ミュゼのVIO脱毛は薄くするのと全剃りどちらがおすすめ? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

ミュゼのVIO脱毛は薄くするのと全剃りどちらがおすすめ?


VIO脱毛と言えば、すべてのムダ毛を剃ってハイジニーナにするものと思い込んでいませんか? 女性が成人すれば、VIOの毛が生えているのは自然な状態。

 

わざわざ脱毛サロンですべての毛を脱毛してしまうと、かえって不自然に見えるような気がしますね。

 

しかし、脱毛サロンでVIO脱毛に通うすべての女性がハイジニーナ(無毛状態)にしているわけではありません。

 

VIO脱毛は全剃りより薄くするのが人気?


実は逆三角形やスクエア(台形)型など、一部の毛を残して自然に仕上げるデザインの方に高い人気があります。

 

またデザインにこだわらず、VIO部分の毛を薄くしたいだけの方もいるのです。

 

今回はそんなVIO部分の全剃りやハイジニーナに抵抗がある方が、自然に薄くVIO脱毛を仕上げるために必要な知識についてご紹介します。

 

失敗せずに理想のデリケートゾーンを手に入れるための参考にしてください。

 

ミュゼのVIO脱毛で自然に薄くするのに必要な施術回数は何回?

ミュゼプラチナムのVIO脱毛ではハイジニーナのような無毛状態まで脱毛することもできますが、自然にVIOを薄くすることもできます。

 

ミュゼプラチナムは希望の毛のボリュームやデザインに合わせて、柔軟に対応してくれるのが嬉しいですね。

 

ミュゼでは6~8回

実はVIOを薄くする程度ならそれほど多くの施術回数は必要ありません。

 

ミュゼプラチナムでは少ない人なら6回、多い人でも8回も照射すればだいたい希望の薄さにまでVIOの毛のボリュームを減らすことができます。

 

他の脱毛サロンでも6~8回程度で思い通りの薄さになることが多いようです。

 

クリニックのような医療脱毛では1~3回

一方、高い出力でムダ毛の毛根を破壊できる医療脱毛クリニックでは、さらに少ない施術回数で、VIOを希望通りの薄さにすることができます。

 

少ない施術回数の方なら1回、多い方でも3回程度が目安です。

 

自然に薄くするだけなら、施術回数も少なめで費用も安くなる

VIO脱毛では、つるつるすべすべ状態(ハイジニーナ)にまで仕上げるとなると18回程度(3年間が目安)と多くの施術回数が必要となります。

 

しかし薄くする程度なら施術回数も少なくて済むため、費用も安く脱毛完了までの期間も短くて済みます。

 

6回程度を目安にするなら、およそ1年程度で理想の薄さが手に入ります。

 

ミュゼのVIO脱毛で全照射したら生えてこなくなる?

実際のところ、ミュゼでVIO部分すべてに光を一度でも照射したら、ムダ毛が生えてこなくなってしまうのでしょうか? 薄くしたいだけなのに、たった1回の施術でムダ毛が生えなくなってしまっては取り返しがつきませんね。

 

クリニックの医療脱毛や脱毛サロンの光脱毛はたった1回の施術で生えなくなることは無い


しかし、医療脱毛や脱毛サロンの脱毛はその仕組み上、たった1回照射しただけでムダ毛が生えなくなることはありません。

 

クリニックや脱毛サロンの施術は、基本的にムダ毛に光やレーザーを照射して、ムダ毛に含まれるメラニン色素(黒い色)を熱に変えることで毛根にダメージを与えていきます。

 

クリニックでは高出力で照射できるため、毛根を破壊しムダ毛は二度と生えない状態にできます。

 

脱毛サロンでは法律上毛根を破壊するような高い出力で照射することは認められていません。

 

このため低出力でじわじわと毛根にダメージを与えていくため、脱毛完了まではクリニックよりも多くの施術回数が必要となります。

 

しかし、施術1回当たりのレーザーや光で脱毛できるムダ毛は全体のうちのほんの一部。

 

ほとんどのムダ毛は皮膚の奥に眠っているため、照射しても脱毛効果は期待できないからです。

 

このため、クリニックや脱毛サロンでは、お肌表面にムダ毛が顔を出すタイミングを狙って、何度も照射を重ねる必要があります。

 

こうしてお肌の奥に眠っているムダ毛もすべて照射できたとき、ムダ毛がすべて抜け落ちて脱毛が完了するのです。

 

脱毛サロンでもクリニックでもデザインに関わらず最初は全剃り・全照射が一般的

実はミュゼではVIO部分を薄くするだけでも、コース最初の1、2回はVIOすべてを全剃り(すべての毛を剃ってしまうこと)して照射する必要があります。

 

