しておいてください。

 

解約申し込みは電話やサイトから気軽にできる

※画像はシースリー公式サイトより引用

 

解約を申し込むために、わざわざ店舗に出向かなければいけないサロンもありますが、シースリーは電話や解約フォームで簡単に申し込みできるので、忙しい人でも安心。電話でも言いづらいという人は、公式サイトの解約フォームでパパっと済ませてもOK。

 

その後は、きちんと書類に記入して解約手続きを進めますが、言い出しにくくてどんどん時間が過ぎていくことや、引き止められることなどが不安な人でも気軽に解約を申し込める良心的なサロンです。

 

クーリングオフの手続きも簡単

※画像はシースリー公式サイトより引用

 

契約した日を含む8日以内なら、契約解除と支払った金額の返金を請求できるクーリングオフ制度が利用できます。

 

シースリーの契約をクーリングオフするには、ハガキに必要事項を記載して、シースリーの窓口に送付するだけでOK。発送した日付で効力が発生するので、簡易書留扱いで送れば確実です。

 

 

施術を受けた回数によって返金額が異なる

シースリーの解約で注意したいのは、返金額についてです。

 

契約途中で解約する場合、残っている回数分などから返金額が決定されますが、シースリーの期間・回数無制限のコースの場合、施術を受けた回数によっては返金額が0になってしまうこともあります。

 

※画像はシースリー公式サイトより引用

 

全身脱毛プランの返金額は、

 

・支払総額-(施術1回あたりの料金×施術を受けた回数)-解約手数料

 

の計算式が適用されますが、この「施術1回あたりの料金」はサロン独自の料金設定となっているのです。

 

回数制プランなら支払総額をその回数で割ればいいのですが、全身脱毛回数無制限の場合は明確な基準がありません。

 

シースリーの場合は、回数無制限プランの1回あたりの料金が9万円~12万円程度に設定されています。

 

たとえば、顔脱毛やI・Oラインも含めた回数無制限プランのプレミアム全身脱毛の場合、料金総額は382,400円なので、

 

・382,400-(9万円~×4回分)-解約手数料

 

となり、4回以上施術を受けて解約する場合、解約金はほぼ0になってしまう可能性が高いのです。

 

施術回数が少ない場合は解約することのメリットもありますが、施術回数が4回以上の場合は解約によって得をすることがないのです。

 

 

シースリーの解約には違約金が発生する?

口コミなどで、「シースリーの解約時に高い違約金を払わされた!」という書き込みもチラホラみられます。

 

 

これは、正確には「解約手数料」と呼ばれるもので、契約残額の10%がかかってきますが、2万円の限度額があり、施術回数が少なくて返金額が多い場合は最大額の2万円になります。

 

 

中には、「一度も施術を受けていないのに2万円も払わなきゃいけないのに納得いかない!」という人もいますが、これは契約書にも記載されていることですので、契約する前にそういったことを確認しておく必要があります。

 

 

解約手数料もあわせて計算すると、返金額が0になってしまうことが多いので、本当に解約したほうがいいのか今一度検討してみることをおすすめします。

 

 

シースリーの返金額は少ない?他サロンとの比較

シースリーはいつでも気軽に解約の申し込みができ、強引な引き留めなどもないので、解約に関するハードルは低いと言っていいでしょう。

 

 

ただ、解約時の返金額が少ない、違約金(解約手数料)が高いなどの不満も声もあります。

 

 

ほかのサロンと比べてどう違うのか比較してみましょう!

 

 

脱毛サロン別解約時の返金制度や条件比較表

 

各脱毛サロン別の解約ルールを見ていきましょう。

 

 

◆脱毛サロン別解約ルール比較表
解約の
申し込み方法
返金額の目安
となる計算
解約手数料
シースリー
電話やサイトのフォームから申し込み可能 回数無制限プランは4回以上の施術で返金0 返金額の10%
(最大2万円)
ミュゼ
電話で予約を取ってから契約店舗で解約手続き 回数プランは回数で総額を割って計算 なし
※既定の契約期間を過ぎると返金されない
銀座カラー
コールセンターに連絡するか、店舗に赴いて申し込みをする 回数無制限プランは1/10の金額が1回分になる 返金額の10%
(最大2万円)
キレイモ
コールセンターに連絡するか、店舗に赴いて申し込みをする 月額制は返金なし、パックプランは回数で割った金額 返金額の10%
(最大2万円)、月額制は解約手数料なし
*表を左右にスクロールすることが可能です
シースリー
ミュゼ
銀座カラー
キレイモ
解約の
申し込み方法
返金額の目安
となる計算
解約手数料
電話やサイトの
フォームから申し込み
可能
回数無制限プラン
4回以上の
施術で返金0
返金額の10%
(最大2万円)
電話で予約を
取ってから契約店舗で
解約手続き
回数プランは
回数で総額を割って
計算
なし
※既定の契約期間を
過ぎると返金
されない
コールセンターに
連絡するか、店舗に赴いて
申し込みをする
回数無制限プラン
1/10の金額が
1回分になる
返金額の10%
(最大2万円)
コールセンターに
連絡するか、店舗に赴いて
申し込みをする
月額制は返金なし、
パックプランは回数で
割った金額
返金額の10%
(最大2万円)、月額制は
解約手数料なし

 

・シースリーの解約手数料は規律通りだけど銀座カラーより返金額は少ない
上記の表を見てみると、高いと言われた「違約金」(実際は解約手数料)はほかのサロンでも同様の決まりなので、シースリーだけが突出して高いというわけではありません

 

 

