授乳中は脇脱毛はできる?【ママでもキレイでいたいからおすすめのサロンを知りたい】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • 授乳中は脇脱毛はできる?【ママでもキレイでいたいからおすすめのサロンを知りたい】

授乳中は脇脱毛はできる?【ママでもキレイでいたいからおすすめのサロンを知りたい】

妊娠中はお腹の赤ちゃんのためと思って我慢していた脱毛も、産後になるとまた再開したくなる女性は多くみられます。

 

ここで気になるのが、産後授乳期に脱毛をしても良いの?という疑問ではないでしょうか。

 

では、授乳中の赤ちゃんのいるママ必見!授乳期の脱毛可否とその理由についてご紹介します。

 

産後の脱毛事情

妊娠中の女性はお腹の中で赤ちゃんを守ることを一番に考えています。

 

赤ちゃんが過ごしやすいように体は丸みを帯び、乳首が黒くなったりと妊娠期間が進むと共に徐々に体が赤ちゃん仕様へと変化していきます。

 

赤ちゃんのためと思えば女性は我慢できる。

 

それは脱毛も同様で、一般的に妊娠中の脱毛はNGとしているサロン・クリニックが多いことから、妊娠前は定期的に通っていた脱毛も妊娠中はストップせざるを得ません

 

しかし、出産して妊娠期間が終わると徐々に体は元の状態に戻ります。

 

そんな中で、ムダ毛に対しても「以前のように脱毛したい」そんな風に感じる女性も多くみられます。

 

妊娠中は毛が増える?

出産後脱毛したくなることには理由があります。

 

それは妊娠中に体毛が濃くなるからです。

 

以前は体毛やムダ毛が気にならなかった人でも、妊娠をきっかけにお腹やその他の体毛が濃くなったと感じた人は多く、これには妊娠中のホルモンバランスの変化が関係しています

 

 

妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンプロゲステロンが増加します。

 

このホルモンはお腹の赤ちゃんの成長のために行き渡ります。

 

そのため、ママの体の中の女性ホルモン割合は通常よりも少ない状態になり、男性ホルモンの割合が増えます。

 

体毛やムダ毛は男性ホルモンの影響が強いため、ホルモンの変化により妊娠中は体毛が濃くなるというわけです。

 

 

出産後、体が元の姿に戻る過程で、ホルモンバランスも変化します。

 

一般的には妊娠中一時的に濃くなった体毛も元に戻りますが、中には妊娠によって変化したホルモンバランスが元の状態に戻らず、そのままかあるいは産後さらに男性ホルモンが活発化することも…

 

そうなると、「妊娠前よりも体毛が濃くなっている」「脱毛しないと」と焦りを感じるのも無理はありません。

 

授乳中に脱毛したくなった人の口コミ

ムダ毛問題はとてもデリケートな問題です。

 

だからこそ、気軽に「産後、体毛どうなった?」などと聞くこともできず、授乳中に脱毛したいのは自分だけでは…?と不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

では実際に授乳中に脱毛したくなった方の口コミを見てみましょう。

 


●「妊娠中、お腹や乳輪周りの体毛が濃くなってすごく嫌でした。

 

産後元に戻るかと思っていましたが、どうしてもお腹の毛が濃いままで気になって本気で脱毛できるサロンを探しました。

 

●「妊娠前は脱毛に通っていましたが、妊娠中はNGだったのでお休みしていました。

 

出産後しばらくして落ち着いた頃にまた脱毛したいと思いましたが、私が通っていたサロンは授乳中の施術はダメだったので、卒乳まで少し我慢しています。

 

●「妊娠前はそんなにムダ毛がないタイプだったのに、妊娠を機に体質が変わってしまったようで、ムダ毛が生えるようになりました。

 

以前との違いに、脱毛を本気で考えました。

 

 

妊娠前から通っていた人はもちろんのこと、妊娠をきっかけに体質が変わったことで脱毛したいと思い始めた方も少なくありません。

 

ただ、やはり授乳中は母乳を通じて赤ちゃんへの影響も懸念されることから、実際には卒乳まで脱毛を我慢したという意見が多いことが分かります。

 

授乳中に脱毛は可?

授乳中であっても、できることなら脱毛したい!でも、ママにとって一番気がかりなのが赤ちゃんへの影響でしょう。

 

では、授乳中の脱毛は問題ないのでしょうか?

赤ちゃんへの影響はある?

