サロンより安いおすすめ医療全身脱毛はどこ?痛みの対処法は? 脱毛ひつじ

脱毛サロン比較なら脱毛ひつじにおまかせください。
人気の脱毛サロン20社からあなたにぴったりのサロンがきっと見つかる!

Line

はてなぶ

  • HOME
  • サロンより安いおすすめ医療全身脱毛はどこ?痛みの対処法は?

サロンより安いおすすめ医療全身脱毛はどこ?痛みの対処法は?


既に全身脱毛サロン通いをしているけどイマイチ効果がわかりづらい、あるいは、これからスマートフォンを使ってサロンの初回カウンセリングのネット予約申し込みしようと思ったけど効果に満足できるか不安…

このように、サロン脱毛効果に不安を持つ人が次に検討するのが病院、クリニックで行われている医療レーザー全身脱毛です。

しかし、医療全身脱毛は施術費用が高過ぎて手が出せない、痛みがに耐えられるか不安、と思い込んでしまっている人も意外に少なくありません。

今回は、サロンより安く全身脱毛が受けられるおすすめクリニックのご紹介と、そして医療全身脱毛を行う上で心配な「痛みに対する対処法」を、当編集部が実施した医療脱毛経験者のアンケート結果を元に検証致します。


近頃の医療全身脱毛料金は脱毛サロンの全身脱毛と料金が大差ない?


つい数年前までは、医療脱毛と言えば定番部位の脚セット腕セットで7~80万、全身脱毛なら100万近くする料金も覚悟しなければならないイメージがありましたよね。

しかし、現在その状況は一変し、近年では美容皮膚科、美容整形外科、美容外科などの医療全身脱毛コース料金相場が驚くほど下がったんです。


その背景には、全身脱毛の激安専門脱毛サロンが東京・大阪などの都市部から全国に一挙に拡大し、昔は高過ぎて手が出なかった全身脱毛が一般に普及するほどの適正価格になったことが挙げられます。


そして、全身脱毛の価格相場が一挙に下がったと同時に、今では女性専用脱毛サロンばかりでなく、男女OK、男性限定のメンズ脱毛サロンなども軒並み増え、今、全身脱毛がひとつのブームになってきました。


このような脱毛ブームの中、サロンに脱毛顧客、来院数をうばわれたクリニックもこれに追随するように元々の価格相場を下げ、美容サロンと美容クリニックで全身脱毛客の争奪戦が繰り広げられ、双方価格を競い合うようになったのです。


通う側にとっては、全身脱毛コースの選び方が広がったことになりますので、さらにこれまでより有利な条件で全身脱毛コースを選択できる喜ばしい状態になりました。


医療脱毛とサロン脱毛料金は回数で単純比較できない


医療クリニックの全身脱毛と脱毛サロンの全身脱毛、それぞれ肝心の料金体系はどのぐらい差が出ているものなのでしょうか。

この2つの料金を比較する前に、事前に知っておいてほしいことがあります。



それは、医療脱毛とサロン脱毛の全身脱毛コースの施術回数プランの数だけで料金を単純比較はできないということです。


なぜなら、医療脱毛とサロン脱毛は似ているようで施術自体が全く別物で、それぞれ使用機械が異なるため、脱毛完了までの照射回数と期間が異なるからです。


では、これらの違いを具体的に次の表にまとめますね。
使用機械 脱毛方法 脱毛完了回数
医療
脱毛
医療レーザー
脱毛機
毛根組織を
破壊
5~6回
脱毛
サロン
光フラッシュ
脱毛機
毛根にダメージを与えるのみ 15~18回

まず、医療脱毛と脱毛サロンが明らかに異なる点は「マシン」です。


一般的に医療脱毛は医療レーザー機でレーザー治療という形での施術を行い、脱毛サロンは光IPLフラッシュ脱毛というマシンを使って施術を行います。


どちらも光の熱が発するパワー(光エネルギー)を利用して脱毛をするところは同じですが、医療レーザー施術は毛根組織を破壊してしまう方法で、一方の脱毛サロンの光フラッシュIPL脱毛施術はあくまで毛根にダメージを与えるだけの方法になります。



