50代のVIO脱毛事情は?【50代でアンダーヘアを処理する人が増えている】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • 50代のVIO脱毛事情は?【50代でアンダーヘアを処理する人が増えている】

50代のVIO脱毛事情は?【50代でアンダーヘアを処理する人が増えている】

50代のVIO処理事情。今はVIO脱毛する人が増えている

最近電車に乗っているとよく脱毛の広告を目にします。お値段も大変家計にも優しく、関心が湧いたのですが、、、口コミを拝見したところ20代の若い可愛いお嬢さんばかりだったので、50代のおばさんの私は対象外かと思い、恥ずかしいのですが思い切って相談しました…

 

という相談をいただきました。

 

VIO脱毛というと、「若い子がやるもの」というイメージがある方が多いようです。

 

しかし、現実はまったく違うのです! VIO脱毛のクリニック・サロンで働いているスタッフさんに実際に聞いてみたところ

 

「アラフィフ、50代以上の方でVIO脱毛を行う人が年々増えています

 

という声が多いのです。

 

「それって、美魔女のように美意識が高い人が増えているってこと?」と思ったら、もちろん美意識が高い50代女性もいますが、違った理由から脱毛を希望する人、チャンレンジする人が増えてきているのです。

 

今回の記事では、50代のVIOについて詳しく知りたい人のために、最新の情報をお伝えしていきます。

 

 

Vライン・Iライン・Oライン脱毛をする40代・50代

40代・50代でVIO脱毛する人は、Vライン・Iライン・Oラインのすべてを脱毛する人が多いそうです。

 

これは、「Vラインだけ脱毛する」というケースも多い10代・20代のVIO脱毛と、違うところかもしれません。

 

「VIO」という言葉は、一般的にはあまりなじみがない言葉ですが、陰部周辺のデリケートゾーンを3つのエリアに分けた呼び名です。

 

  意味
Vライン まっすぐに立って正面から見たときに見えるアンダーヘアの部分。
Iライン 尿道口や膣入り口付近の小陰唇・大陰唇とその周辺の部分。
Oライン 肛門の周辺部分。
この「Iライン」と「Oライン」は、50代のVIO脱毛にとって、非常に重要な意味を持っています。次の項目で、掘り下げてご説明しますね。

老後や介護のことまで考える中高年のVIO脱毛

「VIOすべてを脱毛したい」と考える背景には、「自分の老後、介護を受ける立場になったときのマナーのために、VIOは永久脱毛をしておくのがマナー」という考え方の台頭があります。

 

ちょうど、40代・50代の世代では、両親・義両親の「介護」を経験する人が多くなります。

 

その体験は、人によっては壮絶で、特に「下のお世話」は経験した人にしかわからない大変さがあります。

 

もしかしたら、今これを読んでくださっているあなたにも、そんな体験があるかもしれませんね。

 

実際の介護の現場では、「毛が生えている部位」は、清潔に保つのが難しく、嫌なニオイの原因にも、なりがちです。

 

毎日入浴することはできないので、タオルでふき取る洗浄が中心になりますが、毛には汚れがこびりつきやすいのです。

 

かといって、そのまま放置すると、雑菌が繁殖して病気の原因になります。

 

介護される本人にとっても、毛が生えている部分は、かゆみやニオイが出てしまい、不快感を感じやすくなります。

 

頭髪はもちろんですが、ワキ・陰部など、体に生えている体毛は、どこの部位でも汚れが付着します。

 

排泄がトイレでできず、おむつを使用する場合は、特に「Iライン」「Oライン」に陰毛があると、介護の大変さが倍増してしまいます。

 

排泄物が陰毛の中に入り込んでしまい、乾いてしまった汚れを、ゴシゴシとこするのは、介護する側もされる側も、負担が大きいのです。

 

50代でVIO脱毛した人が、「大人の介護は、毛がなくてツルツルの赤ちゃんのお世話のようにはいかないことを、身をもって実感しことが、VIO脱毛するきっかけになった」と語っていました。

 

自分が介護されるときに迷惑をかけたくない、という気持ちが大きくなったのだそうです。

 

介護美容脱毛とは?50代のVIO脱毛・全身脱毛

10代・20代の頃は、考えもつかなかった理由で、VIO脱毛をしている50代。

 

「介護される立場になったとき」を考慮して行う脱毛のことを、「介護美容脱毛」といいます。

 

