アンダーヘアがはみ出して本当に困っている 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • アンダーヘアがはみ出して本当に困っている

アンダーヘアがはみ出して本当に困っている


女性の下着や水着からはみ出たアンダーヘアを見たとき、どう感じるでしょうか?

何となくこちらが見てはいけないようなものを見てしまったような気分になるのではないでしょうか。女性のアンダーヘアのはみ出しは、本人だけでなく周囲に与える影響が大きく何としても防がなければいけないものです。

今回はそんなアンダーヘアのはみ出しについてみてみましょう。

女性の悩めるアンダーヘア事情

女性のアンダーヘア事情は深刻です。

美人な人がボサボサアンダーヘアだと何となくがっかりしてしまったり、かといって自己処理後のチクチクアンダーヘアも否定派が多いことを考えると、女性は常にアンダーヘアをきちんと処理していなければいけないことになります。

「えっ!私、何にもしていない…」そう感じたあなた、もしかすると、アンダーヘア問題で一番問題視されている「はみ出し毛」になっているかもしれませんよ。

処理を始めるきっかけは「はみ出し」

水着になる予定や入浴・着替えシーンがあるのであれば、アンダーヘアを処理しなければいけないという意識が働きますが、裸にならない限り、そこまで人の目を気にして処理することはないかもしれません。

でも、ここで意外と問題となるのが下着や水着からはみ出た「はみ出し毛」です。
毛がある以上、誰の身にも起こりうることでありながら、いまいち危機感が少ないこのはみ出し毛ですが、ふとした時にはみ出ていることに気づいたり、他人から指摘されたり…なんてことがあっては恥ずかしくて顔から火が出そうになることは間違いありません。

実際、そういった恥ずかしい経験をしたことのある女性は数多く、処理を始めるきっかけの一つとなっています。

アンダーヘアはみ出しは男性からもNG



男性は女性が思っているよりもアンダーヘアに対して厳しい意見を持っています。


実際の男性の声を聞いてみると…

・中学生のとき、水泳の授業で好きな子の水着か毛がはみ出していたのを見て一気にさめました。ちょっとトラウマになりました。(22歳・大学生)

・毛を全てなくせとは言わないいけど、下着からはみ出た毛を見たらげんなりする。処理は女性としてするべき。(24歳・広告営業)

・男でも毛がはみ出ることはあまり無いのに女子がはみ出るのは本当にありえない。(21歳・モデル)

・付き合ったばかりの彼女とはじめての夜、パンツからはみ出てる毛を見てしまったけど見てみぬふりをしました。それから色々気になるようになって結局別れてしまいました…(27歳・営業)

男性の声を見てみると、水着や下着からのはみ出しは本当にNG

男性は常に女性にキレイでいてほしいと思う傾向があり、中には女性は生まれつきあまり毛が生えていないといった考えを持っている人もいるんです。

たとえ女性が一生懸命処理をしていたとしても、「処理をしている」と思うのでなく、「そういうものだ」とおもいがちなのです。
また、毛がはみ出していたとしても男性から女性に直接伝えるのは、難しかったりします。

毛の処理、それも女性を象徴する部位の毛の処理は男性の反応は厳しいでしょう。
だからこそ、たまたま見えた下着から「はみ出した毛」に衝撃を受ける男性は多く、げんなりする、萎えるといった厳しい意見に直結するのです。

 

アンダーヘアの処理方法(脱毛サロン・クリニック)

女性は誰しも美しくありたいものです。
毛に関するコンプレックス・悩みは昔からあり、脱毛サロン・クリニックに通いプロの手で脱毛をする人も多くなってきました。

脱毛=高額というイメージを払拭するプランやサービスへと進化しています。
10年前に比べるとかなり敷居が下がったと言われ、美容室感覚で脱毛サロンに通う女性が増えてきました。

脱毛をするうえで、とにかく低予算で脱毛したい人もいれば、お金はかかってもいいから短期間でキレイに脱毛したいという人など優先順位は様々です。


優先順位に合った最適な脱毛が出来るよう、脱毛サロン・クリニックをご紹介します。

VIOラインを完璧に脱毛したい人は「銀座カラー」

VIOラインをしっかりと脱毛したい人は「銀座カラー」がおすすめです。

1993年に創業した脱毛業界の老舗です。最新の機械を使用しスピード脱毛が可能になりました。

銀座カラーのおすすめポイント

●低コスト:VIOセットコースが7,100円/月で通い放題
●安心:全額返金保証あり
●信頼:11部門でNo.1を獲得(楽天インサイトアンケート結果)

