中学生で脇脱毛するのは大丈夫?【通える脱毛サロンはあるの?】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • 中学生で脇脱毛するのは大丈夫?【通える脱毛サロンはあるの?】

中学生で脇脱毛するのは大丈夫?【通える脱毛サロンはあるの?】

かつては「脱毛=高額」というイメージから大人の特権のようなイメージがあった脱毛ですが、脱毛の普及に伴いより若い世代でも脱毛することが可能となりました。

 

それに伴い、最近では中学生の間でも脱毛が珍しいことではなくなりつつあります。

 

今回は中学生の脱毛事情とおすすめの脱毛サロンについてご紹介します。

 

 

脱毛したい中学生が増えている!?

ティーンエイジャーと呼ばれる中学生の世代が憧れるアイドルやモデルというと、皆ムダ毛ゼロのツルツルお肌の方ばかり。

 

そのため、メディアの中の憧れの存在と自分の肌との違いにショックを受ける中学生も少なくありません。

 

「あの人のようになりたい!」「ムダ毛を気にせずファッションを楽しみたい!」そのような思いから、脱毛したいと考える中学生は増加傾向にあると言われています。

 

中学生のムダ毛事情

大人が思っているよりも、中学生にとってムダ毛問題は深刻です。

 

思春期真っただ中の中学生は、ムダ毛が生えることで「人と違うのではないか」、「友達から笑われたらどうしよう」と悩みの種やコンプレックスとなってしまうのです。

 

確かに、その年代といえばちょうど女の子から女性になる成長期です。

 

胸が大きくなる、全体的に丸みを帯びる、初経が始まる…などいったように、以前とは違う体へと変化を遂げる過程です。

 

その成長に伴い、ホルモンのバランスが崩れて体毛が濃くなる時期でもあります。

 

以前は気にならなかったムダ毛も、濃く目立ちやすくなるため、肌の露出を控えたりムダ毛の処理を始めたり…と中学生になった途端にムダ毛事情が深刻化するのです。

 

脱毛するなら…人気部位は「脇」

腕や足などムダ毛が気になる部分は人によって異なりますが、中学生が最も脱毛したいと思う人気部位はやはり「」です。

 

それもそのはず、脇は他の部位と比較しても1本1本の毛が濃く太くなりがちで目立ちやすいのです。

 

特に中学生は、制服や体操服の半袖を着る機会や、夏になると水泳の授業を受けることもあるでしょう。

 

そういった生活の中でもどうしても脇毛が生えていては恥ずかしい。

 

そう思い脱毛したいと考えるのは自然な流れと言えます。

 

中学生が脱毛する際の弊害って?

昔よりも脱毛が手頃になり、中学生でも受けやすくなったとはいえ、中学生が脱毛に踏み切るのは決して簡単ではありません。

 

その理由は、中学生ならではの弊害があるからです。

 

その一つに親の理解があります。

 

中学生が脱毛を受ける場合、親の理解や承諾を得る必要があります。

 

親御さんによっては、「中学生が脱毛なんて早すぎる」「脱毛なんてする必要ない」と脱毛に否定的な考えを持っていることから、なかなか理解を得られず脱毛できない…という中学生も少なくありません。

 

理解を得られないのであれば、自分一人で契約したらよいのでは?そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、基本的に中学生が脱毛をする場合、カウンセリング時に親権者の同席、あるいは契約時に親権者の同意書の提出が求められます。

 

中には施術時に親の同席を必須としていることもあります。

 

もちろん脱毛を受けるサロンやクリニックによっても異なりますが、親権者の理解を得ず独断で脱毛を契約するのは困難です。

 

また、通っている学校によっては、脱毛不可として規定や教育理念として設けている場合もあります。

 

染髪や化粧と同様、中学生らしさに反すると考える学校も少なくないのです。

 

そのため、中学生が脱毛に踏み切るためにはそういった弊害をクリアする必要があるのです。

 

脱毛料金はどう払うの?

中学生が脱毛する際のもう一つの問題といえば料金面です。

 

いくら脱毛料金が以前よりも安くなったとはいえ、脱毛するためにはまとまった料金が必要となります。

 

脇だけであればそれほどかかりませんが、手や足など同時に他の部位も脱毛しようと思うと、お小遣いだけでは賄えないでしょう。

 

脱毛をしている中学生のアンケートによると、両親あるいは祖父母などの親権者が支払っている場合が大半です。

 

確かに中学生は高校生とは異なりアルバイトをすることはできないので仕方がないとも言えます。

 

しかし中には、脱毛にかかる料金は自分で賄うとして許可されたという口コミもあります。

 

そういった方は、自分で貯めたお小遣いを遣ったり、お年玉、お誕生日のお祝いとして脱毛料金を支払っているようです。

 

 

中学生の脇自己処理法

本当は脱毛したい…でも何らかの理由でなかなか踏み切れない中学生は皆、自己処理でムダ毛問題を乗り切っています。

 

では、中学生が脇を自己処理する場合の自己処理法にはどういったものがあるのでしょうか?