高齢化社会となり、要介護の人口割合が増えていく社会的背景を受けて、介護美容脱毛に踏み切る人が増えていることは、ニュースでも報道されています。

 

VIO脱毛を行うことは、「将来、自分を介護してくれる人への思いやり」ということもできるでしょう。

 

50代からVIO脱毛するとメリットがたくさんある
「介護美容脱毛」という概念が一般的になってきているとはいえ、もちろん、VIO脱毛の目的はそれだけではありません。

 

● パートナーとの性生活を充実させるため
● デリケートゾーンのムレを抑えるため
加齢臭を抑えるため
● キレイになることで若い気持ちを保つため
● いくつになってもビキニを着られるようにするため

 

などなど、いろいろな目的を持って、多くの人がVIO脱毛を始めています。

 

現在50代の世代が、20代・30代を過ごした頃は、まだ現在のようにVIO脱毛は一般的ではありませんでした。

 

強い痛みが伴い、お金も時間もかかる「ニードル脱毛」が主流でしたので、「VIO脱毛してみたい」と感じていても、踏み切ることができない人が大多数でした。

 

それを50代になった今、VIO脱毛という形で実現する人が増えています。

 

過去に諦めた願いを、余裕のある今かなえるというのは、熟成した大人らしい豊かなお金と時間の使い方ではないでしょうか。

 

VIO脱毛を行うついでに、手足など毛深いことがコンプレックスだった場所の脱毛を行うケースも多いそうです。

 

「脱毛することで、おしゃれに対する意欲が回復し、行動的になった」という人もいて、50代のVIO脱毛は、心の豊かさとも結び付いていることがわかります。

 

医療レーザー脱毛や光脱毛で処理すれば将来の老後も安心

さて、ここで「脱毛」の歴史を振り返ってみましょう。

 

1990年代までは、毛穴の中へ針で電気を通す「ニードル脱毛」が主流でした。

 

昔、ニードル脱毛をしたいと検討したけれど、痛みへの不安やお金の問題で断念した経験がある人もいるかもしれませんね。

 

この状況が、2000年代に入ってからガラッと変わっていきます。

 

新たに台頭してきたのが、下記の2つの脱毛法です。

 

● 医療レーザー脱毛
● 光脱毛(フラッシュ脱毛)

 

どちらも、黒い色に反応する特殊な光(レーザー)を肌に照射することで、毛根組織を破壊するという脱毛方法です。

 

レーザーを1ショット照射するだけで、その照射面積内にあるすべての毛穴に対して、一挙に脱毛を行うことができます。

 

この新しい手法によって、施術者側の負担と所要時間は大幅に減りました。連動して、脱毛料金もぐんと安くなりました。

 

その結果、気軽に脱毛する人が増えて、脱毛サロンやクリニックが、爆発的に増えていったのです。

 

サロン・クリニックで脱毛すると、毛が生えてこなくなる


「VIO脱毛の効果は、何年くらい持つの?」と、疑問に思う人もいるかもしれません。

 

レーザーで脱毛効果は、基本的には一生続きます。

 

永久に脱毛した状態が続きますので、50代でVIO脱毛したら、80歳になっても90歳になっても、デリケートゾーンはツルツルのままです。

 

毛根の、毛を生成する組織自体にダメージを与えて破壊するので、脱毛が完了した毛穴では、もう二度と毛を作ることができなくなるというメカニズムなのです。

 

だから、一度脱毛が完了すれば、その後は一切、お手入れ不要になります。

 

50代で白髪になるとVIO脱毛できない?

ところで、50代になると、アンダーヘアにも「白髪」が混じってくることが多いでしょう。

 

しかしながら、完全にアンダーヘアが真っ白になってしまうと、VIO脱毛はできなくなります

 

 

レーザーが反応する「黒色」がないため、レーザーを照射しても脱毛効果が得られなくなるのです。

 

どうしても真っ白な白髪を脱毛したい場合は、昔ながらのニードル脱毛で、一本ずつ処理するしかありません。

 

このように考えると、「VIO脱毛したい」と思い立ったら、残されている時間はあまりないのです。VIO脱毛は、1回行ったら完了するものではありません。

 

 

個人差はあるものの、VIO脱毛には半年〜数年の時間がかかります。

 

アンダーゾーンが白髪になる前に、VIO脱毛を完了させるためには、一日でも早くVIO脱毛を始めるべきだといえます。

 

 

50代のVIO脱毛はサロンとクリニックどっちがおすすめ?

