指の脱毛は何回で完了するの? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • 指の脱毛は何回で完了するの?

指の脱毛は何回で完了するの?

指毛について

女性にとってムダ毛は大敵ですが、その中でも特に指のムダ毛は大敵です。

特に接客業や営業職の方は、 「指の毛」は常に見られてるでしょう。

・名刺交換をするとき

・資料や商品を渡すとき

・ペンで文字を書いているとき

・接待の場でビールを注ぐとき

 

プライベートな場面でも

・ピアノを演奏しているとき
・指輪をはめるとき

などたくさんあります。

せっかくキレイにネイルサロンでネイルをしても、指の毛があったらむしろ悪印象。。。

手袋やゴム手袋をしていない時以外は、手は常に公の場にさらされています。

プロポーズをされて、指輪をあげようと思った瞬間に、指の毛がボーボーで、愛が冷めてしまう可能性もなきにしもあらずです。

体の中でも手は「手タレ」というものが存在するほど美の象徴とも入れる部位です。

 

指先まで細やかにケアをするのが、女性としてのマナーでしょう。

 

「そんなに指の毛なんて気にしなくていいんじゃない?と思う」

指毛の脱毛は何回で完了する?

サロンとクリニックでかかる回数(時間)と料金は異なります。

サロンはクリニックの倍の回数(時間)、1/2の料金となるとイメージしてください。

・効果を感じるレベル

・簡単な自己処理で済むレベル

・ほぼ自己処理が不要になるレベル

など、回数によって脱毛完成レベルが異なります。

ほぼ自己処理が不要になるレベルは以下です。

脱毛サロン・・・12~18回(2~3年)

医療クリニック・・・5~8回(12~14ヶ月)

「毛周期」という毛の生え変わりのサイクルがあり、指の毛のサイクルは2~3ヶ月です。

2~3ヶ月に1度、サロンやクリニックに通い脱毛をしていきます。

サロンとクリニックで回数が違うのは、脱毛手法が異なるからです。

サロンは「光脱毛」という手法を使用するのに対し、クリニックは「医療レーザー脱毛」という手法を使用します。

クリニックでは医療行為が認めれています。

医師も駐在していて、サロンでは使用することの出来ない強力なレーザーを使用します。

光脱毛、医療レーザー脱毛両者ともに黒い色素に反応する光・レーザーを照射します。


指の毛は髪の毛に比較すると、細くてと色が薄くいので、光・レーザーが反応しにくいため、どうしても回数(時間)がかかってしまうのです。

サロンとクリニックでまとめると下記です。

脱毛サロンの光脱毛

  回数 期間
効果を実感 2~6回 4ヶ月~1年
自己処理が楽 6~12回 1~2年
自己処理がほぼ不要 12~18回 2~3年

※脱毛1回あたりの料金は約2,000~2,500円。

脱毛ひつじのおすすめ「指の毛」脱毛サロンを紹介します。

銀座カラー

1993年創業の老舗脱毛サロン。
回数無制限の脱毛し放題だから安心。部分脱毛の他、全身脱毛も可能です。指の毛だけでなく、ひじ上・ひじ下も一緒に脱毛してノースリーブ美女を目指しても良いでしょう!
「のりかえ割」「学割」「祝割」などさまざまキャンペーンを実施していてお得に脱毛をスタートすることができます。

 

 

キレイモ

キャンペーンで「見学に来た人にハンド脱毛無料」を提供しています。
まずは試しに気軽に指脱毛を体験できます。ただし全身脱毛専門サロンのため、単体での脱毛は行っていません。

 


銀座カラーもキレイもも無料カウンセリングを実施いていますので、まず相談をしてみるのもおすすめです!

医療クリニックのレーザー脱毛

  回数 期間
効果を実感 2~3回 4~6ヶ月
自己処理が楽 3~5回 6~8ヶ月
自己処理がほぼ不要 5~8回 10~14ヶ月

※脱毛1回あたりの料金は約4,000~6,000円。

 

永久脱毛

せっかく脱毛するなら永久脱毛してみたいと誰もが思うのではないでしょうか。

永久脱毛と謳えるのはクリニックだけというのは知っていましたか?

