VIO脱毛で理想な毛質にできる?【薄く・柔らい・ふわふわになるには?】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • VIO脱毛で理想な毛質にできる?【薄く・柔らい・ふわふわになるには?】

VIO脱毛で理想な毛質にできる?【薄く・柔らい・ふわふわになるには?】



VIO脱毛をしたことがないという人はまだまだ多いでしょう。

 

脱毛というのは肌が荒れるなどのリスクもあるので肌の状態の確認も必要になります。

 

しかし、それだけでなく、毛質も関係してきます。

 

自分の毛質はどのような状態なのか理解していますか?

今回はVIO脱毛をする前に覚えておいたほういい!毛質について紹介していきます。

 

VIO脱毛にあった毛質とは?

では、VIO脱毛する場合にあった毛質というのはあるのでしょうか。

 

VIO脱毛にあった毛質というのは正直いうと存在します。

 

毛質が薄い、柔らかいという人はVIOに限らず、脱毛に向いている毛質です。

 

しかし、硬くて、濃いという人は脱毛には向いておらず、回数がかかってしまいますし、効果が表れにくくなっています。

 

毛質が柔らかく、薄いような場合は光脱毛でも医療脱毛でも効果が表れやすく、回数もさほどかからなくてすむのでもし、VIO脱毛をするという場合は薄くて、柔らかいという人のほうが向いているということを覚えていると良いでしょう。

 

硬くて、濃いという人でも脱毛することはできるので脱毛サロンやクリニックに相談してみるのが良いでしょう。

 

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

 

VIO脱毛したら毛質は変わるの?

では、VIO脱毛をした場合でも毛質は変わるのでしょうか。

 

結果から言うとVIO脱毛でも脱毛した箇所は毛質は変わります。

 

それは、毛が根元から光脱毛や医療脱毛によって無くなり、生えてくるまでに毛のサイクルも毛の状態も変わるからです。

 

また、光脱毛の場合はだんだんと毛を細くしていって薄くなっていくので毛質自体、細く薄くすることができるのです。

 

そうなると、毛質は柔らかくなります。

 

また、密度も減っていくので毛同士が絡まるということはありません。

 

VIOを全照射する理由と全照射のコツ

脱毛するなら全照射したほうがいいといわれています。

 

では、なぜ全照射したほうがいいと言われているのかについて紹介していきながら全照射のコツについて紹介していきます。

 

全照射する理由

まずは全照射する理由についてですが、Vラインなどは形を好きなように変えることができます。

 

なので、全照射してはだめなのでは?と思ってしまいがちですが、形を整える前段階としてVラインはとくに毛を細かく、柔らかくして全体的に毛量を減らして薄くする効果があるのです。

 

ようは毛質を変えることができるのです。

 

なので、VIOが濃かったり、毛質などが硬かったりする人はふわふわとした柔らかいVIOをてにいれることができます。

 

IOラインもつるつるにしたくないけど、お手入れしやすいようにしたい、毛質を変えたいというような場合は光脱毛の場合は数回、医療脱毛の場合は1回程度全照射したほうが良いでしょう。

 

全照射のコツ

全照射する理由について紹介したのでつぎは全照射のコツについて紹介していきます。

 

まず、Vラインの場合ですがハイジニーナにするという人ではなく、形を整えたいという人で毛質も変えたいという人は全照射をしておいたほうがいいです。

 

また、元から毛が薄かったり、柔らかい人はもちろん全照射をする必要がないのでスタッフにきちんと相談してVIO脱毛を行なうと良いでしょう。

 

 

この記事を読んだ人におすすめの記事

 

VIOを全照射するなら何回すればいい?

VIOを全照射するなら何回が良いのでしょうか?

これは毛の量によって異なってきます。

 

毛が濃かったり、太かったり、多かったりする場合は光脱毛で全照射するなら6回~8回したほうが良いでしょう。

 

9回目以降は様子を見ながら行なうようにしましょう。

 

医療脱毛の場合は1~3回が目安と言われています。

 

しかし、光脱毛も医療脱毛も元の毛の量や毛質などによって個人差があります。

 

もし、毛質改善のために最初だけでも全照射したいという場合は脱毛サロンのスタッフやクリニックの看護師、医師などに相談するのがいいでしょう。

 

VIOを全照射して失敗したとき

よく、毛質を変えようと思って全照射をしたら失敗したという話しを聞きます。

 

