ストラッシュでVIO脱毛するときのシェービングは無料? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

ストラッシュでVIO脱毛するときのシェービングは無料?


 

ストラッシュのような脱毛サロンでは、施術の前に自己処理(ムダ毛を剃っておくこと)を済ませておく必要があります。

 

過去に脱毛サロンに通ってことが無い方でも、ひじ下やひざ下、両わきなど目につきやすい箇所の自己処理をした経験がある女性は多いのではないでしょうか?   一方、VIO脱毛の場合、どの程度まで自己処理をしたらよいかよくわかりませんね。

 

前から見えるVラインはなんとかなるとしても、IラインやOラインはどうやって自己処理したら良いのでしょうか?

 

またVIO脱毛は女性によっても希望のデザインが異なります

 

ハイジニーナ(全処理)を目指す方は別として、ナチュラルな仕上がりを期待する場合、一部の毛を残す必要があります。

 

そんなときでもムダ毛を事前に剃らないといけないのでしょうか?

 

今回はストラッシュのVIO脱毛について、みんなが疑問を感じがちな自己処理方法の解説をするとともに、ストラッシュのプランごとのシェービングサービスの違いについてご紹介していきます。

 

 

ストラッシュで初めてのVIO脱毛!自己処理(シェービング)ってどこまですればいいの?

元々薄い人以外、最初の数回は全剃りがおすすめ

VIO脱毛でハイジニーナ(すべて毛を無くすデザイン)を希望する方は、コースの最初から最後まで、全ての施術の前に全剃りしてから照射します

 

一方一部の毛を残して自然に仕上げたい方の場合、ショーツからはみ出る部分の毛のみを自己処理すれば良いと考える人が多いのではないでしょうか?

 

しかし、最終的な仕上がりの美しさを意識するなら、一部の毛を残す方も初めの数回はVゾーンすべてを全剃りすることがおすすめ。

 

このように初めの頃に数回照射しておくことで、太くて硬いVゾーンの毛質が柔らかくなり、フワフワとした手触りに変化します。

 

また、最初に全剃りして照射しておくことで、毛のボリュームが減ります

 

このため最終的に脱毛してしまう箇所と残したい箇所が自然に馴染んでキレイに仕上がります

 

ただし、元々毛が薄い人の場合、この全剃りの過程によって予定よりも毛が減りすぎてしまう場合があります。

 

毛が薄い自覚がある方は、全剃りの過程を省き、初回から一部の毛を残して自己処理をするとよいでしょう。

 

程よいボリューム、柔らかさになったら具体的に一部を残して自己処理をする

数回全剃りして全照射すると、Vゾーンの毛質が変化してきます

 

自分の思い通りのボリュームと柔らかさに変化したのを実感できたら、次の施術から具体的にデザインを作り上げていきましょう。

 

その際には、自分の希望の形の1㎝内側まで自己処理をして照射すると、最終的にキレイなグラデーションに仕上がります。

 

ストラッシュで一番人気のVラインの形は逆三角形

ストラッシュではVラインのデザインの希望を聞いてもらうことができます。

 

しかし、自分がどんなデザインにしたらいいかよくわからないという方もいるのではないでしょうか? 実はストラッシュで人気のデザインは逆三角形

 

この形ならサイズが小さいショーツをはいてもはみ出ることなく、おしゃれを楽しめるようになります。

 

水着を着ても心配いりません。

 

ストラッシュの2番人気のVラインの形はスクエア(台形)

ストラッシュでは逆三角形が一番人気であるものの、より自然な仕上がりのスクエア型(台形)も人気です。

 

スクエア型の場合、標準サイズのショーツ程度ならムダ毛がはみ出る心配はありません。

 

海外で人気のハイジニーナ(全処理)も人気上昇中

ヨーロッパなど海外ではVIO脱毛と言えば、ムダ毛すべてを脱毛してしまうハイジニーナが人気です。

 

毛をすべて無くすことで、雑菌の繁殖を抑制して衛生的になるといったメリットがあります。

 

また生理時の蒸れからも解放され、生理期間中も不快感無く過ごせるようになります

 

日本では逆三角形など自然に仕上げるデザインが人気なものの、最近はこのハイジニーナにする女性も増えています。

 

Vラインのデザインを考えるときは、Iラインとのつながりを意識して

VIOのデザインを考えるときVラインの形だけを意識しがち。

 

しかし、Iラインの前部分の毛は正面からも見えるため、Vラインの下の部分とつながっていないと、不自然に見えてしまいます。

 

このため、Vラインのデザインは、正面から見えるIラインの部分と合わせて考える必要があるのです。

 

