湘南美容クリニックのVIO脱毛は生理でも受けれるって本当? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

湘南美容クリニックのVIO脱毛は生理でも受けれるって本当?

湘南美容クリニックは生理でもVIO脱毛ができる?生理による予約変更とキャンセル方法

脱毛サロンやクリニックに通っている人や、脱毛を考えている人の中には「生理が不規則で悩みを抱えている」場合もあります。

 

そして、「予約した日に生理がこないといいけれど」と不安な気持ちで過ごしているのです。

 

湘南美容クリニックでは、「生理時もVIO施術が受けられる」ので、生理が不規則な人でも安心して通うことが可能です。

 

今回は、湘南美容クリニックのVIO脱毛と生理時の施術の注意点について、説明をしていきます。

 

湘南美容クリニックでは生理中もVIO脱毛が受けられる

湘南美容クリニックは、生理時もVIO脱毛が受けられますが、条件や注意が必要なこともあります。

 

下記の条件や、注意事項を考えた上で施術を受けるか決めてください。

 

VIO脱毛をする場合はタンポンの使用が必要

湘南美容クリニックで、生理時にVIO脱毛をするためには、「タンポンを使用」することが条件としてあります。

 

そのため、タンポンの使用ができないと施術が受けられないため、覚えておきましょう。

 

生理中の施術時の格好は、普段と変わらず「施術ワンピースに紙ショーツを着用」します。

 

違うのは、タンポンを使用するところだけです。

 

また、タンポンに不慣れな場合は、無理をして施術を受けないようにしてください。

 

なぜなら、正しい位置に入っていない場合、施術中に経血が漏れてくるためです。

 

※生理の量が多い日でも、生理用シリコンカップを使用している人であれば、漏れる心配がありません。

 

2018年現在では、通販で手軽に購入が可能です。

 

価格も1,000円以下なので興味がある人は試してみましょう。

 

ナプキンの使用はできない

生理中でもVIOの施術が受けられるなら、「ナプキンを着けてVIOの施術が受けられる?」と思ってしまいがちです。

 

ナプキンの使用は、施術する箇所にあたっているため、ムレや細菌が感染する可能性などを考慮して、施術を行っていません。

 

これは、VIOやおしりの施術時の場合なので、他の部位の施術は「自前のショーツにナプキンを使用」して施術が受けられます。

 

鎮痛剤の服用も確認をしてOKが出れば施術できる

生理痛で鎮静剤を服用している場合は、薬の名前を看護師に伝えて念のため確認をしてもらいましょう。

 

ほとんどの鎮静剤の場合は、施術が可能です。

 

また、継続して服用している飲み薬や塗り薬がある場合は、施術前に伝えておいてください。

 

薬の成分によっては、脱毛の施術で副作用を起こす可能性があります。

 

生理の量が多いときは施術を延期しましょう

VIO脱毛時に生理の量が多く、タンポンから経血が漏れてしまう可能性がある場合は、術を延期しましょう。

 

施術前に、看護師に「生理中なのでタンポンを入れてきました」と伝えれば、気遣って施術をおこなってもらえます。

 

万が一、タンポンから経血が漏れても拭き取って施術を進めますが、衛生的ではありません。

 

また、量が多いと「匂いが気になる」ため、施術者へのマナーとして延期を考えてみましょう。

 



生理中のVIO脱毛は効果が下がる2つの理由

生理中は、脱毛効果が下がるとされていますが、2つの理由があります。

 

この理由について、説明をしていきます。

 

1.生理中はホルモンバランスがくずれるため

女性は、生理がはじまるとホルモンバランスが不安定になります。

 

これは、生理の1週間前くらいから「肌の状態が不安定になるホルモンが増加」するためです。

 

また、生理が終わった7~10日後の期間には、肌の状態が良くなり脱毛効果が上がります。

 

ですから、脱毛を効果的に進めたい場合は、生理後7~10日後の施術がおすすめです。

 