そのため、脱毛サロンで脱毛を完了するには、コース終了まで医療脱毛の3倍以上の施術期間と回数が必要になります。

通常、医療脱毛の完了とされる平均照射回数は5~6回サロン脱毛の完了とされる平均回数は自分でのムダ毛処理が楽になる程度までで12回、完全に完了とされる平均照射回数は15~18回ほどとされています。

脱毛するからには、当然ムダ毛処理が不要になるまでの状態=脱毛完了の状態を目指したいですよね。

医療脱毛と脱毛サロンの料金を比較する場合は、脱毛完了までに総額がいくらかかるのかを基準に費用を判断するのが適切でしょう。



とにかく医療全身脱毛が安いおすすめクリニックは?


それでは、医療クリニック3社の顔無し全身脱毛5回コースと、脱毛サロン3社の同じく鼻下などの顔セット無し、対象部位がほぼ同等条件の全身脱毛12~18回コースの料金シミュレーションを公式サイトに掲載されている料金体系で徹底比較してみましょう。


クリニックVSサロン3社の全身脱毛価格を比較すると?


まずは、脱毛サロンの料金から見てみましょう。

ここではテレビCMや全国のおすすめサロン情報で脱毛機械の質、施術スタッフ対応、技術、サービス面、共にクオリティが高いことで評判の銀座カラー、キレイモ、ミュゼプラチナムの人気脱毛サロン3社を例に挙げてみました。

全国店舗展開している大手脱毛サロンです。

・大手脱毛サロン全身脱毛料金表
VIO込・顔セットあり※キレイモのみ顔セットあり

サロン 料金総額(税抜) 回数 VIO
銀座カラー
¥197,650
(年6回)
¥295,000
(年8回)
無制限
¥290,050
(年6回)
¥382,000
(年8回)
無制限
キレイモ
¥212,040 12回
¥290,700 18回
ミュゼプラチナム
¥375,580 12回
¥526,629 18回

こちらを見ると、これらの大手脱毛サロンに自己処理がほぼ不要の12回、完了回数とされる18回コースでも20万~30万円後半はかかってきます。

キャンペーンをたくさんやっていて安いイメージがある最大手のミュゼも全身脱毛は18回だと50万円以上しています。

ローンや月額制プランなどをしようしたら安くても総額で見ると、決して「安い」とは言えない費用総額になります。


つぎに、医療脱毛クリニックの全身脱毛の料金プランを見ていきましょう。

全身脱毛のコース料金が安く、施術スタッフも全員女性の施術が受けられ、おすすめクリニックランキング上位の人気院であるレジーナクリニック、湘南美容クリニック、アリシアクリニック、クレアクリニック、リゼクリニックの5院です。

・医療脱毛クリニックの全身脱毛料金表
クリニック 料金総額(税抜) 回数 VIO
レジーナクリニック
¥273,000 5回
¥369,000 5回
リゼクリニック
¥331,481 5回
¥368,519 5回
湘南美容クリニック
¥322,222 6回
クレアクリニック
¥349,920 5回
¥361,655 5回
アリシアクリニック
¥422,111 8回
なし
※全てVIO込み・顔セットなしプラン


このクリニックごとの料金比較表を見ると、レジーナクリニックの料金は、初回限定キャンペーン価格で税込20万円台、VIO無しのコースなら18万ほどの全身脱毛コース料金もあります。

そして、アリシアクリニックの料金は30万円台前半、他院と違うクレアクリニックこだわりの医療全身脱毛コースも30万円台半ばという、これまであり得ないリーズナブルさで憧れの医療全身脱毛ができちゃえるんです。
(*詳しいクリニック個々のキャンペーン情報は個々のクリニックの公式HPをチェックしてみてください。)


この程度の低予算なら、現金、クレジットカードの一括払いでも何とか払えそうなほどの支払い金額で全身脱毛5回コースを組むことができますよね。



もちろん、一括払いでのまとまったお金を用意することがが難しい人には、月々払いの月額プラン、メディカルローンなどの分割払いでの支払い方法を選択することも可能ですのでこの点は個々のクリニックで気軽に相談が可能ですよ。

他にも全身脱毛1~3回の初回トライアル価格が都度払いで試せる人気プラン、通常料金よりお得な割引プラン料金、割引クーポンが適用可能なメニューのある完全個室の大手美容クリニック、美容皮膚科なども続々登場しています。


「医療脱毛クリニックの全身脱毛は高すぎて行けない!」という気持ちも少し和らいだのではないでしょうか。

医療全身脱毛は永久?サロンの回数無制限との違いは?