メリット・デメリットなども合わせてご紹介します。

 

カミソリ

中学生のムダ毛処理の定番といえばやはりカミソリでしょう。

 

カミソリはどこでも購入できる上に1本あれば一定期間処理を続けることができるのでコスパを考えても手軽です。

 

ただ手軽な反面、怪我をする、肌を傷つけるなど肌に負担をかけることや剃った毛の断面が広くなるので次に生えてくる毛が濃く見えるというデメリットもあります。

 

また、単に生えている毛を剃っているだけなのですぐに生えてくる、生えたときにチクチクする…など常に処理を続けなければいけません。

 

毛抜き

毛抜きでの処理は毛の根元から抜き切ることになるので一見キレイになったように見えます。

 

処理をする頻度についてもカミソリよりは少なくて済むのがメリットです。

 

さらに「スぽっ!」と勢いよく抜けるので、快感と感じる場合も…。

 

ただその一方毛抜きでの処理の場合、最大のデメリットが埋没毛です。

 

毛抜きで毛を毛根から抜き切ったつもりでも、肌の中に毛が埋まって黒いプツプツに見えてしまうのです。

 

埋没毛が起こると、見た目が汚くなるのはもちろんのこと、一度埋まった埋没毛はなかなか元には戻りません。

 

特に中学生という見た目を気にする時期だからこそ、危険度が高いと言えます。

 

脱毛クリーム

薬剤を使用して肌表面のムダ毛を溶かす脱毛クリーム(別の名を除毛クリームという)は、毛のタンパク質を溶かして、毛を溶かしきることで見た目が良いだけでなくカミソリによるカミソリ負けや生えたときのチクチク、毛抜きでの埋没毛などが起こる心配がありません。

 

ただ、薬剤を使用する分、肌質によっては赤みやかぶれなどの肌トラブルが起こる可能性があることから、使用前には必ずパッチテストをする必要があります。

 

肌には優しい処理方法ではあるものの、コストがかかるのがデメリット。

 

通販やドラックストアで購入することができますが、千円程度のコストがかかり、中学生には負担になるかもしれません。

 

電気シェーバー(脱毛器)

専用の電気シェーバー(脱毛器)を用いての処理であれば、肌を傷つけずに安心して使用することができます。

 

一番のデメリットはコストがかかること、商品によって差はありますが、ボディ用でかつ肌に優しい安心設計のものを購入するとなると数万円単位のコストがかかります。

 

ただ、電池式で簡易なものだと数千円~販売されているので、何を基準に選ぶかは要検討ですね。

 

電気シェーバーは、1度購入すると家族と共有することもできることから、「脱毛するぐらいなら…」と購入する親御さんも多いです。

 

 

中学生が脱毛するメリット・デメリット

自己処理はメリット・デメリットがつきもの。

 

それならやはり脱毛したい!そう思う方もいらっしゃるでしょう。

 

では、中学生が脱毛することのメリット・デメリットも知っておきましょう。

 

中学生プランの利用で安く脱毛

脱毛は高いというイメージがありますが、実はサロン・クリニックによっては中学生プランというものが存在することをご存知でしょうか?

キッズ脱毛という形で控えめな料金設定のものがあったり、親子で通うことで料金がお得になるサロンもあります。

 

サロン・クリニックによって中学生がお得に脱毛できるプランが設けられているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

成長的には問題ない?

脱毛をするにあたり、親御さんが最も気になるのが肌や成長への影響です。

 

それもそのはず中学生といえば成長期の真っただ中。

 

そんな中で脱毛することで将来的に問題があったら…と不安に感じる親御さんがいらっしゃるのも無理はありません。

 

実際、中学生が脱毛することで、成長に影響を及ぼす危険性はあるのか?ということについての答えですが、「問題ない」ことが分かっています

 

ただ、脱毛方法や使用する機器には種類があって、肌に負担がかからないものを選ぶことが重要です。

 

おすすめは「ハイパースキン法」。

 

このハイパースキン法であれば、熱を利用した脱毛法ではないため、炎症や火傷のリスクがなく、肌への負担もかかりません

 

自己処理によって肌を傷つけてしまったり、埋没毛になるリスクを考えると、プロによる脱毛の施術は肌に優しく安心と言えます。

 

親の同意や同伴が必要

先にもご紹介したように、中学生が脱毛をする場合には親権者の同意や施術時の同伴が必要になる場合が大半です。

 

自分で購入して処理できる自己処理法とは異なり、プロの施術を受ける分そういった制約があることは分かっておく必要があります。

 

親の同伴が難しい場合には、あらかじめ電話での確認が必要…など臨機応変に対応してもらえるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