ただ、回数無制限プランのある銀座カラーでは、返金の目安となる1回分の料金が1/10なのに対し、シースリーは1/4程度と高いので返金額については損をしてしまうことはまちがいないようです。

 

 

・ミュゼは解約手数料はないけど手続きが面倒
唯一解約手数料がないミュゼですが、既定の契約期間を過ぎると返金されないなどの決まりがあるので要注意。

 

また、解約するにはまず電話で予約を取り、契約をした店舗に行って手続きをしなくてはならないのが面倒ですね。

 

なかなか解約の予約が取れない、引っ越して契約した店舗から遠いなど、わざわざ行くのが難しい場合は電話で問合せしてみる必要があります。

 

 

・キレイモの月額制プランは解約手数料はかからないけど返金なし
キレイモで人気の月額制プランは、毎月定額を支払って通うシステムなので、規定の回数を通った後はいつでも手数料なしで解約できます。

 

ただ、支払った金額は通った月の分だけになるので、途中でやめても返金はありません。

 

 

本当に解約したほうがいいかもう一度考えてみよう

解約に関するルールは、サロンや脱毛プランによって多少異なりますが、最初から解約するつもりで契約する人は少ないですよね。

 

シースリーは解約の手続きが簡単ですが、返金額が少ないのがネックなので、契約して何回か施術を受けたら解約しないほうが絶対にお得!後からいつでも施術を再開できますから。

 

 

どうしても長期間通う自信がない人は、通った分の料金だけ支払う、キレイモなどの月額制プランを検討したほうがいいかもしれません。

 

 

シースリーで解約しないために気を付けたいこと

シースリーを解約したいと思っている人は、まず落ち着いて本当に解約したほうがいいか、もう一度考え直してみましょう。

 

 

契約する前にきちんと契約書を読むこと!

手元に契約書があるようなら、内容をじっくり読み返してみましょう。

 

返金や解約手数料についてしっかり書いてありますので、解約を申し込む前にどちらがお得になるか計算してみてください。

 

できれば、契約する前にじっくり契約書を読んで不安なことは無料カウンセリングで説明してもらえば、解約時に思っていたことと違うなんてこともありません。

 

「どこでも予約」や「いまカラ・かよエール」のサービスを利用して予約を取る

解約の理由には「予約が取れない」ことがよく挙げられます。いくら改善したと言っても、土日や夜間など人気の時間帯は予約が殺到するので、ほかのサロンと同様に希望通りに通えないこともあります。

 

 

シースリーでは「どこでも予約」や「いまカラ・かよエール」など予約が取りやすいようサービスを工夫してくれています。もし、このサービスを利用していないのなら、まずは登録をしてうまく予約が取れるように調整してみることをおすすめします。

 

 

生理中は脱毛できないので要注意!キャンセルや変更について把握しておく

シースリーは、予約時間の1分前までペナルティなしでキャンセルができますし、キャンセルによる空き枠の通知もあるので、直前でも予約変更ができるのも大きなメリットです。

 

 

ほかのサロンでは、予約日の前日までが基本なので、予約に関する自由度がとても高いんですよね。

 

一方、生理中はホルモンバランスが崩れることや肌が敏感になることから、一切の施術を断っているのもほかのサロンにはない特徴。

 

 

デリケートゾーン以外は施術できるサロンが多いので、シースリーは独自のルールが徹底されているのです。

 

こういったルールをしっかり把握しておけば、計画的に脱毛しやすくなりますよ。

 

 

返金や違約金のことを考えて解約しない道を探す

契約した時は脱毛する気満々でも、さまざまな事情によって通えなくなることもありますし、スタッフさんとの相性や店舗の雰囲気が嫌で解約したくなることもあります。

 

ただ、シースリーに関しては、「永久メンテナンス保証」があるので、しばらくお休みして脱毛を再開できますし、その間に店舗数が増えたり新しい脱毛機器が導入されたりして、利用しやすくなる可能性が高いのです。

 

 

特に、分割払いをしていて契約金の支払いが残っている場合には、返金額より支払額のほうが高くなってしまうこともあるので、残金を支払いながらマイペースで通っていたほうが絶対にお得ですよ。

 

 

1回も施術していない場合でも、2万円の解約手数料を支払うのはもったいないので、ほかの店舗に通ってみるなど、「解約しない」という道も検討してみてください。

 

 

 

シースリーを解約する前に読んでほしいまとめ

シースリーの解約手続きはほかのサロンと比べてもとても簡単。

 

ただし、返金額を考えると安易に解約しないほうがいい場合が多いので、「解約しようかなー」と悩んでいる場合は、以下の点もあわせてもう一度検討しなおしてみてください。

 

 

◆シースリーの解約まとめ
回数無制限プランの1回あたりの料金は9万円~12万円程度
回数無制限プランで4回以上施術していると返金額はほぼゼロ
解約時は手数料として返金額の10%(最大2万円)を支払う必要がある
店舗数の拡大や最新マシンの導入で予約の取りやすさは大幅アップ!
キャンセル通知などのシステムがあり直前でも予約変更しやすい
日本全国どこの店舗でも施術可能
シースリーは「永久メンテナンス保証」でいつでも脱毛再開できる

 

また通いにくさを感じている人は、

 

・予約が取りにくい場合はシースリー独自の予約システムを活用する
・店舗やスタッフとの相性が悪い場合はほかの店舗に行ってみる

 

など、解約する前にできることもありますので、解約は最終手段として満足いく脱毛卒業のために工夫してみてください!

 

 

シースリーの公式サイトはこちら