自分が元気で体力があり白髪が少ないうちに、VIO脱毛を完了させて、いつか来る老後への不安を減らしておきたいものですね。

 

 

若い世代には「脱毛サロン」が好まれていますが、50代には「クリニック」の方がおすすめです。

 

介護美容脱毛に対応しているクリニックも多くあるからこれから生活も含めて安心なのがクリニックなのです。

 

サロンとクリニックには、次のような違いを見ていきましょう。
  サロン クリニック
所要期間 長い 短い
効果 低い 高い
料金 安い 高い
医療ケア なし あり
クリニックの方が照射力が強いため効果が高く、脱毛完了までの期間が早いです。

 

サロンでVIO脱毛を行う場合、長い人は5年以上かかる場合もあります。

 

「アンダーヘアが白髪になるまで」というタイムリミットがある50代にとっては、最短で半年で脱毛が終わるクリニックの方が適しています

 

効果が高い分、1回あたりの料金もサロンより高めになりますが、かかる回数は少ないので逆にサロンより割安になるケースもあります。 かかる料金がひと目見たときに高いことはメリットもあります。

 

若年層は激安脱毛サロンに行く傾向が高いので、クリニックの方が年齢層が上になる傾向があるのです。

 

実際、自分以外の全員が20代だったら、あまりその空間にはいたくないもの・・・
また、もう一つ重要なポイントは、クリニックは医師と看護師が在籍するれっきとした医療機関であるということ。

 

万が一、「デリケートゾーンの肌が荒れた」「炎症が起きて、なかなか引かない」などのトラブルが起きた場合でも、すぐに適切な医療ケアが受けられるのです。

 

 

更年期前後で肌が不安定になりがちな50代にとって、必要なサポートといえるでしょう。

 

実際に50代でVIO脱毛を行うときにおすすめのサロン・クリニックについて、ご紹介します。

 

50代の脱毛クリニックなら湘南美容クリニック

脱毛の施術だけでなく、シワとり・シミとりをはじめとするアンチエイジング美容施術を得意とする湘南美容クリニックには、50代以上の女性が数多く通っています。

 

脱毛に関する技術力も突出しており、2017年の来院者数125万以上、実績ナンバーワンの老舗クリニックになります。

 

医師の在籍数210名なので肌のトラブルがあった場合にもすぐに処置してもらえるので安心。

 

医療脱毛のメリットとしては、脱毛完了までのスピードが早いこと。

 

湘南美容クリニックでは、月3,200円でデリケートゾーンの脱毛が出来るのはクリニックの中でも最安値です。

 

 

新しいことを始めるときには誰しも不安になるものですが、だからこそ、実績のある信頼性の高いクリニックを選んでおくと安心です。

 

湘南美容クリニックに通った50代の口コミ
実際に湘南美容クリニックに通ったことがある50代の女性に感想をチェックしてみましょう!

 

52歳 主婦キッカケはテレビの介護脱毛の特集だったんです。前々から義母の介護で下の世話をすることがあるのですが、私自身は大して気にしていませんでした。
テレビで介護の様子を見ていたら、皆が皆私と同じように下の世話に抵抗がない人ばかりではないかもと思ったんです。
もしかしたら、娘や孫にも世話させることになるかもしれないし…なるべく介護する側の負担を減らしたいと思ってアンダーヘアを脱毛することにしました。
娘に相談したら脱毛も色々あるっていうもんで調べてもらい50代でもたくさん通っている湘南美容クリニックに決めました。少し痛みはありましたが思った程ではなかったです。
6回コースを完了し、おかげさまでアンダーヘアがツルツルになりました。最初は違和感がありましたが蒸れることもなくなって快適です。何があっても安心かと思ってます。

 

51歳 事務員昔から運動が好きで5年ほど前から水泳教室に通っていました。そこで出来た同世代の友人がVIO脱毛をしていたんです。
友人の話を聞いていたら脱毛やってみたいなぁと思って、友人が通っていた湘南美容クリニックさんにお世話になることにしました。
医療脱毛ということでお医者様がいて安心でした。痛みはけっこうあったのですがだんだん慣れました。それより回数をますごとに薄くなっていったので嬉しかったです。
脱毛が完了して無毛になってからは、水泳教室ではビキニタイプの水着で思いっきり泳げるようになり、前よりも爽快に泳げるようになりましたね。
まだVIO脱毛していない水泳仲間にも紹介しようと思います。

 

 

湘南美容クリニックに通った方々の感想は参考になりましたか?