単純にVIOを薄く残したいだけなのに、なぜ全剃りが必要なのか疑問に感じる方もいるでしょう。

 

しかし、ミュゼではハイジニーナを希望する方だけでなく、ナチュラルにトライアングルやVラインを残したい方でも、コースの最初は全剃りして全照射を行います。

 

初めに全照射するメリットはフワフワの柔らかな毛質になること


元々生えているVIOの毛は固くゴワゴワしているもの。

 

実は全剃りしてから全照射すると、VIOの毛質自体が変化してフワフワした柔らかな手触りに変化します。

 

このようにムダ毛の毛質を変化させることがコースの最初に全剃りする理由の一つです

後からデザインを残しても、毛量が減って脱毛箇所と自然に馴染むメリットも

もう一つのメリットは、コースの最初に全剃りしてから全照射することで、VIO全体の毛のボリュームの毛が減り、後に脱毛した範囲の箇所と馴染みやすくなることです。

 

このため、毛が濃い人は特にこの全剃りする過程が大切になります。

 

全照射をして希望のVIOの濃さ、毛質になったことを確認できたら、今度は自分が残したいデザインの一㎝内側まで自己処理を済ませてから照射を重ねていきましょう。

 

こうすることで、残した箇所と脱毛した箇所がよりきれいなグラデーションに仕上がります。

 

元々VIOが薄い人は全照射すると薄くなりすぎて失敗することも

VIOの毛のボリューム調整や毛質改善に不可欠な全剃りですが、元々VIOが薄い方は要注意。

 

全剃りすることで、希望よりも薄くなりすぎてしまうリスクがあります。

 

このため元々薄い自覚がある方は、全剃りの過程を省くのもおすすめ。

 

または全剃りは1回だけにとどめ、2回目も全剃りするかどうかは、1回目照射後のVIO状態をよく観察してから決めましょう。

 

自分の希望通りに仕上がるかどうか不安な方は、ミュゼの無料カウンセリングのときにじっくりとVIOのデザインについて相談するのがおすすめです。

 

スタッフは大勢のVIO脱毛を施術してきたプロ中のプロ

 

毛が濃い方から薄い方まで、さまざまな女性のVIOの生え方の違いを熟知しています。

 

きっと役に立つアドバイスをくれることでしょう。

 

また照射する前にスタッフと希望のデザインを相談しながら施術を進めていくと、思い通りに仕上がる可能性が高くなります。

 

Vラインを全照射したらまばらに生えてきたんだけど?


中には、VIOを全照射したあと、ムダ毛がまばらに生えてきたという女性もいるようです。

 

いったいなぜまばらになってしまうのでしょうか?

ムダ毛の成長期を迎えるタイミングがばらばらなので一時的にまばらになることも

実はクリニックでも脱毛サロンでも、レーザーや光は成長期のムダ毛にしか効果がありません。

 

このためたとえお肌に光やレーザーを照射しても、成長期を迎えていない毛には脱毛効果が期待できないのです。

 

しかし、ムダ毛が成長期を迎えて表面に姿をあらわすタイミングはばらばら。

 

1本1本のムダ毛がそれぞれ違うタイミングで伸びたり抜けたりしています。

 

このため脱毛コース最初の全照射のあと、生えてきたムダ毛がまばらに見えてもおかしくはないのです。

 

不自然な残り方の場合は照射漏れの場合も

しかし、照射したはずの箇所なのに、一部の範囲だけムダ毛が残ってしまう場合もあります。

 

脱毛の施術は人為的な作業なので、もちろん照射漏れがあったから毛が抜けないという場合もありえます。

 

不自然に毛が残っている場合は、すぐにサロンやクリニックに相談してみましょう。

 

照射漏れが原因と判断されれば、無料で再照射してもらえることもあります。

 

クリニックも脱毛サロンも施術を重ねればまだらは解消される

このように不自然なまだら現象も、数回施術を重ねることで徐々に改善されていきます。

 

まだらが解消され、自然に薄くなるまでの施術回数の目安は、ミュゼのような脱毛サロンの場合6回程度、クリニックでは3回が目安です。

 

このため、一時的にVIOがまだらになったとしても、それほど心配はいりません。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はVIOを自然に薄く仕上げたい方が失敗しないために知っておくべき基本知識についてご紹介しました。

 

ミュゼプラチナムのVIO脱毛では、たとえ1回全剃りして照射したからといって、毛が生えなくなることはありません。

 

また一時的にはまだらに毛が生えてきたとしても、施術回数を重ねることで自然に薄く仕上げることが可能です。

 

全剃りは自然なVIOデリケートゾーンを手に入れるために欠かせない作業です。

 

一時的なものなので全剃りを乗り越えて、ぜひ思い通りのデリケートゾーンを手に入れてくださいね。