脇脱毛2回目の効果は?【変化はある?】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

脇脱毛2回目の効果は?【変化はある?】

脇脱毛に通い始めて早半年近くが過ぎ...その間、2回施術してもらったけど、相変わらず毛はどんどん生えてくるし... 不安になってサロンに問い合わせてみたけど、なるべく自己処理を控えてください。

 

とだけ言われるだけだし...でもこんな状態じゃ自己処理しないと全く追いつかない! 一体みんなどうしているの? 脇脱毛に通い始めて2回目が過ぎてもイマイチ効果が実感しにくいとき、このようにたまらなく不安になられる方も少なくないでしょう。

 

今回は、脱毛プロの私が、脇脱毛2回目を終えてもその効果がご実感しにくい方のために、その経過と対策を徹底解説致します。

 

まだ抜けない?脇脱毛2回目の平均的な効果とは?


ここでは、サロンの光脱毛で脇脱毛を行った場合を例にお話し致しますが、おそらく「脇脱毛2回目終了後の効果」というものに対し、ご不安になられる方に非常に多く見受けられることとしまして、脇脱毛施術を2回も行ったんだから、それなりの量の毛が抜ける...と過剰に考えておられませんでしょうか。

 

そのご不安になられる原因の1つに、web上などでサロンの脇脱毛体験に行かれた方などの口コミなどに、「〇〇(サロン名)へ脇脱毛2回通ってこんなにツルツルになっちゃいました~」といった類のコメントをご覧になられることで、あまりにご自身の経過と違われていることがご不安を増長させていると、筆者は推測致します。

 

しかし、これらはあくまで記事を書かれておられるその方個人の体験内容であり、これらの体験記事の1点1点を見てみますと、その脱毛結果のビフォーアフターも100%信憑性に疑問符が付くものも少なくありません。

 

それでは、脱毛プロの私が「リアルな脇脱毛施術2回目の経過」について以下よりお話致します。

 

脇脱毛の1回目2回目経過はかなり個人差がある


脇脱毛とは、初回からスルっと抜けてくる様を経験される方もおられますが、実は初回~4回目、その方によっては5回目ぐらいまで、大した変化を感じない方もおられます。

 

以下は、あくまで平均的な脇脱毛の抜けて行く経過を表にまとめました。

 

回数 脱毛割合
初回 5%~7%
2回目 5%~6%
3回目 3%~5%
4回目 3%
5回目 2%
6回目 2%
  20~25%
この表に書かれている%は、あくまで一つの目安です。

 

確かに、比較的初回の3回までがある程度の割合で抜けていくようになる場合が多く、サロン来店時のその時の毛周期の時期により、照射が多くあたる毛が多い場合、少ない場合もあり、所詮は人間の体の事ですから、必ずこの通りに計算機のように毛が抜けていく訳ではありません。

 

しかし、6回終了時に初めて初回の時点より全体の20~25%ほどの毛が抜けていくのが、平均的な経過となりますので、脇は毛が生えている範囲がそう広範囲な部位ではありませんから、脇全体の毛の20%ほどとご想像頂くと、そう驚くような量が抜けていく事はないとお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

つまり、脇脱毛2回目終了時は、うまく照射があたった場合でもたった10%前後の毛しか抜けませんし、その抜けていく状態を必ずしも肉眼で見れる方は少なく、お風呂や衣服の着脱により自然に抜けている事に気が付かない方も少なくありません。

 

脇脱毛2回目で効果が実感しにくい場合の原因とは?


脇脱毛2回目でたった10%前後の毛の量しか抜けないという事は、おおよそお分かり頂けたかと存じますが、それにしても効果が全く実感できないと、仮に3カ月に1回の来店と決められているサロンの場合、既に開始から半年が経過している事になりますので、確かにご不安になられるのも無理はありません。

 

それでは、脇脱毛に2回通って効果がイマイチ...とお感じになられた際に、ご自身で気を付けられること対処法にはどういった事があるのでしょうか? 以下に、その具体策を挙げてみました。

 

①脱毛しながら自己処理のし過ぎ

脇脱毛2回目で効果がイマイチ...とお感じになられる方に最も多い要因として考えられることは、「脱毛に通いながら自己処理を続けてしまっている」事です。

 