銀座カラーは「全身脱毛」も人気です。年6回プランは月6,500円、年8回プランは月9,600円で施術を受けることができます。

>>「銀座カラー」全身脱毛プラン詳細

VIOセットコースと価格もほぼ変わらない(年6回プランであればVIOセットコースよりも安くなる)ので、どのプランが一番自分の理想と近いかカウンセリングで相談してみるのも良いでしょう。



銀座カラーはずっと通い続けることが出来るので、無理なく自分のペースで脱毛生活を送りたい方にはおすすめです。

最短の脱毛×痛みも気にしない人は「湘南美容クリニック」

とにかく短期間でVIOラインすべてを脱毛を進めたい人は医療クリニックでレーザー脱毛するのがオススメ。
医療クリニックも数多くありますが「湘南美容クリニック」がオススメです。

湘南美容クリニックのおすすめポイント

●通いやすさ:全国80院数以上に展開
●安心と信頼:200万症例以上の実績
●低コスト:月3,200円で脱毛可能

ただし、医療レーザー脱毛は、脱毛サロンで使用される光(フラッシュ)脱毛と比較すると、痛みがあります。
痛みの大きさは個人差がありますが、痛みに敏感な人は避けた方が良いかもしれません。


医師がカウンセリング(無料)してくれますので、相談してみてくださいね!

Vラインだけしっかり脱毛したい人は「ミュゼ」

VIOラインのうち、Vラインを無料で通い続けることが可能な脱毛サロンが「ミュゼプラチナム」です。
新規お客様獲得のための目玉キャンペーンです。
しかし「無料」と聞くと裏があるのでは?と逆に不安になってしまうかもしれません。

実際にミュゼの脱毛を体験した女性の体験をまとめた記事がありますので、そちらを参考にしてみてください!


>>100円で脱毛は本当にできるの?実際にミュゼに行ってきた体験談
※このときは100円で脱毛し放題というキャッチでした。

ミュゼのおすすめポイント

●無料:Vライン脱毛のみは無料で通い放題
●通いやすい:全国展開していて通いやすい

I・Oラインは通い放題ではありませんが、全身脱毛が初回無料のキャンペーンで体験することができます。

無料=しつこい勧誘をイメージする人も多いかもしませんが、現在、しつこい勧誘はサロンのイメージダウンになるため、しつこい勧誘をする脱毛サロンはありません。
ですので、気軽に体験する気持ちで行ってみるのも良いでしょう!

アンダーヘアの処理方法(自己処理)

アンダーヘアを自己処理をしている人は、どのように処理しているのでしょうか?
アンダーヘアの処理方法をご紹介します。

ハサミ

はみ出し毛を防ぐ、毛の長さを短くするなどの目的であれば、ハサミが最も手軽です。
アンダーヘアの中でもはみ出しが気になるVラインや、はみ出る長さのIラインカットであれば、簡単に処理することができるので便利です。

ただ、ハサミでの処理に伴う難点といえば、処理後のチクチクです。
元々毛は根本から毛先に向かって細くなっていますが、ハサミで処理した場合、毛先が斜めにカットされるため、毛先が鋭くなります。これが、チクチクの原因です。

はみ出しと同様に男性NGとされているもの、それがチクチクです。男性は、女性にさわり心地の良さを求める傾向にあり、それはアンダーヘアでも同様です。
触れたときにチクチクした痛みを感じたら、男性は思わず引いてしまうかもしれません。

カミソリ

アンダーヘアに限らずムダ毛の処理方法として最も一般的なものといえばカミソリではないでしょうか。
カミソリ1本あれば処理することができる手軽さがある一方で、脱毛のプロである脱毛サロンやクリニックスタッフの方によると、アンダーヘア処理にカミソリは避けた方が良いと言われています。

その原因は、ハサミと同様処理後のチクチクはもちろんのこと、カミソリで処理することで肌の余分な角質や皮膚までシェービングしてもらうこと、処理による肌トラブルの危険性などがあります。

また、アンダーヘアが生えるデリケートゾーンには、女性器をはじめとする女性にとって大切な部位です。デリケートゾーンと言われるほどデリケートな部位だからこそ、処理時に手を滑らせ大けがに繋がる可能性を考えると、カミソリでの処理は控えた方が良いでしょう。

