永久脱毛とは? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

永久脱毛とは?

永久脱毛とはその名の通り、永久的に脱毛効果が続くことを期待できる脱毛法として知られています。


ムダ毛の処理は手間もかかるし肌にも負担がかかる…。そうお考えの方にオススメしたい永久脱毛をご紹介します。

永久脱毛とは?

「永久脱毛は一生毛が生えてこない」と思っていませんか?

永久脱毛の定義は「脱毛施術後に一定量の毛が減っていること」を意味しています。

つまり、一生毛が生えてこないのではなく、毛が減ったことにより自己処理の必要性が減った状態と考えると良いでしょう。
ニードル脱毛
古くから脱毛法として用いられてきた方法が、このニードル脱毛です。

ニードル脱毛とは、毛穴に針を直接刺して電流を流し、毛根を破壊して脱毛するという方法です。1本1本の毛根を破壊するので、確実に脱毛することができる唯一の永久脱毛と言えます。

脱毛効果が高いニードル脱毛ですが、針を刺す際に強い痛みを感じることや費用が高額であること、時間がかかる等の理由で現在はあまり用いられていません。
皮膚科で可能!医療脱毛クリニック
医療脱毛クリニックや美容皮膚科でできる脱毛法が「レーザー脱毛」です。

レーザー脱毛とは、毛母細胞に栄養を与える役割を担う毛乳頭に刺激を与えることで毛の成長を絶ち、生えてこないようにする脱毛法です。

毛が生え変わるサイクルである毛周期に沿って施術をすることで、より高い脱毛効果を得ることができます。


脱毛サロンで用いられている光脱毛と光を照射するという方法は同じですが、照射パワーはレーザー脱毛の方が格段に強くその分効果もあらわれやすいというメリットがあります。

その一方で、脂肪が少ない顔や剛毛なVIOなどの施術には痛みを伴う場合もあります。

実際、光脱毛とレーザー脱毛の両方を体験した人からは、レーザー脱毛の方がは痛みが強いといった声が多くあります。
脱毛サロン
脱毛サロンでは光脱毛が用いられています。先の項でもご紹介した通り、光脱毛はレーザー脱毛と比較すると照射パワーが弱く、永久的な効果は期待できません。

それもそのはず、光脱毛は「減毛」「除毛」処理と考えられています。

繰り返し施術を受けることで徐々に毛が減る(薄くなる)ことはありますが、永久的ではなく期間を空けてまた再生する可能性も否定できません。

ただ、一時的だとしても毛が減り自己処理の必要性を減らすことができれば自己処理に対するストレスは激減します。

脱毛サロンはレーザー脱毛よりも料金が安く、有名サロンが多いため通いやすい・手頃である点はメリットと言うことができるでしょう。

自宅で簡単!脱毛器

脱毛するために人に肌を見せることに抵抗があるという方もいるでしょう。部位によっては絶対に人に見られたくない!ということもありますよね。

自宅で永久的な脱毛効果を得ることができる脱毛器はないのでしょうか?現在販売されている脱毛器の種類をみてみましょう。
自宅ニードル脱毛器
自宅でニードル脱毛ができれば…とお考えの方もいるでしょう。

結論から言うと、自宅でニードル脱毛を行うことはできません。

それもそのはず、ニードル脱毛は医療行為であり、施術を行うためには資格が必要となります。

そのため自宅用のニードル脱毛器は販売されていません。

万が一販売されていた(手元にあった)としても、無資格者が施術を行うと、やけどやシミなどの肌トラブルに繋がる危険性があることから安易に手を出さないようにしましょう。
フラッシュ脱毛
フラッシュ脱毛とは、脱毛サロンでもよく用いられている脱毛方法でありつまり「光脱毛」のことを指します。

永久的な効果は期待できないまでも、減毛処置としては有効です。

自宅用フラッシュ脱毛器の中では、ケノンやイーモリジュなどが有名です。家電量販店はもちろん、大手ショッピングサイトでも販売されています。
サーミコン脱毛
サーミコン脱毛は、熱エネルギーを利用した脱毛法であり、熱線が毛に触れることで毛がカットされる、カミソリと同様の除毛法ですが施術時に焦げ臭いにおいがするというと特徴があります。

もちろん永久的な効果は期待できず、あくまで一時的な処置として用いられています。

永久脱毛 人気の部位

永久脱毛をするとしたら、みんなはどの部位をしているの?