サロン脱毛よりこんなに安く医療全身脱毛が受けられるクリニックがこんなにあることがお分かり頂けたところで、次に気になる点としては「本当に医療全身脱毛5回で脱毛完了するの?」という事ではないでしょうか。


確かに医療脱毛経験者のweb上でよく目にする口コミ体験談の中には、永久脱毛であるはずの医療全身脱毛を5回通ったのにムダ毛がまだ残っている…という声がけっこうあります。


こういった口コミを目にしてしまうと、医療脱毛って永久脱毛のはずなのになんで?疑問がわいてきますよね。


さらに、全身脱毛専門サロンの中には、脱毛通いたい放題、回数無制限、有効期限5年保証、という何とも魅力的な条件を付けているコースがたくさんあります。


永久脱毛であるはずの医療脱毛に5~6回通っても脱毛が完了しないなら、気が済むまで何回でも通える回数無制限プランの方がなんだかお得で安心な料金システムに感じますよね。


一体、医療全身脱毛とサロンの回数無制限はどっちが確実性があるのでしょうか、次の項でこの点を詳しく解説いたしましょう。


永久脱毛=永久に毛が生えてこないという意味ではない


そもそも「永久脱毛」という言葉の本当の解釈をご存じでしょうか。

実は永久脱毛という言葉は、「永久に毛が生えてこない」という意味ではないんです。

日本美容外科学会も推奨している、脱毛発祥のアメリカ電気脱毛協会の永久脱毛( 英語ではpermanent hair removal)の公式解釈では、「永久脱毛とは最終脱毛から1ヶ月後の毛の減毛再生率が20%以下である脱毛法」と定めされています。

20%の再生率とはかなり高い確率ですので、これなら脱毛サロンも該当することになります。

さらに、日本の厚生労働省では「永久脱毛」についての解釈を、以下のように法的にも線引きしています。

・日本国内で永久脱毛と表記できる要件

1.毛乳頭組織を破壊する脱毛方法であること
2. 治療、施術者は医師免許をもった医師(ドクター)・ 医療従事者である専門看護師のみが行うこと

このように日本国内での「永久脱毛」は、1,2に該当する医療脱毛だけが永久脱毛と認めていることになるんです。


その減毛、再生率は20%以下とされているため、永久脱毛=毛穴からもう二度と毛が生えてくる方法でなくても永久脱毛と表現して良いことになるんです。

サロン脱毛の回数無制限プランは意外にお得ではない?


ここで話を脱毛サロンの回数無制限に戻しましょう。

脱毛サロンの通いたい放題コース、回数無制限は、スキンケア用品、化粧品などの購入強制などの追加料金無しで、何年も先まで全身脱毛のアフターケアーを行ってくれる点が確かに一見お得な安心システムであるように感じます。

ただ、この回数プランにはメリット、デメリットもあるんです。

ほとんどの脱毛サロンの回数無制限プランは有効期限が3~5年になっていて、元々が18回以上相当のコース料金設定になっているほどの金額になっているため、最終的に18回以上通ってはじめてお得で元が取れるようになっているからです。


そして、仮にコース料金の元を取ろうと18回以上通うぞ!と意気込んでも、その期間は同じ脱毛サロンに3年以上、電話での予約変更やweb予約がなかなかスムーズに予約が取れない状況も含めるとトータル4年以上も通い続けることになる可能性もあります。