万が一、どうしてもカミソリで処理する場合にはT字カミソリを用い、細心の注意の元、処理しましょう。

チクチクを防ぐなら、ヒートカッター

あまり聞き馴染みのないヒートカッターは、その名の通り熱で毛を焼き切るタイプもので、トリマーとも言われています。
ヒートカッターの特徴は、熱で焼き切ることでカット手段でありながら毛先が鋭くならない点。熱でカットすると、毛先が丸くなるので不快なチクチクを感じることがありません。

そのため、下着などからのはみ出しを防ぐためのカットが可能でありながら、鋭い毛先が下着を突き破るトラブル防ぐことができます。

おすすめは電気シェーバー

アンダーヘア処理として勧められているのが電気シェーバーでの処理です。
シェービングするためのものという意味では、カミソリとほぼ同様です。ただ、肌を傷つけずに毛だけを取り除く構造であることから、カミソリ負けを起こしにくい点が電気シェーバーの特徴です。

さらに、VIO専用のものを使用するのがうまく処理するカギ。専用のものであれば、刃先がコンパクトで小回りが利くサイズとなっているので、アンダーヘアの細部まで処理することが可能です。水洗いできるものを購入すれば、入浴時に水を気にせず使用することができます。1本あると便利ですね。

手軽なものであれば、薬局やドラッグストアでも購入することができますが、家電量販店では最新の電気シェーバーを取り扱っています。数ある電気シェーバーの中から、自分の肌に合ったものや、グリップの握りやすさ等を比較した上で商品を選ぶことをおすすめします。

アンダーヘアの処理時の注意点

アンダーヘアを処理する上での注意点は、間違った処理や過度な処理は肌を傷つけるだけでなく、黒ずみや埋もれ毛の原因になるということです。
デリケートな部分からこそ、少しの刺激でも肌を傷つける危険性があることは否めません。

単に下着からはみ出る毛を処理する程度であれば、注意深く処理すればそれほど危険性はありませんが、一度処理を始めると、「もっとキレイになりたい」と思うのは当然のこと。自己処理を続けると、半永久的にキレイを手に入れられるVIO脱毛にも興味が出ることと同じことです。

さらに、処理を続けることで、アンダーヘア自体が太くなったり、毛質がどんどんゴワゴワに変化することも、考えておかなければいけません。

長さ

自己処理をする場合、自分で長さを決めることができますが、世の女性たちはどれくらいの長さに処理しているのかというと、目安としてはVラインが3センチ、Iラインが5ミリ程度、Oラインは全て処理する。というのが一般的です。

もちろん、全ての毛を処理して無毛(ハイジニーナ)にすることで、毛に関する全ての悩みを解消することができますが、下着のはみ出しを気にするのであれば、この長さで十分防ぐことができます。

毛が全くないことは、衛生的、スッキリするなどメリットがある一方で、元々あったものが全くない状態を不自然、あるいは恥ずかしいと感じる可能性もあります。
また、Vライン3センチ、Iライン5ミリ以下だと、毛は少しあっても女性器が正面から丸見えになり、不具合を感じる人もいるようです。

下着からはみ出ず、かつバランスよく整えるのであれば、適度に残すことをおすすめします。

アンダーヘアの処理が他の部位と異なる点、それは形を自由に決められることです。
ワキや手足の処理であれば、当然のように全剃りしてツルツルにしますが、アンダーヘア(Vライン)に限っては、自分がしたい形に毛を残すことができるのです。

ではどういった形が人気なのかというと、
・小さめの逆三角形
・たまご型
・ダイヤ型
・長方形
など、がありますが、日本人女性は比較的自然に見える形にする人が多いようです。

なりたい形がハートや星型など特徴的な形である場合、脱毛サロンやクリニックなどでプロの手に頼むことをおすすめしますが、一般的な形であれば、セルフでの処理専用スタイルシートも販売されています。アンダーヘアに合わせてシート通りに処理するだけで、セルフでもキレイな形に整えることができます。

女性のアンダーヘア処理事情:アンダーヘアの処理はマナー?

女性を対象に「アンダーヘアはどうしているか?」という趣旨の質問をしたところ、33,2%が自己処理、20,9%がVIO脱毛をしていると答えています。
つまり、女性たちの半数以上は何かしらの処理をしていることがわかります。

近年、脱毛やセルフでの脱毛法が普及したことにより、体にムダ毛ない状態が一種のエチケットとなりつつあることも、処理派が大きく増えた要因となっています。



「処理する派」と「処理しない派」の意見を見てみましょう!