だって脱毛に通ってもどんどん毛が生えてくるんだから、自己処理しないと耐えられないじゃん...という事はわかりますが、カミソリなどの自己処理で脇を弄り続けると、むしろ毛穴を傷つけ、発毛因子を促進するために、余計に濃い毛が生えてくる要因となります。

 

せっかくサロンで脱毛を行っても、自己処理を続けることが、真逆の矛盾した行為を行ってしまうことになるのです。

 

光脱毛で本格的に効果を得たい場合は、その自己処理したい!というイライラをぐっと我慢することが必要です。

 

例えていうなら、歯の歯列矯正をされたい方が歯に1~2年金具を付けたままの状態で我慢されますが、これとほぼ同等なほど自己処理したい衝動を抑え、脇元の出ない服装などを心掛け、ギリギリまで処理しなくて済む工夫をされることです。

 

この極力自己処理をしない事を心掛けることで、次回脱毛に来店された際の効果がかなり違うはずですので、必ずこの点を心掛けるようにしましょう。

 

②保湿がきっちりできていない

脱毛後はとにかく保湿を徹底するようにしてくださいね! 脇脱毛に通い始めると、サロンの担当者からこういった指示をもらうことになるはずですが、意外なほど皆様この点をいい加減に聞いておられる方が少なくありません。

 

特に陥りやすい傾向としては、サロンの脇脱毛激安キャンペーンに通っておられる方ほど多く見受けられます。

 

つまり脇脱毛施術の価格が安価なほど、ご自身がホームケアも併用してきちんと効果を出そうという認識がどうしても薄くなりがちなためかもしれません。

 

しかし、せっかく激安お得価格で脇脱毛に通うことができても、その効果が正しく出せなければ、結果的にそのキャンペーンは皆様にとってお得ではないのではないでしょうか? サロンで行っている光脱毛は、強烈な熱がお肌に加わります。

 

簡単に言いますと、真夏の炎天下で紫外線を浴び続けていると、お肌が照り付けるように火照ってくるようになられたご記憶があると存じますが、光脱毛後のお肌の状態はまさにこの状態と同じ状態で、保湿をしないと極度の乾燥状態を引き起こします。

 

また、次回脱毛のご予約の際も、普段から保湿ケアを徹底してない状態のお肌に脱毛機を照射しても、水分不足のお肌には、脱毛機の光がお肌に浸透しにくくなります。

 

結果、保湿を徹底しない=脱毛効果が出にくいということになりますので、激安価格で本当にお得に脇脱毛を行うには、保湿ケアは欠かせないのです。

 

ホルモンバランスを整える

脱毛効果がどうも出にくい...と感じる原因の1つに、実は皆様のお体のホルモンバランスが大きく影響することがあります。

 

確かに、脱毛を開始して1回目2回目で効果が見込めない、毛がなかなか抜けないというだけで一概に判断しづらいことではありますが、2回脱毛機を照射して全く何の変化も見られないということであれば、この可能性を疑ってみる必要もあります。

 

皆様の体毛はお体のホルモンと密接な関係があり、女性であっても体毛は体内の男性ホルモンが作用しています。

 

女性の場合、生理前~生理中になるとプロゲステロンという黄体ホルモンの方が活発化し、 肌荒れ、イライラなどが起こるのもこのためですが、女性の体は非常にデリケートにできており、ちょっとした日常のストレス、寝不足、食生活の乱れなどでこのホルモンバランスの乱れが起こってきてしまい、それが毛周期の乱れや脱毛施術を行っても効果が出にくいことがあるのです。

 

このホルモンバランスを整える対処法としては、とにかく睡眠を十分に摂り、単品だけの食生活などを避け、バランスの良い食生活を心掛け、とにかくストレスを溜めないことです。

 

また、生理の周期が乱れていないかなども一つの目安となりますので、きちんと生理周期管理を行いましょう。

 

脇脱毛2回目で完了まで急ぎたくなった場合の対処法とは?