チェック!
脱毛サロンは18回以上通わないとお得ではない可能性あり

早く確実に脱毛完了を目指すならサロン脱毛より医療永久脱毛


ここで考えてみてほしいことがあります。

全身脱毛の希望者が最も多い年齢世代は、ムダ毛に悩みを持つ20代の女性に集中しています。

女性限定で考えた場合、20代女子とは学生さんなら入学卒業、結婚、就職、仕事関係、出産など最も身の回りの状況が変わりやすい可能性の多い年代でもあります。

身の回りの状況が変化すると、急な都合で予約日に行けないなどでキャンセル料無料の受付日数も過ぎ、当日キャンセル料、シェービング料など目に見えない費用もかさんできます。


家から徒歩で通えるところに脱毛サロンがあるなら別ですが、状況の変化が起きやすい20代の人ほど何年も先まで同じ脱毛サロンに通い続けるのは意外と大変かもしれません。


それに引き換え、医療全身脱毛はたった5~6回でほぼ完了に近づきますので、同じく2カ月に1回の照射サイクルで通った場合でも約1年ほどの期間で済んじゃうんです。


こういった時間と労力などを全て含めると、医療脱毛で全身脱毛した方が確実に効率よく最短で脱毛完了に近づけることになりますね。



チェック!
医療脱毛の最大のメリットは、脱毛完了のスピード!
最短で脱毛完了したい人は医療脱毛がおすすめ


医療全身脱毛の痛みは?経験者のアンケートで真実を検証!


医療全身脱毛を経験した人の口コミ評価の中に「医療レーザー脱毛照射時の痛みが強すぎてとても耐えられなかった」というのをよくみかけませんか?


確かに脱毛サロンよりリーズナブルな価格で医療クリニックで全身脱毛を契約できたとしても、痛みに耐えられなくて通うのが嫌になり、途中で解約手数料を取られて解約しなければならなくないか心配ですよね。


医療クリニックの全身脱毛はそんなに耐えられない程度の痛みを伴う施術なのでしょうか。


そこで脱毛ひつじは、医療脱毛を実際に受けたことのある人対象に約30名の方に痛みに関するアンケートを実施しました。

まずその集計結果からご覧ください。

医療レーザー脱毛の「痛み」に
関するアンケート

医療脱毛で「痛み」を感じましたか?


はい …28名(93%)
いいえ…2名(7%)

どのような「痛み」でしたか?
※痛みを感じた人のみ回答

①チクっとする程度の痛み
…12名

②輪ゴムで弾かれた程度の痛み
…11名

③じんわりとあたたかい痛み
…3 名

④跳ね上がるほどの痛み
…2 名

どの部位に「痛み」を感じましたか?(複数回答有)
※痛みを感じた人のみ回答


①VIO…16名

②ひざ下・すね…11名

③ワキ…11名

④その他鼻下、うなじなど…3 名
この集計結果から、医療脱毛を受けたことのある人の90%以上の人が確かに施術時に「痛み」を感じたと回答しています。

ただ、その痛みの程度についてはほとんどの人が「輪ゴムで弾かれた程度」「チクっとする程度」など何とか耐えられる範囲と感じておられ、跳ね上がるほどの痛みがあったと回答したのは30名中わずか2名(3%)ほどの割合であったこともわかります。



チェック!
「飛び跳ねるほどの痛みがあった」人は30名中2名(3%)。
痛みは感じるものの我慢できないほどの痛さではない人が大多数!

また、痛みを感じた部位も部位別に異なりますが、通常、光のパワーを使った脱毛では腕や足(ひざ上)、お腹、背中などの体の広範囲の部位は強い痛みを感じた人はほぼいません。

痛みを感じる程度には個人差がありますが、痛みを感じやすい部位は、多くの人が脱毛希望部位として人気のある部位のワキ、うなじ、下半身のVIO、ひざ下、すね、など皮膚が薄くて赤みが出やすく、敏感な部位を挙げています。

ただ、耐えられる程度の痛みだったと回答された人の中にも個々に何らかの対処法で乗り切っている人も含んでいるでしょう。

最初から痛みを気にしてばかりいては脱毛で憧れのツルツル肌を手に入れることも難しくなることも事実だからです。

つまり、肝心なことは痛みを避けることよりも、痛みに対してどのような対処で乗り切るかということではないでしょうか。

では、医療クリニックの全身脱毛経験者の皆さんは「痛み」に対してどのような対処法で施術を乗り切ったのでしょうか。

次に医療脱毛を体験した人のリアルな意見からその対処法を検証してみましょう。

経験者口コミにみる医療脱毛痛みに関する対処法とは?