処理する派の意見

処理する派の意見をみると

・もともと毛が濃く、アンダーヘアもボーボーなので、処理しています。

・そのままの状態だとパンツからはみ出るのは普通毛がきになって水着も着れない状態だったので、処理をするようになりました。

・他の部位の処理と同時にアンダーヘアの処理もはじめました。

など、処理を始めた理由にはやはり「はみ出し」があることがわかります。

処理しない派の意見

処理をする人が増えた一方で、処理をしていない割合は45,5%となっています。

ただ、この中には現段階では処理をしていないけれど検討中の方や、何かをきっかけに処理を始める人も含まれています。
「処理をしない派!」と意志を持って処理をしない人はごく少数で、処理をしない派の意見には


・もともと毛が薄いので処理の必要性を感じていない

・処理をしている人が周りにいない

など、割合が増加している現状を知らない人も多いのです。

美容室に行く感覚で、脱毛サロンに通っている人も増えてきました。

価格設定も手頃になってきていますので、「脱毛するのが当たり前」という意見が多くなっていくでしょう。

男性のアンダーヘア処理事情:男性もアンダーヘアを処理するの?

アンダーヘアを処理するのは女性だけではありません。日本では何となく「男性がムダ毛の処理?」と疑問視してしまう部分がありますが、実際、世界に目を向けると女性と同様エチケットとして処理をする国も多く、男性だからといって必ずしもそのままの姿が良いとは限りません。

女性を対象にした「男性のアンダーヘアの処理をどう思うか?」というアンケートによると、約70%もの人が「した方が良い・しても良い」と答えています。
つまり、女性は男性のアンダーヘアに肯定的なのです。

男性の処理方法

男性も女性と同様、カミソリやヒートカッターなどさまざまな処理方法があります。
ただ、男性と女性とではアンダーヘアの長さ、範囲、量、どれをとっても異なります。男性の方が、女性よりも処理に手がかかるのです。

たとえば、カミソリで処理する場合、男性のアンダーヘアだと量が多くかつ長さも長いためカミソリに毛が絡まって処理しづらい…などといった問題点が生じることも。
もちろん、元々毛が少なく処理に困らないという方はどういった方法でも問題ありませんが、一般的な処理法で不具合が生じる場合には脱毛クリームやワックスなどの使用がおすすめです。
量・長さ・範囲に関わらず処理することができます。

中には、ある程度処理した上で、カミソリや電気シェーバーを用いて細部までに処理する人もいるようです。

増える男性のVIO脱毛

男性も女性と同様、VIO脱毛をする人が増加しています。
VIOに限らず、手足やヒゲなど、男性でもムダ毛を気にする人が多く、ムダ毛があることで好きなファッションができない、自分に自信を持つことができないという人は意外にも多いのです。

脱毛をすることで、全く毛をなくすわけでなくても自然な状態に処理することができるのは脱毛ならではの特権!自己処理のようにいかにも自分で処理している!ように見えるわけではないので、周囲の目も気にならないことが脱毛するきっかけとなっているようです。

先ほど、女性は男性のアンダーヘアの処理に対して肯定的と記載しましたが、「なぜ処理してほしいのか?」という質問には

・毛があまりにもじゃもじゃだと見た目が悪い
・男性もキレイにしようと思うのはいいことだと思う
・お尻までつながっているアンダーヘアは男性でもちょっと…

など、ざまざまな意見がありますが、やはり自然にキレイになることに対しては男女問わず賛成派が多いことがわかります。

「恥ずかしい」は卒業!適切な処理ではみ出し毛をストップ

アンダーヘアの処理をすることは、デリケートゾーンを清潔に保つことできる、裸になったときに見た目がスッキリ見える、などさまざまなメリットがあります。
アンダーヘアは、1本下着からはみ出ているだけでも、その1本の衝撃が大きいもの。たった1本でもはみ出ていることは許されないほどはみ出し毛は深刻なのです。

でも、普段何も処理をしていないと、うっかり1本だけはみ出るトラブルは起こりがち。それでははみ出し毛を気にして好きなファッションができないばかりか自分らしく生きることもできませんよね。

アンダーヘアを処理してもう、恥ずかしいは卒業しましょう!