通常の光(IPL)方式の脱毛機を使ったサロンの場合、サロン側指定の来店ペースが2カ月に1回、あるいは3~4カ月とかなり長い期間を言われる事もあります。

 

冒頭で申し上げましたように、たかだか2回の脇脱毛では結果はわからないという理屈も間違ってはいませんが、その間ずっと自己処理せずに延々と生えてくるムダ毛を我慢し続ける事は決して気持ちの良いものではありません。

 

この場合に対処方法としましては、とにかく少しでも脇脱毛の完了期間を早く終わらせる、または、仮に完了まですぐにしなくても、脇の自己処理がほぼジョリジョリやらなくても良い状態までの期間を早くできる脱毛方法に切り替えることを検討することも1つの方法と言えます。

 

それでは、以下より具体的なそれらの方法を挙げてみましょう。

 

①SHR方式など最新脱毛導入のサロンに変更

近年、新型の脱毛機として「SHR方式」という脱毛機を導入するサロンが増加傾向にあります。

 

このSHR方式とは、従来型のIPL方式のように高度な熱で毛根のダメージを直接与えるといった方式を使わず、「蓄熱式」といって、毛根全体を包む毛包部分のバルジ領域と言われる部分に、低度~中度のSHRの光をじんわりと溜め込んで自然に毛が体外へ排出されるように促していく方法です。

 

SHR方式は脇脱毛完了期間が4/1に短縮可能


またSHR方式は、毛周期の時期をさほど意識しないで照射することができる方式として知られています。

 

従来のIPL方式は今から生えようとする「成長期」の毛にだけ反応させて毛を抜いていく仕組みだったのに対し、「退行期」の毛、「休止期」の毛、などいつの時期の毛に照射をしてもOKの脱毛方法となります。

 

つまり、来店ペースも2~3カ月に1回でなくても良く、2~3週間に1回などのハイペースでの照射が可能なのです。

 

IPL方式とSHR方式では、脇脱毛の完了時期が以下のように大きな差が出ます。

 

脱毛方式 脱毛完了時期 来店ペース
IPL方式 18~20回 約3年~3年半 2~3カ月に1回
SHR方式 18~20回 最短9~10カ月 2~3週間に1回
つまり、従来のIPL方式は、2~3カ月に1回のペースで通った場合3年以上の長期間通い続けなければならないところを、SHR方式の場合は、そのたった4/1の期間となる最短9~10カ月で脇脱毛が終了することも可能なのです。

 

さすがに3年となると気が遠くなりそうですが、たった9カ月ほどで一生に近いぐらい、脇の自己処理が要らなくなるのなら、何とか頑張って通えそうな気がしますね。

 

②医療レーザー脱毛への変更も検討しよう

前述しましたように、従来のIPL方式を使っているサロン脱毛のデメリットと言えば、とにかく脱毛完了までの期間が長いことです。

 

この難点をカバーするもう1点の方法としましては、やはり皮膚科、美容整形などで行われている医療脱毛を検討してみることです。

 

それでは、医療脱毛とサロンのIPL脱毛方式との期間の違いを以下にまとめました。

 

脱毛方式 脱毛完了時期 来店ペース
サロンIPL方式 18~20回 約3年~3年半 2~3カ月に1回
医療レーザー脱毛 8~10回 最短1年半 2~3カ月に1回
ご覧いただくとお分かり頂けますが、サロンのIPL方式と医療レーザー脱毛は、同じく毛周期の「成長期」の毛に照射させて脱毛させる仕組みのため、来店ペースはやはり2~3カ月に1回ほどのペースで通うことに違いはありません。

 

しかし、サロンのIPL脱毛はあくまで毛根にダメージを加える方法なのに対し、医療レーザー脱毛は、毛根組織ごと死滅させてしまいますので、いわゆる皆様が期待されておられる「永久的な効果」が見込めると考えて良い方法と言えます。

 

その為、サロンのIPL脱毛と比較すると1回の照射の確実性が違うため、2~3カ月に1回の来店ペースであっても、脱毛完了期間が手足などの標準的な部位であればわずか5~6回で脱毛が完了します。

 

脇脱毛は、手足などの部位よりも時間のかかる部位のため、少し回数はオーバーしますが、おおよそ8~10回ほどの回数をみておけば、ほぼ自己処理は不要となります。

 

まとめ


いかがでしたか?今回は、脇脱毛2回目で効果が実感しにくい方向けに正しい脱毛の経過と今後の対策を徹底解説させて頂きました。

 

脇脱毛は確かに当初の数回では効果の実感がすぐに得にくいものですが、脱毛コースそのものの価格よりも、通う時間と手間も十分に費用に含まれているのです。

 

もし長期間脱毛に通い続けることが難しいと判断される場合、通う期間を少しでも短縮できる手段は近年ますます多くなってきています。

 

ご自身に合ったあらゆる手段を検討され、納得のいく脇脱毛効果を出していくようにしましょう。