2.生理中は施術の出力をさげての照射になるため

生理中の肌の状態は、普段よりも刺激に対して敏感になっています。

 

このため、「施術時は照射の出力を下げる」ので、普段よりも効果が減ってしまうのです。

 

これは、VIO部位だけでなく全身に対しての施術に対しても同じです。

 

生理中は VIO以外の施術も避けた方が安全

生理中の施術は、VIO以外の部位も避けましょう。

 

実際に生理中に、全身脱毛をした人の中には、下記のトラブルがおきたケースがあります。

 

1.生理中なのを伝えずに、腕とワキの施術を受けたら、いつもより痛かった
2.生理中に、VIOを避けて施術を受けたら赤くなった部分があった
3.生理中に、施術を受けたら照射した部分の毛が、抜けてこないところがあった
4.生理初日にVIOの施術を受けたら、2~3日目の量が多くなったときにかぶれてしまった
5.生理が終わりかけだったのでVIO施術をうけたら、思っていたより量が多くて施術着を汚してしまって恥ずかしかった


 

上記のように肌トラブルの心配や、出力を弱めるために施術効果が下がる可能性があります。

 

できれば、VIO以外の部位も施術を延期してください。

 

しかし、「多忙で先の予定が決められない」という場合は、リスクを承知の上で施術を受けることができます。

 

初診時のカウンセリングで、生理時にどうするべきか相談しておきましょう。

 


 

湘南美容クリニックで生理によるキャンセル・予約変更の方法


「急に生理がきてしまった」「そろそろ生理になりそうかな」と思ったら早めにキャンセル・予約変更を行いましょう。

 

湘南美容クリニックの予約をキャンセル・変更する方法について、説明していきます。

 

電話でキャンセル・予約変更の連絡をする

湘南美容クリニックのキャンセルは、専用のフリーダイヤルに電話を入れて連絡をします。

 

万が一、連絡が2日前の23時を過ぎるとペナルティが発生しますので、注意してください。

 

湘南美容クリニックのペナルティは、3,000円のキャンセル手数料です。

 

※ワキ脱毛のキャンセル手数料のみ、1,000円となっています。

 

契約している施術回数の消化はありません。

 

ですから、「体調が悪い」「急な用事ができた」場合は、キャンセル・予定変更をしておきましょう。

 

短時間の遅刻の場合は「残った時間で可能な範囲の施術が可能」なので、遅刻しそうなときは電話を入れておきましょう。

 

また、大幅な遅刻の場合は、施術は受けられない可能性があるけれど、「クリニックに行く」とキャンセル手数料が発生しません。

 

ですから、「途中まで来たけれど間に合わない」場合でも、とりあえずクリニックに行くことが大切です。

 

湘南美容クリニック フリーダイヤル:☎0120-489-100

受付時間:10:00~23:00(全日対応)

急な生理によるVIO脱毛のキャンセルでもペナルティが発生する

湘南美容クリニックでは、生理によるキャンセルでもペナルティが発生します。

 

ですから、「そろそろ生理になりそう」と思ったときは、早めにキャンセルか予約変更をしてください。

 

また、湘南美容クリニックでは生理時の施術が可能なので、「前日に生理がきてしまった」場合は、タンポンをして施術を受けることができます。

 

ですが、キャンセルをしても回数の消化はされないため、施術前に「肌トラブル」や「生理時の施術効果」について、考えましょう。

 

まとめ


湘南美容クリニックでは生理中でも、タンポンを使用するという条件で、VIO脱毛が可能です。

 

このため、当日に生理になっても、キャンセル手数料を支払わずに施術ができます。

 

そして、生理中は肌トラブルや脱毛効果が下がるリスクを踏まえた上で、施術を受けるかどうか考えておきましょう。

 

また生理中の施術は、事前に看護師に相談して照射力を調整してもらってください。