脇脱毛ができない人はどんな人?【黒ずみ・アトピーがあってもできる?】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • 脇脱毛ができない人はどんな人?【黒ずみ・アトピーがあってもできる?】

脇脱毛ができない人はどんな人?【黒ずみ・アトピーがあってもできる?】

皆様こんにちは。

 

元脱毛店長のFumin(フミン)です。

 

今、サロンでの脇脱毛は本当に安くなり、サロンによっては1回のカフェ代にもならない程度の価格で脱毛完了までやってくれるサロンも続々登場しています。

 

こんな安価に脇脱毛ができちゃうなら、これまでプロの脱毛なんて...と及び腰だった皆様もぜひとも通ってみたくなりますよね。

 

しかし、この脇脱毛、実は「できない人」「やってはいけない人」が存在するのです。

 

せっかくリーズナブルに脇脱毛できるとぬか喜びしていたのに、脇脱毛ができないなんて一体どんな人ができない事になるのでしょうか?

今回は元脱毛店長の筆者が、脇脱毛できない人についての条件とその対処法を詳しく解説させて頂きます。

 

脇脱毛できない人とはどんな人?条件は?

では、脇脱毛できない人に該当してしまう人はどういった条件があるのでしょうか?

以下にその条件をまとめました。

 

①脇の黒ずみがひどい

脇脱毛できない人の条件その①は、「脇の黒ずみがひどい=色素沈着がひどい」場合です。

 

現在、一般的にサロンで使われる脱毛機は光(IPL)脱毛という理論の機械を使用しております。

 

この機械は黒い部分に反応する仕組みになっており、この「黒い部分」とは脱毛施術時にあてはめると、毛穴ということになります。

 

光(IPL)脱毛は、強烈な高熱の光をお肌に入れていきますので、黒ずみが濃い、または極端にひどい場合は、機械が毛穴以外のところに反応してしまう確率が上がってしまうため、やけどなどの施術リスクが上がってしまうのです。

 

軽度な黒ずみの場合は、脱毛機をあてることで色素沈着が緩和されることもあるのですが、

ご自身が脇の黒ずみがひどいかどうか、脇脱毛ができるか判断できない場合は、一度サロンにカウンセリングに行って、担当者に脇を見せてみましょう。

 

②肌荒れ・アトピーがひどい

前述しましたとおり、光(IPL)脱毛は強烈な熱を使ってお肌の毛を抜いていく方法です。

 

脇部分のお肌が元々肌荒れがひどいアトピーがひどい場合、これらの色素に機械が過剰反応を起こす、または照射した熱のせいで肌トラブルが悪化してしまう恐れもあります。

 

また、脱毛はこのように熱を加える方法のため、脱毛後はただでさえ照射後は日焼け後のようにお肌が極度に乾燥しやすくなります。

 

肌荒れ、アトピーがひどい方は、通常の方よりお肌が乾燥状態になってしまっているため、仮に脱毛ができても脱毛効果がでにくく、また施術リスクも非常に高くなるためおすすめできません。

 

③薬を常用している、持病がある

これは、サロンの光脱毛だけに限らず、これはクリニックのレーザー医療脱毛も同じですが、お薬を必ず常備薬として服用しなければならない人の脱毛は基本的に禁忌事項として止められてしまいます。

 

薬を服用して脱毛をしてはいけないとされる理由ですが、一般的には以下のような理由で断っているサロンが多い傾向にあります。

 

薬により光過敏症を起こす可能性がある

この「光線過敏症」は簡単に言いますと、「光によって何かしらの反応が体に起こる症状」のことを指します。

 

それは必ずしもサロンの光脱毛機から出てくる光のことだけを指している訳ではなく、紫外線など日常生活で影響を受ける光の事も含みます。

 

例えば、夏に海水浴に行かれたり、炎天下の中で日焼け止めを塗らずに長時間過ごした場合などです。

 

こういった環境下で、強烈な紫外線を過剰に浴びてしまった際、かゆみ発疹じんましんなどの症状が出てきてしまう方が少なからずおられます。

 

この症状を「日光に対するアレルギー」と定義することもできますが、実は日光を浴びて、お体にこういった症状が出てくる明確な原因ははっきりしていません。

 

この点だけを考慮しますと、強烈な光を浴びると発疹が出てくるのと薬の服用と直接関係が無さそうにも思えますが、要するに薬の成分に含まれる化学物質が、光脱毛の光と反応してこういったアレルギー反応にも似た症状が現れる恐れが懸念されるためです。

 

脱毛は体調が万全な方が行う施術

これは、筆者が元脱毛サロンを運営していた経験に基づいてお話致しますが、前述の「光過敏症が起こるかも」という理由でお薬を服用されている方を施術を拒否するという理由は実際に即していないと考えております。