 

安心して脱毛をするために

安全だということが分かっても、まだ不安に感じる場合には、事前に疑問点や不安点を全て解消することが重要です。

 

事前カウンセリング時に肌の状態や疑問点、不安に感じる点等を全て打ち明けましょう。

 

一つひとつ解消していくことで、安心して施術に臨むことができます。

 

また、サロンやクリニックによっては契約前に一度お試しという形で施術を受けることができる場合もあります。

 

照射による刺激や痛みが心配なのであれば一度経験して納得した上で契約するというのも一つの方法でしょう。

 

 

中学生におすすめの脱毛サロン

脱毛する!そう決めたら、次に知りたいことは施術場所、脱毛サロンです。

 

脱毛人気が高まる中で、テレビCMや雑誌などさまざまなシーンで脱毛サロンを目にする機会が増えました。

 

では、中学生が脱毛する場合におすすめの脱毛サロンをご紹介します。

 

ミュゼプラチナム

脱毛サロンの定番といえばやはりミュゼプラチナムでしょう。

 

おそらくその名を一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。

 

知名度と共に店舗数No1を誇るミュゼプラチナムは、各都道府県に店舗を設けているので通いやすさは断トツです。

 

中学生でも、親権者の同意があれば施術することができます。

 

ただ、大人のように通い放題プランを契約することはできず、16歳未満の場合1つの施術箇所につき施術を受けることができるのは6回までと決められています。

 

6回の施術で完全に毛がなくなるかどうかは元々の毛質や毛量が関係しています。

 

しかし、仮に全てがキレイにならなかったとしても、脱毛を数回受けると毛質や毛量は変化します。

 

処理が楽になるというだけでも大きな変化があると言えるのではないでしょうか。

 

エピレ

エピレにはキッズプランや親子プランがあるので、控えめな料金で脱毛を受けられるのが魅力です。

 

そのため、小学生から脱毛に通う人も少なくありません。

 

人気は全19部位から脱毛したい部位を2か所選ぶことができるファーストプランです。

 

980円という破格(2018年6月現在)脱毛初心者の方にはお試しとして安心ですよね。

 

施術後は肌ケアとして、うるおい美容成分配合のオリジナル美容ジェルでのトリートメントを受けることができます。

 

ムダ毛を処理してその上ツヤ肌を目指せる。

 

オシャレや美を意識しはじめる中学生にとっては一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

 

ディオーネ

ディオーネの脱毛対象年齢はなんと3歳から!

中学生であれば安心して脱毛することができます。

 

生えた毛を処理するのではなく、「生える前に発毛そのものを予防する」新しい脱毛の考え方と言えます。

 

その上、本格的な脱毛施術が可能で、3歳から全身脱毛が可能

 

その分、料金は少し高く12歳以上の全身脱毛は360,000円~

 

ただ、毛のコンプレックスを感じずに生活できるなら…と踏み切る親御さんも多くみられます。

 

カウンセリング時はもちろん、毎回施術時には親御さんの送り迎えが必須となるので要注意です。

 

キレイモ

最近人気上昇中のサロン、キレイモは、脱毛施術に年齢制限を設けていません。

 

そのため中学生でも問題なく脱毛することができます。

 

ただ、20歳未満の未成年の場合契約時に親権者の同意が必須となり、さらに出来る限りカウンセリング時の同席も求められます。

 

学生向けの回数プランの用意もあるので、月額低額プランと比較するとお得に脱毛することができます。

 

安心を求めるなら皮膚科での脱毛

脱毛サロンとクリニックの大きな違いは医療機関であるかどうか。

 

もちろん脱毛サロンでの施術もプロによる施術となりますが、クリニックは資格を所持した看護師による施術、ささに常駐している医師がいることから、診察や治療を受けることができます。

 

万一が起こった場合に備えた安心感はクリニックに勝るものはありません。

 

クリニックの中には中学生は脱毛不可としている場合もあることから、年齢制限の有無を確認する必要があります。

 

知名度の高いクリニックの中では、湘南美容クリニックリゼクリニックが対象となります。

 

それぞれのクリニックによって年齢制限の他にも「生理が〇回以上きているか」などの基準が設けられているので確認しましょう。

 

 

まとめ:中学生も脱毛したい!脱毛事情とおすすめサロン

「中学生に脱毛なんてまだ早い」そんな風に決めつけるのはもう終わり!

今や中学生でも脱毛を始める時代です。

 

思春期という多感な時期だからこそ、ムダ毛が生えていることで悩んだりコンプレックスに感じやすくなります。

 

成長に悪影響を及ぼすことでない以上、年齢だけで諦めるのは早いと思いませんか。

 

中学生でも脱毛がしたい!そんな気持ちを考えてムダ毛に悩む毎日とはお別れしましょう。