アメリカのVIO脱毛事情【デリケートゾーンの手入れは当たり前】 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • アメリカのVIO脱毛事情【デリケートゾーンの手入れは当たり前】

アメリカのVIO脱毛事情【デリケートゾーンの手入れは当たり前】


そもそも、アメリカ人はVIO脱毛しているのでしょうか。

 

その疑問にまずは答えていきたいと思います。

 

答えから言うと、アメリカ人はVIO脱毛しています。

 

日本人とは違い、ほとんどの人がVIO脱毛を行なっているようです。

 

逆にVIO脱毛していないと身だしなみのマナー的にアウトという考えの人が大半でした。

 

アメリカ人にとってはVIO脱毛は当たり前のことになっているようです。

 

また、12歳ころからすでにVIO脱毛をしているというのが当たり前で、していないと逆に恥ずかしい、不衛生というような考え方です。

 

VIO脱毛すること自体が恥ずかしいと思っているのは日本人だけなのかもしれませんね。

 

アメリカの脱毛方法は?

では、アメリカではどのような脱毛方法があるのでしょうか。

 

いくつか紹介していきます。

 

・フラッシュ脱毛
メラニン要素に反応して脱毛を行ないます。別名光脱毛とも呼ばれます。 これは毛の色が金色などのアメリカ人の場合は効果があまりないのでしないという人が多くいます。

・ニードル脱毛

・ブラジリアンワックス

 

このようにアメリカではニードル脱毛とブラジリアンワックスが主流になっているようです。

 

では、アメリカでオススメの脱毛グッズについて少し紹介していきます。

 

アメリカのオススメ脱毛グッズ

アメリカで人気の脱毛グッズというのがあるので紹介していきます。

 

・除毛クリーム
除毛クリームは日本では脱毛クリームと言われていますが、その脱毛クリームは肌のことが考えられているうえに、肌にあまり影響がないように開発されています。

 



しアメリカの除毛クリームは、アメリカ人は毛が硬く、脱毛されにくくなっています。

 

また、効果が強めに出るような成分が配合されています。

 



もちろん、VIO脱毛にも使うことができるのです。

 

なので、アメリカ開発の除毛クリームはオススメグッズの一つです。

 

気になったらぜひ、使ってみてください。

 

アメリカで人気の脱毛方法は?

アメリカで主に行われていて、人気の脱毛方法があります。

 

それが、ニードル脱毛とブラジリアンワックスです。

 

では、その二つはどのようなものなのか、人気の秘密などについて紹介していきます。

 

アメリカのニードル脱毛

アメリカのニードル脱毛はどのようなものなのでしょうか。

 


ニードル脱毛というのは日本でも行なうことができますが、今は光脱毛が主流になってきているうえに、ニードル脱毛は痛みが伴ってしまうのでやらないという人も少なくありません。

 

そんな、ニードル脱毛ですが、アメリカでも脱毛方法は同じです。

 


毛穴に針を刺して、電気を流して毛根を焼くという感じなので、メラニン色素は関係なく、確実の脱毛が可能です。

 


アメリカの国民の人種の割合として白人系が多いので黒い色素(メラニン色素)に反応する光脱毛などは肌には合わないのでニードル脱毛を行なうという人が多いのです。

 

ニードル脱毛は痛みが伴いますが、永久脱毛の効果があります。

 

また、医療脱毛よりも安くできるので日本人にもオススメの脱毛方法になっています。

 


アメリカで行なわれるニードル脱毛は電気脱毛士という人が必ず行わなくてはなりません。

 


電気脱毛士になるには専門学校に通ったりして600時間以上も勉強や実践しなくてはなりません。

 

専門知識と技術と経験を積んだ電気脱毛士だけができるので安全性が保たれています。

 

なので、ニードル脱毛をしてもいいかな?と思うようなアメリカ人が多くなっている要因の一つかもしれません。

 

アメリカのブラジリアンワックス


では、もうひとつアメリカで人気のブラジリアンワックスについて紹介していきます。

 

日本でもブラジリアンワックスをするという人は少なくありません。

 

ブラジリアンワックス専門店があるのはもちろんのこと、自宅で自分でするということもできます。

 

アメリカでも専門店もありますし、自宅でするという人がいます。

 

やり方も全く同じで、VIOの部分にブラジリアンワックスを塗ってしばらく時間をおくと固まってくるのでそれを引っ張って剥がすだけになります。

 

やはり、色素が薄いので日本でメジャーの光脱毛ができないという人がいます。

 


なので、自宅でも簡単にできて、オーガニック成分を使ったブラジリアンワックスをするという人がたくさんいるのです。

 

アメリカの脱毛の料金は?安全面は?