ここでは、医療全身脱毛が安いと評判で人気のリゼクリニック、アリシアクリニック、湘南美容クリニックに実際に通ったことのある20代の方々の痛み対処法についての口コミ体験談をご紹介します。

●美容皮膚科リゼクリニック
口コミ①
  • 自身が剛毛だと思っていたので、むしろしっかり照射が効いているんだ…と痛みが強くても我慢できました。それでも、照射レベルを下げてもらうこともありましたし、照射の感覚をゆっくりにしてもらったりと対応してもらいました。

    (24歳・デザイナー)


口コミ②
  • 顔の痛みは耐えられないほどではありませんでしたが、VIOは痛すぎて毎回麻酔を使って施術してもらいました。

    (28歳・事務)


●アリシアクリニック
口コミ③
  • 別のクリニックさんから乗り換えたのですが、アリシアさんは冷却しながらの照射なので、痛みは感じましたが痛みのあとすぐに来るヒンヤリ感でなんとか耐えられました。

    (20歳・アパレル)


口コミ④
  • 元々医療脱毛でのVIOは他の部位より痛いという口コミを見ていたため、心構えはしていましたが、やっぱり痛いなと感じました。
    ただ、アリシアクリニックではスタッフの方が「あと少しですよ、頑張ってください」「痛いですね、少し休みますか?」など声をかけて下さるので安心できます。

    (29歳・会社員)


●湘南美容クリニック
口コミ⑤
  • そんなに強い痛みではなかったですが少し気になったので伝えると照射レベルを下げてくれました。

    (27歳・主婦)


これらの口コミ比較から、皆様どの程度の痛みかの雰囲気によって、個人で何かしらの対処法で乗り切っていることがわかります。

いずれにしても、前述しましたように、強い痛みを感じやすい部位はやはりデリケートゾーンのVライン、Iライン、Oライン、いわゆるアンダーヘアーゾーンに集中していることもわかります。


そして、最終的にどうしても痛みに耐えられない場合は、口コミ②の方のように、皮膚医に相談して笑気麻酔注射、あるいは麻酔クリームなどの処置を行ってもらって痛みを乗り切るというのが最も即効性があって確実な対処法になります。

この麻酔注射などのケアは、無料サービスで行ってくれる医院もありますが、無料カウンセリングのときに麻酔代を別負担が必要かどうか事前に医院に確認するようにしましょう。

麻酔を使用する場合、ほとんどのクリニックで別途麻酔代が発生します。

痛みを感じるたびに毎回麻酔をしていては費用がかさんでしまうので、節約のためには耐えられるようであれば照射出力を下げてもらい、なるべくスタッフさんに声掛けしてもらいながらゆっくりと照射してもらう、などの対処法でなんとか乗り切るに方が良いでしょう。

●麻酔代
クリニック名 麻酔代/回
レジーナクリニック
無料
リゼクリニック
¥3,240
湘南美容クリニック
¥3,240/部位
クレアクリニック
¥3,240/部位
アリシアクリニック
¥3,240/部位

部位ごとでかかるのかもチェックするようにしましょう。


大手脱毛クリニックの中で麻酔代が無料なのはレジーナクリニックのみです。

ちなみにレジーナクリニックは、剃毛代(シェービング代)も無料です。

もともとの全身脱毛料金も医療脱毛の相場としても安く、麻酔代や剃毛代がかからないのは嬉しいですね。


こちらもチェックしてみてください。



チェック!
医療脱毛の「痛み」は、麻酔の使用か照射レベルを下げて回避!
麻酔代がタダなのは大手クリニックだとレジーナクリニックのみ

最新医療脱毛方法蓄熱式のSHR方式なら痛みがない?