また、下の部分が狭い逆三角形の場合、Iラインの毛をすべて無くしてしまうと、正面から見た時Iラインが丸見えになってしまいます。

 

このような場合、逆三角形の形をVラインだけで完成させず、Iラインの前部分で終了させるようにすると、Iラインが目立たなくなります。

 

自己処理の進め方がよくわからない方は、無料カウンセリングで相談するのがおすすめ。

 

スタッフは毎日何十人もVIO脱毛の施術を行うプロなので、毛のボリュームや毛質から適切な自己処理方法について、アドバイスしてもらえます。

 

Oラインはすべて脱毛する人が多い

Oラインとは、肛門周辺に生えている毛のこと。

 

なかなか自分で確認することが難しい箇所です。

 

VラインやIラインについては、一部の毛を残す人も多いですが、Oラインはすべて脱毛してしまうのが一般的

 

Oラインの毛が無くなることで衛生的になるだけでなく、Tバックなど大胆な下着を身に着けても毛がはみ出ることはなくなります。

 

ストラッシュのVIO脱毛前日までに行う自己処理の流れ


 

体の中でもVIO部分はデリケートな箇所

 

自己処理方法を間違うと、お肌を傷つけてしまったり、赤みがでてしまったりするリスクがあります。

 

ストラッシュの施術では自己処理によってお肌に炎症や傷があると、照射してもらうことができません

 

そこで、ここからは安全にVIO部分の自己処理ができるやり方をご紹介します。

 

はさみ、電気シェーバー、大きな鏡、タオルか新聞紙を用意する

VIO脱毛の自己処理をする場合、まずは道具を用意することが大切です。

 

上記でご紹介した道具をまずは準備しましょう。

 

はさみは、長いムダ毛をカットするために使います。

 

T字カミソリは安価で便利ですが、実はお肌に目に見えない小さな傷をたくさん作ってしまうため、脱毛前の自己処理にはおすすめできません。

 

ストラッシュのVIO脱毛の自己処理では、よりお肌に優しい電気シェーバーを使用するようにしましょう。

 

電気シェーバーで剃る前にはさみで毛を短くカットしておくと、シェーバーに毛が絡まらずにスムーズに剃ることができます。

 

VIO部分の場合、特にIラインやOラインは目で直接確認することが難しくなります。

 

IラインやOラインは、大きな鏡を用意し、鏡に映ったお肌を観察しながら自己処理を進めましょう

 

小さなサイズの鏡よりも大きなサイズの鏡の方が、左右のバランスまでくっきりと映し出してくれます。

 

VIO脱毛の自己処理ではしゃがみながら作業を進めます

 

硬い床の上では姿勢を維持ずることが難しい場合もあるでしょう。

 

床に新聞紙やバスタオルなどを敷いておくと、床の硬さを意識せず、作業を進めることができます。

 

自己処理の一番良いタイミングは入浴後

自己処理は、可能であれば入浴後の清潔な肌で行いましょう。

 

入浴することでお肌がうるおい、毛も柔らかくなります。

 

この状態なら、電気シェーバーの刺激を感じにくく、スムーズに自己処理を進めることができます。

 

施術のお肌への負担を考えると、施術日の前日までに自己処理を済ませておくことが理想的です。

 

毛の長いVラインは、あらかじめはさみで短くカット

VIO部分の中でも、毛が長いVラインは剃る前に電気シェーバーで短くカットします

 

こうすることで、Vラインの毛が電気シェーバーに絡まらずスムーズに作業をすすめられます。

 

カット後のVラインを電気シェーバーで剃る

Vラインの毛をカットしたら、今度は電気シェーバーで毛流れにそって、上から下に向かって電気シェーバーをあてて剃っていきましょう

 

毛が短くなったら、今度は電気シェーバーを下から上に向かって毛流れとは逆の方法にあてていきます

 

こうすることで、Vラインの毛を均一な長さに剃ることができます。

 

また、Vラインにある産毛の剃り残しもなくなります。

 

IラインはM字にしゃがんで前に鏡を置くのがコツ

Vラインの自己処理が終わったら今度はIラインに移ります。

 

Iラインは目で直接確認することが難しいので、鏡に映しながら作業を進めます。

 

M字にしゃがんだら正面に鏡を置き、Iラインがしっかりと鏡に映し出されているか確認しましょう。

 

IラインもVラインと同じように、長い毛はあらかじめはさみで短くカットしておきます

 

鏡に映ったIラインを確認しながら電気シェーバーで剃っていく

Iラインは電気シェーバーを持っていない方の手で、皮膚を引っ張りながら電気シェーバーを当てていくと、お肌が平らになりスムーズに作業を進められます

 