そのようなときはどうしたらいいのか?について紹介していきます。

 

脱毛を中止する

もし、全照射して毛を残す予定が生えなくなってきてしまった場合は脱毛を中止しましょう。

 


光脱毛の場合は永久脱毛ではないのでじき生えてきます。

 


医療脱毛の場合も脱毛完了までしていないのであれば何か月かすればまた生えてきて元通りになるので元通りになったらまた開始すればいいでしょう。

 

スタッフに相談する

脱毛サロンやクリニックの人に相談してみましょう。

 


もしかしたら、失敗ではなく、自分の毛周期が長いため、生えなくなっているだけかもしれません。

 


出来ることなら、全照射する前に自分の毛質などを確認してもらって、どのくらいの回数全照射したほうがいいのか教えてもらうほうがいいでしょう。

 

様子をみる

もう失敗してしまったものは仕方ありません。

 


また、毛は生えてくるので様子を見るしかないでしょう。

 


そのときも保湿などは忘れずにケアはしておきましょう。

 

このように全照射は時と場合によって失敗することがあります。

 

なので、できることなら前もってスタッフなどに相談したり、毛質を確認しておいたりするほうがいいでしょう。

 

毛質を柔らかくするには?

 

そもそも、毛質が硬いというような人もいます。

 

特にVIOとなると固いようなイメージがあります。

 

本当は柔らかいほうが女性としても嬉しいですよね。

 

では、そもそも毛質を柔らかくするにはどのような方法があるのかについて紹介していきます。

 

トリートメント

VIO専用のトリートメントというのがあります。

 


このVIO専用トリートメントというのはVIOにつけて1分~3分ほど時間を置いて洗い流すだけでふわふわにすることができるのです。

 


トリートメントをするだけであとは手を加えなくてもいいのでVIOのお手入れ初心者にもオススメです。

 

ヒートカッター

ヒートカッターやハサミなどで切って少し整えておくことによって毛の触り心地もよくなりますし、ヒートカッターを使うことによって毛の先端を丸くしてチクチクしないようにもすることができます。

 



脱毛

脱毛の場合はだんだんと毛が薄くなっていき、細くなっていきます。

 


その効果によって毛質が柔らかくなることがあるのです。

 

このように毛質を柔らかくする方法はいくつかあります。

 

今回はVIOの脱毛がテーマなので、脱毛に絞って紹介していきます。

 

毛質の種類とは?

では、毛質にはどのような種類があるのでしょうか。

 

毛質の種類を知って、自分はどのタイプなのかを知っておくことが大切です。

 

では、紹介していきます。

 

薄い毛質

薄い毛質は毛が細い傾向になります。

 


毛の量は多いのに薄いな~と感じるような場合は1本1本が細いです。

 

濃い毛質

濃い毛質の場合は毛が太くなっています。

 


なので、どうしてもゴワゴワしたり毛同士が絡まってしまう要因になってしまいます。

 

硬い毛質

硬い毛質はカミソリなどを長い間使っているという場合によくあることです。

 


硬いのでゴワゴワしていますし、チクチクしてかゆくなってしまうこともあります。

 

柔らかい毛質

柔らかい毛質は毛が細くなっていて、量も少ないというような場合が多いです。

 


普段からお手入れしていれば柔らかい毛質を手に入れることができます。

 

白い毛

白い毛の場合は光脱毛や医療脱毛することができません。

 


それはメラニン要素が少ないためです。

 


なので、ニードル脱毛を行なうようにしましょう。

 

このように毛質にはいくつかの種類があります。

 

触ってたり、なでてみたりして自分の毛質はどれにあてはまるのか見てみましょう。

 




まとめ

VIOなどの毛質について知っていただけましたか。

 

毛質にも種類があり、女性としては柔らかくてさらさらしていたほうが良いですよね。

 

そんな毛質も柔らかくすることができるのです。

 

例えば、VIOも脱毛すると毛質が変化します。

 

毛質を柔らかくする方法としていくつか種類がありますが。

 

もっとも毛質を変えることができるのは脱毛です。

 

また、毛質を変えたい場合はVラインなど形を整えたいような場合でも全照射をしたほうがいいでしょう。

 

その全照射する回数は人によって違うので、失敗するとダメなのできちんとスタッフに相談するようにしましょう。

 



 

この記事を読んだ人におすすめの記事