永久脱毛は医療機関でのみ可能な脱毛なので、サロンでは永久脱毛とは言えないのです。

そのかわり、サロンでは「ほぼ永久的に毛が生えてこない状態になります」というように謳っているところが多いです。

指の毛の自己処理方法

指は比較的自己処理しやすい場所ですので、自己処理している人も多いと思います。

カミソリ

カミソリは手軽に処理ができるアイテムです。

 

カミソリはT字型とI字型がありますが、
指のように細かい部位を剃る場合は、「I字型」が良いでしょう。

毛が気になったときには、サっとトイレに行き処理もできますね。

ただ、カミソリの刃が直接肌に触れますので、肌を傷つけてしまい、また、カサカサの原因にもなります。

カミソリは2~3回使用すると切れ味も鈍くなります。
何度も使用して切れ味が鈍い状態で剃ると余計に肌を傷つけかねません。

 

毛抜き

確実に抜けるので毛抜きを使って処理すると、達成感が出るかもしれません。
しかし、毛抜きは大変負担が大きく、埋没毛や毛嚢炎(もうのうえん)の原因になるので、おすすめはできないです。

電気シェーバー

肌に直接触れないので、肌への負担は小さいです。


ただし、直接肌に触れないので剃りが浅く、毛がすぐに生えてきます。

処理の頻度は多くなるという点がデメリットです。

 

サロンなどで脱毛をする場合、事前にシェービングをしてくることをお願いされるケースがほとんどです。

顔用の電気シェーバーが小さく指にはちょうど良いサイズでおすすめです。肌への負担も抑えられます。

 

電気シェーバーは1台手元にあっても良いでしょう。

脱毛クリーム

短時間で広範囲の毛を処理できるのが最大のメリットです。


また、脱毛クリームは毛を溶かすので毛先がカミソリで沿ったときのように尖りません。


ですので、チクチクしないというメリットもあります。

 

デメリットは、毛だけではなく肌にもクリームが触れます。


優しい成分が入っていても、薬品ですので、敏感肌の方には負担が大きいです。

 

指の毛穴が気になる・・・

指の毛を剃っても毛穴が目立ってしまっていることがあります。

 

実は毛穴そのものでなく、カミソリで剃ると、断面が鋭くなりますが毛根に埋まっている太い毛が残っていて伸びてくると毛が太くなったように見えます。

 

毛穴が開き角栓が溜まりそれが黒ずみなどの肌トラブルの原因になることもあります。

カミソリや毛抜きでダメージが与えられた肌は、毛穴の開閉を調節できなくなります。

毛穴が開いたままになり、汚れが毛穴に入り込んでしまい黒ずみになってしまうのです。

 

ですので、手軽な方法なのですが、カミソリや毛抜きは控えた方が良いです。

 

手の甲は?

だいたいのサロンでやクリニックでは、手の甲と指はでセットになっています。

 

手の指と手の甲を脱毛する場合の脱毛範囲は、指先から手首までと見ておくと良いでしょう。

 

日頃のケアが大切

常に保湿をする

冬は特に手が乾燥ちがちです。

 

洗い物など水仕事をすると、手がカサカサになります。

 

乾燥した肌は、自己処理、サロン・クリニックのどちらで脱毛するにしても大敵です。
ハンドクリームを塗って保湿するなど意識してケアをしましょう。

 

化粧をする際に、化粧水や乳液、美容液、保湿クリームなどを顔に塗ると思います。


そのときに一緒に手にも基礎化粧品を揉み込むようにすると保湿がされます。

 

摩擦もカサカサ肌の原因になりますので、手に基礎化粧品を塗る場合は優しく丁寧に揉み込んでいきましょう。

 

日焼けに注意する

手はいつも露出されていて日焼けもしやすい部位です。

 

光脱毛・レーザー脱毛で使用する光・レーザーは黒い色に反応します。


日焼けの度合いにより、脱毛が出来なくなることもあります。

 

日焼け止めを塗っても、お手洗いに行った時など手を洗うと日焼け止めも落ちてしまいますね。

 

こまめにケアをして日焼けに注意しましょう。