銀座カラーのVIO脱毛は剃り残しNG? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

銀座カラーのVIO脱毛は剃り残しNG?


 

銀座カラーのVIO脱毛!事前処理の剃り残しがあっても施術できる?

銀座カラーに通い出して、「自分では完璧に自己処理をしたつもりなのに」「自己処理を忘れてサロンに来てしまった」などという場合もあります。

 

「剃り残し」の長さや、施術時間に余裕がある場合は、施術も可能ですが施術が受けられない場合もあるため、注意が必要です。

 

せっかく銀座カラーのお店に行ったのに、「施術を受けられずに帰ってきた」ということにならないために、剃り残しについて勉強しておきましょう。

 

今回は、銀座カラーの剃り残しの定義や施術対応について、説明をしていきます。

 

銀座カラーでVIOの事前処理はどこまですればOK

銀座カラーでVIO脱毛をする場合は、事前処理をしていく必要があります。

 

店舗でのシェービングの手伝いはOラインだけなので、注意してください。

 

VIOの事前処理が必要な範囲


VラインサイドIライン周辺は自分で事前処理をしておく必要があります。

 

この範囲は、自分がしたい形によって変わるので、注意しましょう。

 

例えば、毛量を減らしたい場合は全剃りをしていくことになります。

 

また、粘膜部分の施術ができないので、粘膜部分の脱毛は必要がありません。

 

脱毛の当日に2mm以下の長さまでなら施術OK

銀座カラーの「剃り残し」の定義は、2mm以上伸びている毛です。

 

このため、施術日の前日に、1mm程度に処理しておくことをおすすめします。

 

毛が成長する速さは、個人差がありますので2日前に処理すると、施術日に2mm程度になる可能性があります。

 

ですから、予約日の1日前に処理しておきましょう。

 

また、銀座カラーでは自己処理のときに「フェイス用シェーバーの使用を推進」しています。

 

なぜなら、カミソリで剃った場合肌トラブルを起こす可能性が高いためです。

 

VIOのシェービングを忘れてしまった場合どうなる?


銀座カラーでは、施術時に自己処理を忘れた場合は、基本的に施術はキャンセルされます。

 

このキャンセル扱いにならないためには、予約日の前日に「スケジュール帳や携帯のアラーム機能」で自己処理のお知らせを自分で設定しておきましょう。

 

また、当日に「自己処理を忘れた」と気が付いた場合は、施術時間までに「自分のシェーバーで処理」できるように、シェーバーを持ち歩くようにしておきます。

 

VIOの施術ができない

もしも事前処理をし忘れて、自分のシェーバーも手元にない場合は、施術が受けられません。

 

この場合、当日キャンセルになってしまいます。

 

銀座カラーでは、前日の19時以降のキャンセルは「当日キャンセル扱い」になります。

 

この当日キャンセルになると、ペナルティが発生しますので、注意しましょう。

 

当日キャンセル料とペナルティについて

銀座カラーで「当日キャンセル」に該当するのは、予約日の前日19:00以降のキャンセルです。

 

詳細については、下記の表を確認してください。

 

【銀座カラーの遅刻と当日キャンセルのペナルティについて】
キャンセル内容 当日キャンセルのジャッジ ペナルティ内容
遅刻15分以内 キャンセルにならない 一部の施術ができない可能性がある
遅刻20分以上 当日キャンセルになる 脱毛回数の1回分の消化または、キャンセル料金2,000円が発生する
予約前日の19時以降 のキャンセル 当日キャンセルになる
予約前日の19時以降 の予約変更 当日キャンセルになる
※2018年7月現在

銀座カラーでVIOの剃り残しがあった場合の施術について


銀座カラーでVIOの施術を受けるときは、剃り残しに注意しましょう。

 

VIOの部位によって、自己処理が必要な部位と必要ない部位がありますので、下記に詳細をまとめておきます。

 

VラインIラインは剃り残し避けて施術

銀座カラーでは、VラインIラインを自分で事前処理しておく必要があります。

 

この事前処理は、毛の長さが2mm以上あると「剃り残し」と判断されるため、2日以上前の処理はしないでください。

 

理想的なのは、1日前に1mm程度に、フェイスシェーバーで処理しておくことです。

 

自分で処理できないOラインは自己処理の必要がない

Oラインは、自分では手が届きにくいため、施術者が施術前に無料でシェービンをしてくれます。

 

脱毛が初めての人だと「そのままを施術してもらうのは、恥ずかしい」とOラインまで自己処理する人もいますが、施術者に任せましょう。

 

なぜなら、無理に自分で処理をして傷や肌荒れを作ってしまい、施術が受けられなくなるので気をつけてください。

 

銀座カラーの手の届かない部位のシェービング料金の設定は?

銀座カラーでは、手の届かない部位のシェービング料金が決められています。

 

この料金は、契約したコースによって無料・有料と設定が変わるため、注意しましょう。

 

「全身スピード脱毛」のシェービング料金設定について

銀座カラーの「全身スピード脱毛」コースを契約した場合は、手の届かない部位のシェービングは無料になっています。

 

ですが、こちらのコースでも、事前処理をしていないと、その部分の施術がうけられないので、忘れずに事前処理をしてください。

 

「全身リーズナブル脱毛」のシェービング料金設定について

銀座カラーの「全身リーズナブル脱毛」コースの場合は、手の届かない範囲のシェービング料金は有料です。

 

1回の施術で3,000円かかります。

 

ですから、10回30,000円20回60,000円かかりますが、コース料金の差は97,000円(税抜)程度あります。

 

この差をお得に利用するためには、家族や友達に事前処理を手伝ってもらいましょう。

 

全身脱毛コースを始めるならどちらのコースがお得?

