脇脱毛で毛嚢炎になったときの原因と対策は?【脇にブツブツができて大変!どのくらいで治る?】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • 脇脱毛で毛嚢炎になったときの原因と対策は?【脇にブツブツができて大変!どのくらいで治る?】

脇脱毛で毛嚢炎になったときの原因と対策は?【脇にブツブツができて大変!どのくらいで治る?】


細菌感染症の一種である毛嚢炎(もうのうえん)

 

毛嚢炎とはどんな症状?見た目や痛みについて

初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも毛嚢炎とは、毛穴の奥にある毛包という部分に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの細菌が入り感染することで発症します。

 

見た目はニキビと似ていますが、ニキビは顔や背中など皮脂分泌が盛んな部分にできやすいのに対し、毛嚢炎は腕や脚など皮脂が少なく乾燥している部分にできやすいです。

 

また、毛嚢炎には芯がないので、比較的ニキビよりも治りやすいという特徴があります。

 

ちなみに毛嚢炎は基本的に痛みや痒みを伴うことはありません。

 

しかし状態が悪化すると内部にまで進行し痛みを伴うので、早めにケアすることで悪化を防ぐことができます。

 

脱毛した脇に毛嚢炎が!脱毛と毛嚢炎の関係があるの?

脱毛したら毛嚢炎ができた!」こんな噂を聞いたことはありませんか?

 

どうせ単なる噂でしょ、と思いたいところですが、実はあながち嘘ではないのです!

 

そもそも毛嚢炎ができるメカニズムは、肌が傷つき毛穴にある毛包がダメージを受けたことで出来やすくなります

 

それに対し脱毛は、毛の再生をストップするため毛根にダメージを与えます。

 

つまり、毛包にも少なからずダメージが加わっているので、脱毛によって毛嚢炎ができるリスクは避けられないのです。

 

いかに脱毛で毛嚢炎を作らないようにするかではなく、脱毛によって出来てしまった毛嚢炎をいかに適切な方法で対処するかが重要となります。

 

脱毛以外にも考えられる毛嚢炎の原因

毛嚢炎ができる原因は、なにも脱毛だけに限ったことではありません

 

では、他にどんなことが原因となりやすいのか?知っておけば予防にも繋がるの、チェックしておきましょう。

 

・ムダ毛の自己処理(特にカミソリや毛抜きなど)
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・プールや温泉などでの感染
・不衛生な環境
・ステロイドの長期使用 肌に直接負担を掛けずとも、生活習慣の乱れやストレスなどが原因で毛嚢炎が起こる場合もあります。

 

これは肌の免疫力が低下し、その結果、毛嚢炎へと発展してしまうのです。

 

毛嚢炎の正しい対象法

ハッピー美しい女の子は、床に横たわるとリラックス 無料写真


軽度の毛嚢炎は自然治癒することがほとんどなので、これと言って特に対処することはありません! 言うならば、触らず潰さず何もしないことが1番効果的です。

 

しかし1週間経っても一向に良くならない場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

 

脱毛サロンなら提携しているクリニック、医療脱毛なら契約したクリニックで適切な処置をしてくれるはずです。

 

処方される薬

十字架で心を握って作物の手 無料写真


毛嚢炎の薬にはどんなものがあるのか? 特徴や使用上の注意、そして副作用も心配ですよね。

 

医師や薬剤師からもしっかり説明を受けるかと思いますが、事前に知っておけばまた気持ち的にも余裕が出てくるでしょう。

 

ゲンタシン軟膏


毛嚢炎の処方薬として定番なのは「ゲンタシン軟膏」です。

 

ゲンタシン軟膏は細菌のたんぱく質合成を阻害し、細菌の増殖を阻止する作用があります

 

毛嚢炎以外にもニキビや肌荒れ、擦り傷などにも処方される薬です。

 

ちなみにゲンタシン軟膏にはステロイド成分が含まれていないので、炎症を抑える効果はありません

 

しかし細菌の増殖を抑えることで悪化を阻止し、治りを早くする効果が期待されています。

 

使用方法・注意事項
医師の指示がある場合は、そちらを優先してください。

 

特に指示がない場合は、1日1回~数回をめどに患部に塗布します。

 

塗るタイミングに指定はありませんが、起床後と入浴後に塗ると1番効果が持続するでしょう。

 

また早く治したいからと言って、大量に塗ることはおすすめしません。

 

量が多くても効果に変わりはないので、適量を心掛けるようにしてください

 

副作用・リスク
基本的に副作用が起こる心配はありません。

 

ただ、まれに発疹・赤み・かぶれ・痒みなどの症状が出る場合もあるので、使用する前に数センチ程度、二の腕など軟らかい部分に試し塗りをしてから使うようにしましょう。

 

毛嚢炎は市販の薬でも治せるのか?

スーパーマーケットで抽象的なぼかし 無料写真


病院に行きたくてもなかなか時間が確保できず、受診できない方も少なくないでしょう。

 

そんな方におすすめなのが、ドラックストアでも購入できる市販薬です。

 

実は毛嚢炎の薬は市販されていて、手軽に購入することができます。

 

大きく分けるとステロイド系と非ステロイド系があり、迷ったときは薬剤師に相談するといいでしょう。

 

ただし、市販薬は病院で処方される薬よりも効き目が劣るので、早く治したい方や肌荒れが心配な方は病院のほうがおすすめです。

 

脱毛後の毛嚢炎を予防するには?


脱毛したからと言って必ず毛嚢炎が起こるわけではありません。

 

しかし、脱毛によって毛嚢炎ができやすくなるのは事実なので、リスクを減らすためにも予防に努めましょう。

 

・脱毛箇所をむやみに触らない
・脱毛箇所は清潔に保つ(洗いすぎは厳禁!)
・脱毛箇所に触れる衣類や寝具などは事前に洗い、清潔にしておく この3つが重要となります。

 

つまり、過度の接触・不衛生は禁止ということです。

 

努力次第で毛嚢炎は予防できる!


脱毛が原因で毛嚢炎になる可能性はあります! しかし、努力すれば予防することは可能なので、そこまで深く考える必要はないでしょう。

 

注意するポイントは主に6つ! ・自己処理は電気シェーバーを使う
・生活習慣を見直す
・ストレスをため込まない
・肌が弱っているときに温泉やプールに行かない
・脱毛した部分は触りすぎない
・脱毛した部分を清潔に保つ ざっくりではありますが、これらを守れば毛嚢炎の予防にも繋がります

 

また毛嚢炎ができたとしても適切に対処すれば跡にも残らないので安心してください。