Oラインは鏡を地面に置き、その上にしゃがむと確認しやすい

Oラインも日常的に自己処理をしている人が少ない部位。

 

どのようにOラインを確認したらいいかよくわからない人も多いのではないでしょうか? OラインもIライン同様、直接目で確認することが難しいため、鏡を使用して毛の状態を確認します

 

Oラインの場合、鏡を地面に直接置き、その上にしゃがみ込むことで毛の様子を確認できます。

 

お尻の割れ目に剃って、外から内側に電気シェーバーをあてていくのが、スムーズに自己処理をするコツです。

 

シェービング後は保湿ケアを忘れずに

自己処理が終わったら、必ず剃った箇所の保湿を行いましょう。

 

保湿アイテムは普段顔に使用している化粧水や乳液、クリームなどで十分です。

 

VIO部分を日常から保湿している方は少ないかもしれませんが、脱毛期間中はお肌の乾燥を防ぐことで光が奥まで浸透しやすくなり、脱毛効果が高まります

 

施術1回ごとの脱毛効果を高めるためにも、必ず自己処理の後の自己処理を忘れないようにしましょう。

 

ストラッシュのシェービングサービスはどこまで?無料サービスはある?

どのサロンでも施術前に自己処理を原則自分で済ませておく必要があります。

 

しかし、全身脱毛の場合、うなじや背中、腰、ヒップ、Oラインなどの箇所は自分の手が届きにくい箇所。

 

家族や恋人に手伝ってもらえる方は別として、一人暮らしの女性には剃り残しが無い状態に仕上げるのは、難易度が高いと言えます。

 

実はこれらの箇所についてスタッフがシェービングを手伝ってくれるかどうかは、サロンによって異なります

 

ストラッシュの場合はどうなのでしょうか?

回数パックや回数無制限プランはでは剃り残しがあっても無料サービス

ストラッシュのシェービングサービスはプランによって異なることが特徴です。

 

ストラッシュのVIOを含む全身脱毛には、回数パックプランや回数無制限プランの他、ライフスタイルに合わせて、月額定額プランや都度払いプランが用意されています。

 

あらかじめ希望の施術回数を決めて通う回数パックや、期限や回数問わず通える回数無制限プランには、スタッフによる無料のシェービングサービスが付いています。

 

このため、自分のできる範囲で自己処理を済ませておけば剃り残し箇所は無料でスタッフがシェービングしてくれます。

 

剃り残しの心配をせず通えることが、これらのプランの魅力です。

 

月額定額プランや都度払いプランでは、剃り残しは施術1回毎に1,000円の有料シェービングサービス

一方、毎月定額で手軽に通える月額定額プランや、好きなタイミングに自由に通える都度払いプランには、スタッフによる無料シェービングサービスが付いていません。

 

このため、月額定額プランや都度払いプランでは剃り残しをスタッフにシェービングしてもらう場合、追加料金が発生することになります

 

施術1回毎に税抜1,000円の代金がプラン代金とは別に発生します。

 

都度払いプランの場合、一度の来店で全身脱毛1回分施術できるため、全身脱毛1回にかかるシェービング代は税抜1,000円となります

 

しかし、ストラッシュの月額定額プランは、一度の来店で全身脱毛を4分の1ずつ施術するため、全身脱毛1回完了するのに、4回の来店が必要です

 

この4回の来店すべてで剃り残しがあると、シェービング代金だけで税抜4,000円もかかってしまいます

 

ストラッシュでプランを契約するときは、このようなシェービングサービスの違いも理解した上契約することが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?今回は初めてストラッシュでVIO脱毛の施術を受ける方に向けて、具体的なVIOの自己処理方法や、ストラッシュのプランごとのシェービングサービスの違いについて解説しました。

 

普段VIOの自己処理をする人は少ないと思いますが、慣れればスムーズに自己処理できるようになります。

 

また剃り残しが心配な方は、無料のシェービングサービスが付いている回数パックプランや回数無制限プランで契約すると安心です。

 

  ストラッシュは脱毛サロンのため、医療脱毛クリニックのような永久脱毛効果はありません。

 

しかし、根気強く施術回数を重ねることで、ストラッシュでもほぼムダ毛の無いお肌になることは可能です。

 

医療脱毛クリニックの施術は、脱毛効果が高い反面施術1回当たりの料金が高く、施術時の痛みも大きくなりがち。

 

できるだけ痛みを感じずリーズナブルにVIO脱毛したい方には、ストラッシュはおすすめのサロンです

 

興味を持った方はぜひ無料カウンセリングに足を運んでみてください。