 

近年大手サロンでは、このお薬を服用されている方の脱毛施術の可否について「医師の同意書があれば可能」としているところがほとんどです。

 

しかし筆者が当時運営していたサロンでは、何かしらのお薬を普段より服用・常用されているお客様は施術をご容赦頂いておりました。

 

その理由は、お薬を服用されておられる=何かしらお体に疾患がある場合の方がほとんどだからです。

 

要するに体調が万全でない状態に、脱毛施術を行っても正しい結果が望める確率は極端に下がるため、脱毛効果がきっちり望めないお客様はお受けする事が親切ではないと考えておりました。

 

皆様の体毛とは、本来お体を守るために生えているものです。

 

つまり体に本来なくてはならない体毛を施術で抜いてしまうわけですから、完全健康状態の方が行ったとしましても、皮膚疾患、お体への何かしらの影響のリスクがゼロというわけではありません。

 

まずお体の疾患を万全に整えて頂いた上で、すっきりと脱毛施術に取り組んで頂くことを強くお薦め致します。

 

脱毛しても問題ないお薬は?

お薬の服用中の脱毛もすべての薬が問題があるわけではありません。

 

例えば以下のようなお薬は、特に病気という事由にての薬服用ではありませんので、脱毛施術をしてもほぼ問題ない範囲といえるでしょう。

 

ただし極力服用後24時間は空けて頂くようにお薦め致します。

 

・低用量のピル
・胃薬
・睡眠導入剤(市販のもの)
・健康サプリメント

脇脱毛できないと断られにくい新理論SHR脱毛とは?

近年脱毛サロンでは、新たな新型脱毛機械が続々登場しております。

 

そのうちの1つの機械で「SHR方式」という脱毛機の人気が急上昇中です。

 

このSHR方式の特徴を以下にまとめました。

 

脱毛方式

毛包への蓄熱式。

 

発毛因子を抑毛効果もあり。

 

来店ペース

毛周期を利用しない為、2~3週間に1回でも照射可能

痛み・熱さ

ほとんどない

特徴

黒ずみ、アトピー、敏感肌、金髪の方、あざがある方でも施術可能

このSHR方式の大きな特徴は、毛周期のサイクルを利用しない方式になります。

 

つまり成長期、休止期などいつの時期の毛でも照射して問題ありません。

 

その施術方法は、従来型のIPL脱毛方式とは全く理論が異なり、高度な熱で毛根のダメージを直接与えるといった方式を使わず、「蓄熱式」といって、毛包に低度~中度のSHRの光をため込んでいって毛を抜いていく方式となります。

 

つまり、肌に直接高熱を与えていくわけではありませんので、お肌が比較的敏感な方アトピーの方などでも問題なく施術を行って頂けます。

 

そして、SHR方式はIPL脱毛のように「黒いものに反応させる」方式とは異なるため、

お肌に色素沈着のある方金髪薄い色素の毛の方にでも反応する機械なのです。

 

つまり、冒頭の項で一般的な光(IPL)脱毛では「脇脱毛ができない人」とされる方々のほとんどが、このSHR方式の脱毛機でなら施術が可能となるのです。

 

それでは具体的にこのSHR方式にて施術を提供している人気サロンとはどういったサロンがあるのでしょうか?

以下よりご紹介していきます。

 

SHR方式の脱毛サロン①ストラッシュ

脱毛サロンSTLLASHストラッシュは、2016年1月にオープンしたばかりの、まだたった2年たらずの脱毛チェーンサロンです。

 

同社は、楽天リサーチで既に「医療関係者が選ぶ脱毛サロンNo.1」を連続で獲得しており、徐々に店舗を拡大している脱毛チェーン店です。

 

STLLASHストラッシュの使用脱毛機は「LUMIX-TWINルミクスツイン」という、今、脱毛業界で最も注目されている最新式のSHR方式の脱毛機を採用しています。

 

このSTLLASHストラッシュの最新脱毛機を使用した施術は、以下のようなIPL脱毛方式で断られがちなお客様の施術も問題なく行ってくれるのです。

 

・痛みに弱い方
・ほくろ、あざ、アトピー皮膚炎、敏感肌の方
・日焼けの方、金髪、毛の色素が薄い方

STLLASSHストラッシュ脇脱毛ができるコース料金は?

コース

コース

料金

Sパーツ

12回コース

¥32,010

L パーツ

18回コース

¥93,030

眉間

1回

¥500

小鼻

1回

¥3,240

STLLASSHストラッシュは基本的に全身脱毛コースをメインに提供しているサロンですが、

部分脱毛のメニューも充実しています。

 

脇脱毛の場合、Sパーツというコースで契約することになり、現在12回コースの場合¥32,010の予算で行えます。

 

しかしSTLLASHの場合は、全身脱毛コースが結果的にリーズナブルなため、脇以外にもあちこち脱毛されてみられたい方は、全身脱毛を検討される方がお得になります。

 

STLLASSHストラッシュの全身脱毛回数パック料金とは?