医療レーザー脱毛の痛みについての対処法をお話しましたが、それでも痛みに弱い人などは、耐えられるか心配、肌に負担が多そう…という不安も残ります。

そんな痛みに敏感な人にぜひおすすめしたい医療脱毛方法が、最新レーザー搭載のダイオードレーザーの中の蓄熱式(SHR方式)脱毛機です。

従来のIPLレーザー脱毛機である以下のような機種は、毛穴の黒い部分に強烈なパワーのレーザービームで熱を加えて毛根を破壊するタイプのマシンになります。

脱毛機の種類 代表的な機種
YAGレーザー ジェントルYAG
ダイオードレーザー ライトシェアデュエット
アレキサンド
ライトレーザー
ジェントルレーズプロ

これらの機種は、レーザー照射直前にマシンが皮膚の照射範囲に反応するたびに痛みを感じるため、特に剛毛と言われる毛質が濃く、毛量が多い人ほど強い痛みを感じることになるレーザー脱毛機なのです。


しかし、この最新の蓄熱式レーザー方式の場合は、同じダイオードレーザー機の中でも従来のIPLレーザー機のように皮膚表面の黒いもの(=メラニン色素)に反応させるわけではなんです。

機械で照射したと同時に発毛因子である毛包(バルジ領域)に低温の熱をじんわりと与えながら徐々に毛根組織を破壊していく方法のため、痛みを感じることがほぼありません。

蓄熱式のレーザー脱毛機の照射感覚は、「熱い飲み物を入れたマグカップを肌にあてられた時の感覚」というようにたとえられます。

ただし、蓄熱式だから言ってまったく痛みがゼロというわけではなく、この熱いものをあてられた時の感覚が痛みに近い、「熱くて痛い」と感じることはあります。

「熱くて痛い」とはいえ、蓄熱式レーザー機は、照射面であるハンドピースに冷却装置が付いており、およそ60~65℃ぐらいの低温な照射温度が保たれることで、万が一の火傷、炎症照射漏れなどのリスクが極めて低く、安全性の高さが証明されています。


つまり、蓄熱式レーザー機はアトピー肌などの皮膚トラブル、日焼け肌、色黒肌、色素沈着などの肌タイプの人や、敏感肌の人が施術を行っても肌ダメージがなく、うぶ毛にも反応しやすいため、シミ、美白効果などのフェイシャル用レーザー治療機械としてもよく使われています。

医療レーザー脱毛は刺激が強そうで肌トラブルが不安…と感じていた人にとって、蓄熱式レーザー機はまさに理想的な新型機なのです。

この最新の蓄熱式レーザー脱毛機械の施術実績があり、とにかく安く施術が受けられるおすすめポイントを持つクリニックは以下の3院です。

・レジーナクリニック
・アリシアクリニック
・クレアクリニック


痛みに弱い人、肌質が敏感な人はぜひ蓄熱式レーザーマシンのテスト照射を体験をしてみましょう。

脱毛機 クリニック名
ソプラノアイス
プラチナム機

レジーナクリニック
メディオスター
next pro機

アリシアクリニック

クレアクリニック

医療脱毛で全身脱毛のまとめ


いかがでしたか?

結果として、レジーナクリニック、アリシアクリニック、クレアクリニックの3院の医療全身脱毛コースなら、大手サロンよりも費用総額も安く、早い期間で確実に満足のいく全身脱毛コースを組むことができるんです。

そして、医療脱毛に通う上で最も心配な点とされる痛みに関しても、本記事内でご紹介しました体験者の口コミにより、ほとんどの人が耐えられる範囲の痛みで、万が一耐えられない場合は、麻酔などの対処法で乗り切れそうなこともわかりました。

麻酔代がかからない大手クリニックはレジーナクリニックのみ。

なるべく安く医療脱毛で全身脱毛をしたいと考えている人は、レジーナクリニックがおすすめです。


痛みは個人差があり、レーザー機械照射を体験してみなければわからない部分でもあると思います。

テスト照射も行ってもらえるクリニックも多いので、まずは気軽に初回無料カウンセリング、と体験予約をしてみるのがおすすめです。