銀座カラーで全身脱毛をはじめる場合は、「シェービングを施術者にしてもらう」か「家族や友人に手伝ってもらう」により、どちらがお得か変わってきます。

 

手伝ってくれる人が居る場合は、「全身リーズナブル脱毛」の方が97,000円お得です。

 

また、施術者にシェービングを頼む場合は、「全身スピーディ脱毛」を選びましょう。

 

金額は高くなりますが、「剃り残し」を心配や事前処理の時間がないため、ストレスから解放されるメリットがあります。

 

銀座カラーでVIO脱毛時にはシェーバーを忘れるとどうなる?


銀座カラーでは、シェービングをしてもらうためには、シェーバーの持参が必要です。

 

そのため、忘れると「シェーバーを購入する」か「その部分の施術を受けられない」ことになります。

 

Oラインはサロンでシェーバーを購入すれば施術できる

手の届かないOラインは、サロンでシェーバーを購入すればシェービングしてもらえます。

 

このシェーバーは、3,300円程度しますので3回忘れると10,000円近く無駄使いになってしまうので、注意しましょう。

 

忘れないようにするために、下記のような対策をしておくことをおすすめします。

 

1.脱毛に行く日は「このカバン」と決めて事前処理を終えたらシェーバーをしまっておくようにする。
2.予約日の前日に、携帯でアラームを鳴らすようにして、アラーム名に「シェーバーを忘れずに」と入力する。
3.毎日、必ず目に着く場所に「〇月〇日、脱毛の予約有、シェーバーと事前処理を忘れないこと」と書いた付箋を貼っておく。
4.シェーバーを2つ用意しておいて、脱毛に行くカバンに1つを入れておき、もう1つは事前処理用にする。

 

全身脱毛コースの場合は剃り残し部位を除いて施術する

全身脱毛コースの場合は、残っている部分が少なければシェーバーを購入することで、処理後に施術してもらえることがあります。

 

ですが、剃り残しの範囲が多いとその部分を除いて施術を行うことになるのです。

 

なぜなら、シェーバーを購入しても、剃り残し部分を処理する時間が長いと、「予定していた施術時間」を超えてしまうからです。

 

VIOの事前処理で注意が必要なことは?


VIOの事前処理をするときに注意して欲しいことを下記にまとめておきます。

 

自分で処理するときの参考にしてください。

 

肌が荒れるので締め付ける下着は控える

脱毛時に肌が荒れていると、施術が受けられないことがあります。

 

そのため、肌を摩擦して色素沈着の原因になるため、脱毛期間中は締め付けが強い下着や服はさけます。

 

デートやお出掛けでおしゃれな下着や、補正下着を着ける必要がないときは、ゆとりのある下着ですごしましょう。

 

I ラインの剃り残しをなくすコツ

Iラインはゆるくカーブしているため、事前処理をするときはコツが必要です。

 

シェーバーでカットするときは、下記の方法を試してください。

 

1.お風呂上りかホットタオルを3~5分程度あてて温める。
2.処理する部分を確認できる「固定できる鏡」を用意しておきます。
3.明るい場所で処理を始めます。
4.毛の流れにそって、シェーバーをあててカットします。
5.Iラインの粘膜の際は、肌を手で伸ばしながら処理します。
6.処理後はシェーバーを当てた部分を冷たいタオルで冷やして炎症をおさえる。
7.保湿成分が入った化粧水やクリームで保湿をする。
8.締め付ける下着は着用を控える。

 

上記の手順で、焦らずに処理をしていきましょう。

 

また、シェーバーの切れ味が悪くなったら、新しい替え刃に交換をしておきます。

 

ハサミとシェーバーで処理をする

事前処理を行うときに、長い毛がある場合はハサミで5mm程度にカットしてから、シェーバーで処理をします。

 

散髪用のハサミは切れ味が良いのですが、間違って肌を切ってしまうことがあるため、安全ではありません。

 

事前処理に使用するハサミは、鼻毛カット用やまゆげカット用の先が丸くなっているものがおすすめです。

 

剃り残しがないか鏡を見てチェックする

事前処理を終えたら、明るい部屋で剃り残しがないか、チェックします。

 

自分で剃れていると思っていても、ゆっくりチェックすると意外な部分に「剃り残し」が見つかることもあるので、じっくり確認しましょう。

 

チェックに使用する鏡は、自立式で角度が変えられるものが便利です。

 

まとめ


銀座カラーでVIO脱毛をする場合は、「剃り残し」や「剃り忘れ」のないようにしてください。

 

当日キャンセル扱いになると、2,000円のキャンセル料金1回分の消化になってしまうので、もったいないです。

 

また、シェーバーを忘れないための対策も活用して、快適な脱毛ライフを過ごしてください。