コース

料金総額

1回単価

6回コース

¥95,760

¥15,960

12回コース

¥176,709

¥14,725

18回コース

¥262,440

¥14,580

回数無制限

¥396,800

  –

IPL方式の脇脱毛だけでしたら、確かに安いところはいくらでもありますが、お肌の敏感な方色素沈着アトピーなどの皮膚疾患がおありな方でも安心して行えますので、同社で脱毛を検討するなら、広範囲な脱毛を合わせて検討する方が良いでしょう。

 

同社は月額払いのご用意もありますので、一度カウンセリングで詳細をぜひ尋ねてみましょう。

 

SHR方式の脱毛サロン②ラココ

ラココは2014年の末にオープンしたばかりの格安全身脱毛サロンです。

 

まだ設立して数年足らずのラココですが、運営母体は美容機器メーカーが行っており、業界に30年君臨し続けており、その人気は急速に拡大し、現在32店舗までその店舗数を拡大しています。

 

ラココの使用脱毛機も、STLLASHストラッシュと全く同型機の「ルミクスツイン」で行っています。

 

STLASSHストラッシュは、東京都内など首都圏中心の展開ですが、ラココは比較的中国、四国地方、関西エリアなど地方展開もしているサロンですので、ご自身のお住まいの地域によりお選び頂くのが良いでしょう。

 

ラココで脇脱毛する場合の料金はいくら?

ラココも本来は全身脱毛をメインにしているサロンではありますが、部分脱毛のコースもきちんと設定しています。

 

部分脱毛月額

¥3,000~(ローン分割払い)

Sパーツ料金

1回¥3,000

Lパーツ料金

1回¥5,000

脇脱毛の場合はSパーツに該当するため、1回¥3,000の予算で脇脱毛が行えることになります。

 

部分脱毛の回数コースの見積もりはサロンで詳しく算出していただくことになりますので、脇脱毛だけ希望の場合は、一旦この¥3,000の予算で体験的に行かれてみられることをおすすめします。

 

業界最安値のラココ全身脱毛料金とは?
 

5回

12回

18回

顔・VIO無し全身

¥49,000

¥117,600

¥176,400

顔orVIO片方+全身

¥59,000

¥141,600

¥212,400

完全まるごと全身

¥69,000

¥165,600

¥248,400

ラココの全身脱毛料金は「業界最安値」クラスの料金が自慢です。

 

通常全身脱毛は、12~ 18回でほとんど自己処理が要らなくなりますが、顔とVIOが不要なら何と12回が11万ほどでできちゃうのです!

脇だけでなく、あっちもこっちも気になる部位がある方で肌トラブルに悩んでおられた方は、ぜひラココの全身脱毛もこの予算なら合わせて検討する価値がありそうです。

 

エステ脇脱毛ができない人は医療脱毛を検討してみましょう

これまでサロン脱毛をメインに「脇脱毛ができない人」の条件、その対応策としてSHR方式という新型機械を使う選択肢などについて詳しくお話させて頂きましたが、お薬を服用されている、または皮膚トラブルがあまりにもひどい方はそれでもサロンで脱毛する限界になる場合もあります。

 

そういった方が最終的に検討するプロ脱毛は、やはりクリニックなどの医療機関での脱毛を検討するべきでしょう。

 

医療機関は施術するのは看護師さんですが、担当ドクターが随時院内にいて、都度経過をみて診察しながら安心して脱毛に取り組んでくれます。

 

お薬の服用やステロイド皮膚薬を使用されている場合なども、プロの皮膚科医が問題なく行えるかどうかの判断をみながら行ってくれます。

 

皮膚トラブルが心配な方には最も安心できる環境といえます。

 

近年の医療レ―ザー脱毛機も、サロン同様新型の機械は皮膚トラブルがある方に照射をしても問題ない機械がどんどん開発されていますので、サロンで断れた方、こういった最新機械の用意がない小規模の皮膚科で脱毛を断られた方も、最新機械を導入しているクリニックに今一度トライしてみましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は元脱毛店長の筆者が「脇脱毛できない人」の条件とその対応策についてプロの見解も含め詳しく解説させて頂きました。

 

現在は多少の皮膚トラブルがあっても、安心して脱毛が取り組める機械がどんどん開発されています。

 

通常のIPL脱毛のサロンで断れた方も、新しい機械を導入しているサロンや医療クリニックなどでリベンジしてみましょう。