脱毛サロン・クリニックではそれぞれ用いられる機器や方法が異なりますが、どちらにしてもムダ毛の黒い毛(メラニン色素)に反応した脱毛となることから、それほど奥深くまで照射が届くわけではなく、直接的に母乳への影響はないと考えられていることから赤ちゃんへの影響もありません。

 

ホルモンバランスへの影響は?

脱毛サロン・クリニックで授乳中の脱毛施術NGとしていることが多い一番の理由は、ホルモンバランスへの影響です。

 

先にもご紹介したように、妊娠中はホルモンバランスが崩れます。

 

そしてその崩れたホルモンバランスは出産後すぐには元に戻りません。

 

ホルモンバランスが崩れていると、肌が敏感になり痛みを感じやすくなったり、少しの刺激でも炎症が起こるなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

 

さらに、ホルモンバランスが崩れた状態で脱毛施術を受けても、効果を感じられないこともあります。

 

せっかく脱毛をしても、逆に授乳期に分泌される「プロラクチン」というホルモンの影響で体毛が濃くなることも考えられるのですから、施術を受ける側としても「脱毛した意味がない!」と感じてしまうでしょう。

 

そういった理由から、授乳期には脱毛不可としているサロン・クリニックが多いのです。

 

光脱毛(脱毛サロン)

授乳期の脱毛できるかどうかは、サロンによって異なります。

 



・授乳中はできない
・生理が再開していればOK
・卒乳や断乳をしていればOK

と大きくわけて3つです。

 

医学的には問題がないと分かっていても、やはりホルモンバランスの乱れや体調の変化などを考慮し、万全を期しているサロンが多いことが伺えます。

 

医療脱毛(クリニック)

医療脱毛も光脱毛と同様、各クリニックによって脱毛できるかどうかは異なります。

 

ただ、脱毛サロンと比較すると、授乳中でも施術を受けられるクリニックが多いことから、施術を受けやすくなっています。

 

これは、医療脱毛はあくまで医療機関で行われることから、万が一何かがあった際にもすぐに診察・治療を受けられる環境があってこその特権と言えるでしょう。

 

授乳中に脱毛できるかはサロンによって規定アリ

授乳中に脱毛がしたいと思っても、どのサロンでも脱毛できるわけではありません。

 

実際、授乳中の脱毛は一切受けられないサロンも多いです。

 

知名度の高いサロンで言うと、

・ミュゼプラチナム
・脱毛ラボ
・キレイモ

では授乳中に脱毛をすることはできません。

 

やはり、万が一の場合や、体調の変化が起こりやすいことを考慮した上で徹底していることがうかがえます。

 

授乳中にどうしても脱毛したいと思った場合には、まずは授乳中でも施術を受けられるサロン探しをしなければいけませんね。

 

授乳中は脱毛NGが多い理由

授乳中に脱毛をしても母乳に影響はありません。

 

「影響がないなら大丈夫じゃないの?」と思うところですが、先にも記載したように産後はホルモンバランスが乱れた状態です。

 

自分では感じなくても、脱毛により肌がストレスを感じた場合、痛みや炎症などどのような影響があるかはわかりません。

 

人によって産後の状況も異なるため、授乳中に脱毛をすると必ず〇〇になる。

 

と断言することはできないのです。

 

何か起こった際に、通常であればすぐに治る、気にしないことでもなかなか治らない、あるいはストレスに感じることもあるでしょう。

 

産後は精神状態も不安になることから、少しのストレスも体にとっては悪影響です。

 

また、ストレスが母乳に与える影響も心配されます。

 

あらゆる角度から考えても、産後の授乳期に余計な負担をかけない方が良いという考え方から、多くの脱毛サロン・クリニックでは授乳期の脱毛をNGとしているのです。

 

授乳中に脱毛するならココ

いくら授乳期に脱毛は避けた方が良いといっても、どうしても脱毛したい方もいらっしゃるのでしょう。

 

体や母乳そのものに影響がない以上、全ての脱毛サロンやクリニックで脱毛ができないというわけではなく、中には授乳期であっても施術を受けられるサロン・クリニックもあります

 

ただ、授乳期に脱毛を受けられたとしても、中には部位を限定している場合もあるので対象可能部位については確認することをおすすめします。

 

では、授乳期に脱毛が可能なサロンを見てみましょう。

 

ジェイエステティック

ジェイエステティックでは、産後授乳期であっても生理が順調にきているのであれば脱毛することができます

 

産後の生理がいつから再開されるかは人それぞれで、早い人だと産後4か月から、遅い人だと卒乳・断乳して数か月後…などと大きく期間が異なります。

 

1度生理がきたとしても、その後また数か月止まっている場合も考えられるため、一般的には1か月に1度のスパンで生理がくるのであれば生理が再開したと判断してもよいでしょう。