気になりますよね。

そこで、永久脱毛の人気部位をご紹介します。
両ワキ
永久脱毛の部位として人気があるのは両ワキです。

処理が面倒である上、毛が再生しやすくその上他人の目線が気になる部位でもあることから、まずはワキの脱毛から…と考える方が多いことにも納得です。

ワキは自己処理を続けていると色素沈着を起こしやすい部位であることからも、永久脱毛でキレイにしたいですよね。


また、人気の理由の一つに「料金の安さ」もあります。ワキは脱毛部位の中でも比較的範囲が狭いこともありクリニックによっては格安の料金設定がとられている場合もあります。

キャンペーンや割引特典として用いられることもしばしば…。


脱毛初心者の方や、レーザー脱毛の効果を試してみたいという方には最適の部位と言えるでしょう。
両脚
ひざ下やすねの毛といった両脚の脱毛も人気があります。

女性は脚が露出するスカートを日常的に履くことが多いこともあり、両脚のムダ毛に悩まされたくないという方が多いようです。

スカートから見えた女性の脚にムダ毛があることを発見してしまうと、何となくげんなりしてしまいますよね。

もちろん、両脚全てを脱毛する方もいますが、人目につきやすいひざ下のみを選択する方もいます。

脚は比較的痛みも感じにくく肌トラブルも起こりづらい部位であることも選ばれる理由かもしれません。

口まわり
口まわりのうぶ毛、気にしたことはありませんか?

女性に口まわりの毛が生えていると幻滅されてしまうかも!?と気になる部位です。

その上、剃ったり抜いたり…という自己処理法では毛が余計に太く濃く目立ちやすくなってしまうことから、自己処理の際に注意が必要な部位でもあります。


人に見られる機会が多い部位であることからも、永久脱毛をしておきたいという方が多いことにも納得です。
VIO
最近女性の間で密かに人気があるのがVIOつまりデリケートゾーンの脱毛です。

異性の目やプールや海などレジャー対策としてキレイにしておきたい方はもちろん、生理中のムレや痒みなど衛生面やニオイ対策として脱毛する方も多くみられます。

また、実はデリケートゾーンの脱毛は男性にも人気があります。

男性にVIO脱毛!?と思われる方もいるかもしれませんが、お尻や太ももまで毛が続いている毛が濃いタイプの人は、まとめてキレイにしたい!とVIO脱毛をする人が多いようです。

ただし、VIOは部位の中でも特に剛毛で量が多いという特徴があることから、痛みを感じやすい部位でもあります。

特にレーザー脱毛は出力が強い分痛みが強いと言われているので他の部位とは違う痛みがあると考えておきましょう。

レーザー脱毛を行う場合、施術場所は医療クリニックであることから麻酔を使用してもらうこともできます。

出力を下げることで痛みを軽減できる場合もあるので、どうしても痛みが強い場合は、我慢せずにその旨伝えることをオススメします。
ひげ
最近では、男性を対象とした脱毛サロンやクリニックも増加しています。

部位の中でも特に人気があるのはひげ脱毛です。

ひげは、男性の象徴でありながら毎日自己処理しなければならない部位でもあります。

ひげが特に濃い人や青髭タイプの人、カミソリによる自己処理でカミソリしてしまう人など様々な人がひげ脱毛施術を受けています。

ただ、脱毛する場所によってはひげが対象部位ではない場合もあるため、ひげ脱毛をメインにしているサロン・クリニックを選ぶと安心です。

まとめ

「キレイになりたい」のは、女性に限らず男性もが持っている願いです。

部位に限らず、ムダ毛が生えていると清潔感がない・だらしないイメージがついてしまう場合もあることから放っておくのは危険ですよね。


永久脱毛は、一生毛が生えてこないわけではないとしても、自己処理の必要性が減り、ムダ毛を気にせず生活できるという意味ではほぼ永久的と言っても過言ではありません。

脱毛することが珍しいことではなくなった現代においては、随分と手頃な料金で永久脱毛をすることができるようになりました。

「もうムダ毛で悩みたくない」という方には永久脱毛で自信を取り戻しましょう!