 

医療脱毛の良いところは、医師駐在、短期間で脱毛が完了することです。

 

知名度も高い湘南美容クリニックは、50代の方が多く通っている点でも信頼と安心がありますね。

 

>>湘南美容クリニックの公式サイト

 

 

50代の脱毛サロンなら銀座カラー

脱毛サロンでは、「銀座カラー」がオススメです。

 

開業25年を超える安心の実績がある老舗脱毛サロンです。

 

脱毛サロンは若い方を中心に通っている人が多い中、銀座カラーは20代の方の他に、50代60代の女性も多く通っているのも特徴です。

 

 

クリニックに比べるとゆっくりのペースになりますが、VIOというデリケートゾーンでもほとんど痛みを感じずに脱毛することができます。

 

クリニックは照射パワーが強力なため人によっては痛みを強く感じる人もいます。

 

銀座カラーでは、全身脱毛のプランがオススメですが、VIOのみのプランもあります。

 

詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

>>銀座カラーの公式サイト

銀座カラーに通った50代の口コミ
実際に銀座カラーに通った50代の方の口コミをチェックしてみましょう。
52歳 主婦ある日大学生の娘が、銀座カラーさんの広告を見つけてきて『「ペア割」だと安く脱毛できるし、せっかくならお母さんと脱毛一緒にしたい』と言ってきて、無料カウンセリングに娘と二人で行き、プランもしっかりしていて50代の方も通っているときき、娘と一緒ならと思って二人で全身脱毛をすることにしました。
施術は丁寧で、痛みも全く無かったので良かったです。 娘と共通の話題も増えて、私自身も若返ったような気分です。

 

53歳 会社員脱毛のキッカケは、再婚でした。私はバツイチ、旦那は初婚でしかも年が12こ下だったので少しでも、旦那が喜んでくれればと思って思い切って脱毛することにしました。
色んな脱毛サロンがあったので、一通りの脱毛サロンの無料カウンセリングに行って話をききにいったところ、銀座カラーは若い方から50代60代の方まで通っているということでした。接客も一番良かったので、銀座カラーで脱毛してもらうことにしました。
痛みも全く無くリラックスして脱毛ができています。美肌効果もあるみたいで、たしかに脱毛した後、肌のツヤが良いんです。これは助かります。
新婚の旦那も美しさに磨きをかけていることに喜んでくれていて応援してくれています。脱毛してより自信を持つことができています。

 

銀座カラーに通った方の実際の感想はいかがでしたでしょうか。

 

銀座カラーには様々なプランがあります。

 

無料カウンセリングやキャンペーンも豊富にやっていますので、詳細は公式ページをご確認ください。

 

 

>>銀座カラーの公式サイト

脱毛サロン・クリニック選びで気をつけること

●10代・20代の若い子だちばかりの店舗は避ける
前述の通り、VIO脱毛が非常に安い料金でできる時代になりました。

 

そのため、学生も含めて、若い世代が脱毛サロンに押し寄せています。

 

特に、「100円脱毛!」などの低価格を売りにPRしているサロンの場合、通う人たちが若年齢化する傾向にあります。

 

そこへ、50代で一人ポツンと入店するのは、気まずく感じてしまい、次第に通うのがおっくうになってしまうかもしれません。

 

店舗の雰囲気は気にならないという人なら問題ありませんが、少しでも気になるのであれば、避けておいた方が無難でしょう。

 

10代〜20代のアイドル・モデルを採用した広告を、電車の中吊りなどに大々的に展開している店舗には、若い世代が集まりやすくなります。判断の目安にしてください。

 

まとめ:50代のVIO脱毛は早く始めるのが鍵

「VIO脱毛について迷いながら、もうすでに数年がたってしまった」という話は、よく聞きます。

 

歳を重ねるほど、あっという間に年月が過ぎていきますよね。

 

しかし、VIO脱毛については、やりたいと思ったら、できるだけ早く無料カウンセリングだけでも受けてみることをおすすめします。

 

白髪というタイムリミットがある以上、「あのときに行動しておけば良かった」と後悔するリスクをはらんでいるからです。

 

 

あれこれと悩んでいるよりも、実際にクリニックに足を運んで、自分の目で様子を確認し、スタッフと直接話してみると、見えなかったものが見えてくるものです。

 

 

ぜひ、今後の人生をより明るく楽しく過ごしていくために、最初の一歩を踏み出してくださいね。