 

ジェイエステティックでは基本的に授乳期であっても部位を限定せず脱毛することができますが、授乳期間中は胸(乳房)の脱毛を断られる可能性があります。

 

授乳中にママのおっぱいに何かトラブルが起こり、授乳ができない状態になることを防いでいるのです。

 

授乳中の脱毛を検討されている方は、一度施術可能部位について問い合わせておきましょう。

 

C3(シースリー)

C3(シースリー)では、産後3か月ほどで脱毛を再開することができます。

 

より安心できる目安としては生理が順調に再開してからが良いでしょう。

 

さらに、産後期間を空けて生理が順調にきていたとしても、両ワキ脱毛や胸の施術は受けることができません。

 

これは、脱毛自体に母乳への影響がなくても、ホルモンバランスの乱れにより母乳が止まるなどのリスクが考えられるからです。

 

銀座カラー

銀座カラーでは出産後、生理が順調にきて安定していることを確認できれば脱毛を受けることができます。

 

ただ、両ワキ・胸・乳輪周りについては、授乳中に脱毛することはできず、授乳期間が終了してからの再開となります。

 

妊娠中・授乳中に関しては赤ちゃん第一に考える姿勢が伺えます。

 

授乳中の自己処理について

脱毛が難しい、母乳や体への影響が気になるのであれば、自己処理で乗り切る他ありません。

 

そもそも、生まれたばかりの赤ちゃんを預けて脱毛する時間がないという方も多くいらっしゃるでしょう。

 

でも、妊娠中と同様自己処理も方法によっては授乳中NG、あるいは避けた方が良いとされていることもあることをご存知でしょうか。

 

では、授乳中ムダ毛の処理はどうすれば良いのでしょうか?

カミソリ

最も一般的なムダ毛処理方法であるカミソリですが、授乳期の肌が敏感な時期での使用はおすすめできません。

 

そもそもカミソリを使ってムダ毛を処理すると、肌の角質まで剃り落としてしまいカミソリ負けを起こす危険性があります。

 

万が一カミソリ負けで炎症を起こし、赤みを伴う痛みなどの肌トラブルに繋がった場合、薬を使用しなければいけなくなります。

 

ただ、基本的に授乳期の薬の使用には注意が必要で、種類によっては使用を控えた方が良い場合もあります。

 

脱毛クリーム

脱毛クリームとは、毛の成分であるタンパク質を溶かす成分で毛の処理を行う方法です。

 

クリームを塗って数分待つだけで毛がするんと抜け、カミソリで処理したようなチクチク感を感じることもありません。

 

処理後生えてくる毛はふわふわと柔らかいことも脱毛クリームのメリットです。

 

この脱毛クリームですが、授乳中に使用しても体や母乳への影響はありません

 

ただ、使ってみると分かるようにツンと鼻につく刺激臭や人によってはピリピリとした痛みを感じることも。

 

特に妊娠中~授乳中はホルモンバランスの乱れにより肌が敏感になりがちです。

 

妊娠前に問題なく使用できていたとしても、授乳中も同様に使用できるかどうかはわかりません。

 

そのため、授乳中に脱毛クリームを使用する場合にはできるだけ刺激が少なく肌に優しいものを選ぶこと、そして肌が敏感であることを意識して事前にパッチテストを行い、刺激を感じた場合にはすぐに使用をやめることが重要です。

 

おすすめは電気シェーバー

授乳期にムダ毛の処理をする場合、おすすめなのが電気シェーバーです。

 

毛の処理方法としては先にあげたカミソリと同じですが、普通のカミソリとは異なり電気シェーバーは刃が直接肌に触れないよう作られてい
ます。

 

そのため、カミソリ負けや肌に負担を与える心配がありません。

 

授乳期だからこそ、安全性の高い処理方法を選ぶことをおすすめします。

 

まとめ:授乳中の脱毛は体調優先!~ムダ毛ケアをストレスに感じないために~

出産後、元の体に戻る過程で妊娠前のムダ毛のないキレイな状態にしたい。

 

そう思う方も少なくありません。

 

妊娠を機に以前よりもムダ毛・体毛が濃くなったり増えたり…といったこともあるので余計にそう感じるのも無理はありませんね。

 

しかし、出産後の肌や体はデリケートです。

 

キレイでいたいと思う気持ちはとても重要ですが、あくまで体調や赤ちゃんのケアを優先にする必要があります。

 

それでもムダ毛の生えた状態は嫌という方には、ストレスに感じない自己処理法と出会うことができれば一番良いですね。