そもそも、アメリカの脱毛の料金はいくらくらいになっているのか、安全面というのは大丈夫なのかについて紹介していきます。

 

料金について

まず、料金についてですが、ニードル脱毛は脱毛サロンでしか行うことができないのでそれ相応のお金が取られるのでは?というようなイメージがあるでしょう。

 

しかし、日本ほど高額の施術料金が取られることはないようです。

 


下手すれば、数千円でできた!なんて人もいます。

 

一方、ブラジリアンワックスはというとこれも日本よりも安くなっており、市販で売られているものかなりの量が売られています。

 

いつでも、手軽にすることができるニードル脱毛・ブラジリアンワックスは、VIO脱毛を当たり前にしているアメリカだからこそ低価格で提供しているのでしょう。

 

安全面は?

では、料金については知っていただけたと思うので、安全面について紹介していきます。

 

ニードル脱毛は先ほども紹介したように、電気脱毛士という資格を取得しなくてはならないので、素人が行うということはありません。

 


  実践も十分にしているので安全に脱毛することができます。

 


  ブラジリアンワックスは特に資格が必要ではありませんが、エステサロンなどで働いている人が行なっていますし、ブラジリアンワックスを専門店で行なうという人も少なくないので、慣れている人が多いです。

 

なので、安全に行うことができますし、もし、心配な場合は自宅で自分でブラジリアンワックスをしてもいいのではないでしょうか。

 

日本とアメリカのVIO脱毛の違いは?


日本とアメリカのVIO脱毛ではどのような違いがあるのかについて紹介していきます。

 

・アメリカの方がメジャーである
・日本では光脱毛や医療脱毛が定番だが、アメリカではニードル脱毛、ブラジリアンワックスがメジャー
・そもそも、日本人とアメリカ人ではメラニン色素が違う
・ニードル脱毛がアメリカの方は電気脱毛士しかできない
・料金がアメリカの方が安い
このような違いがあります。

 

もちろん、根本的にVIO脱毛が当たり前か当たり前ではないかという時点で考え方が違ってきます。

 

また、体質によって脱毛方法も違ってくるのでどの脱毛方法があっているのかというのを自分で判断しなくてはなりません。

 

しかし、アメリカで行なわれるニードル脱毛は電気脱毛士が行うので安全性も高いので、日本人が試してみてもいいかもしれません。

 

アメリカで日本人もVIO脱毛できるのか?

アメリカで日本人もVIO脱毛できるのかというと、もちろんすることができます。

 



しかし、アメリカ人の肌質と日本人の肌質はどうしても違ってくるので肌に合う、合わないがあります。

 


特に、ブラジリアンワックスは使っている成分が違う場合があり、アメリカの方が少し強めの成分を取り入れていることもあるので専門店で行なう場合はきちんとカウンセリングしてもらうようにしましょう。

 


一番いいのは日本人はきちんと日本人の肌を理解している日本の脱毛サロンで脱毛してもらうほうが安全性も高く、いいかと思います。

 


しかし、試しにやってみたい!ということであればアメリカでも脱毛することができるので試してみてもいいでしょう。

 



まとめ

アメリカのVIO脱毛事情について紹介してきました。

 

やはり、国も違えば、VIO脱毛の考え方も違うのですね。

 

日本とは違って、VIO脱毛をするのが当たり前という考えもあり、メラニン要素あるかないかで肌質も違うのでメジャーな脱毛方法も違います。

 

日本人がアメリカで脱毛することも可能なので機会があれば試してみるのもいいかもしれませんね。

 

ぜひ、参考にしてみてください。